タシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タシギが3羽 長浜市にて  

    2020年(令和2年)5月1日撮影。
     この日はケリのヒナを観察し、辺りをグルッと回っているとこの時期珍しいのかどうか分かりませんがタシギを発見。警戒心の強いタシギですが不思議にもゆっくり撮らせてくれました。冬の時は山本山近くの田んぼでたくさんのタシギを観察しましたが、それ以外はサッパリが続いていました。

     草の脇にいるので本人は隠れているつもりなのか、至って平気。
    AB0D4897 20200501

     動く気配はあっても、逃げる気配は感じられません。
    AB0D4900 20200501

     こちらも隠れているつもりのようです。ジッとしています。
    AB0D4904 20200501

     左にももう1羽います。
    AB0D4910 20200501

     別の田んぼではタシギ1羽が採餌していました。良い光景だと思って撮ってみました。
    AB0D4996 20200501_1

     この辺りにはキジが多く、良く現れ逃げる気配の無い個体が多いです。
    AB0D4763 20200501

    タシギの羽繕い 長浜市にて  

     2020年(令和2年)4月24日撮影。
     コロナで余り出歩けませんので地元ばかり人工衛星のごとくグルグル回っています。それもマスクをしてごく短時間です。この日はタシギをよく見掛ける田んぼで初めて羽繕いの様子を観察することが出来ました。大抵は、直ぐにというか瞬間的に逃げられますが、不思議なことにユックリと羽繕いの様子を見せてくれました。

     羽繕いをしているタシギを発見。停車してエンジンを止めても逃げる様子はありません。
    CF1A3733_1 20200424

     羽繕いを再開してくれています。
    CF1A3734_1 20200424

     長いクチバシを器用に使って延々とやっています。
    CF1A3737_1 20200424

     やっと終わったようですが・・・。
    CF1A3740_1 20200424

     見掛けはスッキリしたように思われますが。
    CF1A3745_1 20200424

     なんとまた羽繕いを再開です。
    CF1A3754_1 20200424

     前より丁寧にやっています。
    CF1A3771_1 20200424

     どうもシッポの辺りが痒くてたまらないといった感じ。
    CF1A3794_1 20200424

     延々と続いた羽繕いも終わり、身も心もスッキリのタシギでした。
    CF1A3809_1 20200424

    タシギ、隠れているつもり 長浜市にて  

     2020年(令和2年)4月16日撮影。
     ケリのヒナを探しているときに見付けたタシギ。直ぐに鳴き声を発して逃げると思って恐る恐る見ていると動かずにジィ~ッとしています。本人は草隠れの術で隠れているつもりのようです。これ幸いに連写を開始して、タシギと我慢比べのような時間が経過しました。
    最後はバレたと感づいたのか一気に飛んでしまいました。

     タシギは大抵このように上手く周りと一体化して隠れています。
    CF1A9874_1 20200416

     感じとしては、私に気付いているようですが、通り過ぎて行ったらこのまま此処にいようと思って様子を見ているようです。
    CF1A9880_1 20200416

     知らん顔をしているのが得策と思っているようです。
    CF1A9889_1 20200416

     余りにも私が動かないものですからタシギに緊張感が走ったようです。バレていると悟ったようです。
    CF1A9891_1 20200416

     短い鳴き声を発してロケットスタート。逃げ足は爆速でした。
    CF1A9893_1 20200416

     降りたと思われるところに行くと、そこでも土隠れの術で固まったままでした。折角隠れているタシギに悪いので直ぐにこの場を後にしました。
    CF1A0074_1 20200416

    タシギ、雪の中で採餌 山本山近くの田んぼにて  

     2020年(令和2年)2月18日撮影。
     この日の朝起きると庭には5㌢位の積雪で除雪するほどでもないので、雪のオオワシやコハクチョウを撮るため山本山に向かいました。雪が止んでいればオオワシは探すことが出来るかも知れませんが結構吹雪いているときもあり、最初は見付けることができませんでした。結果的には吹雪の中、オオワシは撮ることができましたが、麓の田んぼでタシギが10羽以上雪の中で採餌しているのを見付け、時間の殆どがタシギ撮影となってしまいました。

     雪は湿った重たい雪で、田んぼはシャーベット状でした。積雪するとタシギが撮りやすくなります。
    CF1A7649_1 20200218

     とにかくたくさんのタシギが広い範囲で見られました。
    CF1A7883_1 20200218

     積雪時には雪が溶けているところしか採餌できないので、必然的にこの様な状態の田んぼに集まってきます。
    CF1A7902_1 20200218

     数が多いと手当たり次第に撮ってしまいますので、まとまりのない画像の大量生産となってしまいました。分かっていながら、ついやってしまいます。
    CF1A8005_1 20200218

     タシギがたくさんいると、つい夢中になるのは珍しい鳥ではありませんが、普段は上手く隠れて姿を見せる機会がすくないためだと思っています。見付けても直ぐに飛んでしまいます。
    CF1A8012_1 20200218

     タシギは何回も見掛けはしますが、見るのと撮るのは大違いで撮影の難しい鳥です。雪の中では食べるのに霧中なのか、飛んだりしないので撮り放題です。
    CF1A8131_1 20200218

     この羽の模様がシギらしくて素敵なのも撮影を夢中にさせているのかな?
    CF1A8241_1 20200218

    タシギ&ケリのヒナ 長浜市にて  

     平成31年4月24日撮影。
     この日は雨模様の生憎の天気でしたが、所用で高月町まで出掛けたついでに湖岸付近の田んぼも回ってみました。ケリのヒナはどうしているか、が主な目的ですがはたしてケリのヒナに出会えるかどうかは行ってみなければ分かりません。近くにいる場合もあれば撮影困難なところにいる場合もあります。現実には後者の場合が多く、運試しの撮影となります。この日は、ラッキーなことに湖北では冬鳥のタシギも撮れたことです。

     今年の冬は雪が降らずで、撮ることが難しかったタシギ。積雪の田んぼでは僅かな雪融けの水溜まりに集まり撮り易いのですが、今年はその様な状況はありませんでした。水を張った田んぼでの出会いは夢のようでした。
    CF1A9055 20190424

     それも2羽もいました。これは別のタシギ。
    CF1A9111 20190424

     採餌するタシギの様子。
    CF1A9123 20190424

     何を捕ったのでしょうか。タシギの背中には雨粒が光っていました。雨降りで安心していたのか、思うように撮らせてくれたタシギに感謝でした。
    CF1A9141 20190424

     この日のメインはケリのヒナ。とにかく、可愛いです。
    CF1A8903 20190424

    ▲Page top