カイツブリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カンムリカイツブリの親子3組 余呉川にて  

     湖岸のカンムリカイツブリを観察した後は気になっていたカイツブリの親子を探してみました。増水しているものの、三日三晩の豪雨が嘘のように晴れ渡っていました。豪雨の後は猛暑。激甚災害をももたらした被災地のことを思うと心が痛む日々となっています。猛烈な豪雨のためカイツブリの親子も琵琶湖へと退避していると思っていましたが、3組の親子の姿を確認することができました。

     先ず一組目。ヒナに小魚を運ぶ親鳥。
    CF1A5461 20180710

     そのヒナはかなり離れた所に2羽。逆光で撮りにくいところでしたので上流に向かいました。
    CF1A5450 20180710

     堰を越えたところに2組目の親子。ヒナが3羽で、1羽は親鳥の背中に乗っていました。
    CF1A5520 20180710

     上流に向かって泳ぐ親子。背中に乗っていた子はまだ小さいですが、皆に遅れないよう健気に泳いでいる様子が可愛らしいです。
    CF1A5611 20180710

     兄弟2羽は、小さな3番目を挟むように泳いでいました。
    CF1A5721 20180710

     ヒナは兄弟同士で小さな兄弟を見守っている微笑ましい光景です。
    CF1A5733 20180710

     更に上流に3組目の親子を発見。少し大きめのヒナ2羽でした。
    CF1A5780 20180710

     それぞれ頭部の模様が違ってるのも面白いですね。
    CF1A5800 20180710

     ヒナ2羽が揃ったところをパチリ。
    CF1A5839 20180710

     親鳥と一緒の所も撮ってみました。
    CF1A5869 20180710

     3組目の親子の近くには合歓の花が咲いていました。河口から山本山麓付近まで短い距離でしたが猛烈な急流が収まった後に3組もの親子を確認できたことは意外でした。
    CF1A5865 20180710

    カイツブリ一家 長浜市にて  

     平成30年6月28日撮影。
     湖岸付近はベビーラッシュのようで数組のカンムリカイツブリのヒナが見られました。そのカンムリカイツブリのヒナたちを撮っていると、運良くカイツブリの親子が葦の中から出て来て親鳥がヒナに給餌を始め、可愛らしい様子を撮ることが出来ました。葦の茂みで巣を作っているのは知っていましたが、警戒心の強いカイツブリは思うようには撮らせてはくれませんが、この直ぐ近くでカンムリカイツブリの生まれたてのヒナも撮れ、近年希に見るラッキーな日となりました。

     親鳥が餌を持ってくるとヒナたちは磁石のようにくっついてきます。
    CF1A3591 20180628

     親鳥からそれぞれ餌を貰うヒナ。
    CF1A3594 20180628

     無理かな、と思える大きな餌を呑み込むヒナ。
    CF1A3606 20180628

     上手く呑み込めるか、みんなで見守っているようです。
    CF1A3612 20180628

     ヒナに愛情を注ぐ親鳥の表情は素敵ですね。
    CF1A3668 20180628

     背中に乗ったヒナたち。
    CF1A4240 20180628

     ヒナは3羽です。当分の間、親鳥の奮闘が続きます。
    CF1A4268 20180628

     いくら食べてもお腹が空いているようです。ゼニガメのような小さなヒナが活発に泳ぎ回る様子は可愛らしさ100%。
    CF1A4309 20180628

     親鳥は巣に上がって休憩したいようですが、ヒナが「まだお腹が空いているよ!」と叫んでいるようです。
    CF1A4500 20180628

    エビを銜えたカイツブリ他 琵琶湖岸にて  

     平成30年6月12日撮影。
     この日は梅雨らしく曇りで時々雨でした。この日は湖岸の様子を観察して山手のコウノトリ観察としました。カンムリカイツブリの雛は確認できませんでしたので、久しぶりに湖岸の様子を眺めているとカイツブリ、オナガガモの姿が見られました。

     このカイツブリ、エビを銜えて急ぐように泳いでいました。自分は食べずに大事そうに銜えています。雛でも生まれているのか、卵を抱いている相棒への差し入れなのでしょうか。
    CF1A6372 20180612

     沖方向には冬鳥のオナガガモ。越夏するつもりのようです。冬にはヒドリガモと同じく夥しい数が見られましたが、今ではごく少数で珍鳥のように思えます。
    CF1A6364 20180612

     採餌したり、パタパタをしたり居心地が良さそうです。これから暑さ本番となりますが、大丈夫かな?
    CF1A6367 20180612

    カイツブリなど 11月21日の琵琶湖  

     平成29年11月21日撮影。
     下八木付近でコハクチョウを撮った後、野鳥センター前に行ってみると琵琶湖にはまだ餌場に飛び立っていないコハクチョウがいました。風は沖から湖岸に向かって来ているため、残っていたコハクチョウは沖に向かって飛び立ち期待はずれになってしまいました。周りにいたカイツブリなどを撮ってみました。

     カイツブリ。撮るのはモグラ叩きをしているようで面白さがあります。
    CF1A3285 20171121

     琵琶湖には多いカンムリカイツブリ。目が綺麗です。
    CF1A3296 20171121

     浅瀬でくつろぐオオヒシクイ。
    CF1A3179 20171121

     湖岸寄りでは採餌しているオオヒシクイも。大好物の菱のみがたくさん沈んでいるようです。
    CF1A3319 20171121

     飛び立ち前のコハクチョウ。
    CF1A3214 20171121

    カイツブリ三兄弟 余呉川河口付近にて  

     平成29年9月30日撮影。
     オオヒシクイが飛来していないか確認のため湖岸に出向くも未だ飛来しておらず、今年は到着が遅いようで・・・と思いながら帰路は余呉川河口付近をのぞいてみました。すると思いもよらずヒナの鳴き声。オオヒシクイがいなくても私たちがいるよ~と可愛らしいカイツブリのヒナ三兄弟と綺麗な親鳥が出迎えてくれました。

     先ず、モネの絵画のような親子の姿。時期的に遅いようですがカイツブリの産卵期は2~10月で、秋にも親子の姿を見かけます。
    CF1A3250 20170930

     やっと親鳥と三兄弟をまとめて撮ることができました。
    CF1A3431 20170930

     湖北では水路や溜め池、湖岸付近でカイツブリの姿をよく見かけますが、南湖ではその姿を見かけるのは難しくなっているとのこと。滋賀県の県鳥でもあるカイツブリは減少しており希少種となっています。
    CF1A3435 20170930

     警戒心の強いカイツブリですが、子育ての時は警戒心を解き可愛らしいヒナの姿を存分に見せてくれているように思えます。 
    CF1A3442 20170930

    ▲Page top