タシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タシギ、雪の中で採餌 山本山近くの田んぼにて  

     2020年(令和2年)2月18日撮影。
     この日の朝起きると庭には5㌢位の積雪で除雪するほどでもないので、雪のオオワシやコハクチョウを撮るため山本山に向かいました。雪が止んでいればオオワシは探すことが出来るかも知れませんが結構吹雪いているときもあり、最初は見付けることができませんでした。結果的には吹雪の中、オオワシは撮ることができましたが、麓の田んぼでタシギが10羽以上雪の中で採餌しているのを見付け、時間の殆どがタシギ撮影となってしまいました。

     雪は湿った重たい雪で、田んぼはシャーベット状でした。積雪するとタシギが撮りやすくなります。
    CF1A7649_1 20200218

     とにかくたくさんのタシギが広い範囲で見られました。
    CF1A7883_1 20200218

     積雪時には雪が溶けているところしか採餌できないので、必然的にこの様な状態の田んぼに集まってきます。
    CF1A7902_1 20200218

     数が多いと手当たり次第に撮ってしまいますので、まとまりのない画像の大量生産となってしまいました。分かっていながら、ついやってしまいます。
    CF1A8005_1 20200218

     タシギがたくさんいると、つい夢中になるのは珍しい鳥ではありませんが、普段は上手く隠れて姿を見せる機会がすくないためだと思っています。見付けても直ぐに飛んでしまいます。
    CF1A8012_1 20200218

     タシギは何回も見掛けはしますが、見るのと撮るのは大違いで撮影の難しい鳥です。雪の中では食べるのに霧中なのか、飛んだりしないので撮り放題です。
    CF1A8131_1 20200218

     この羽の模様がシギらしくて素敵なのも撮影を夢中にさせているのかな?
    CF1A8241_1 20200218

    タシギ&ケリのヒナ 長浜市にて  

     平成31年4月24日撮影。
     この日は雨模様の生憎の天気でしたが、所用で高月町まで出掛けたついでに湖岸付近の田んぼも回ってみました。ケリのヒナはどうしているか、が主な目的ですがはたしてケリのヒナに出会えるかどうかは行ってみなければ分かりません。近くにいる場合もあれば撮影困難なところにいる場合もあります。現実には後者の場合が多く、運試しの撮影となります。この日は、ラッキーなことに湖北では冬鳥のタシギも撮れたことです。

     今年の冬は雪が降らずで、撮ることが難しかったタシギ。積雪の田んぼでは僅かな雪融けの水溜まりに集まり撮り易いのですが、今年はその様な状況はありませんでした。水を張った田んぼでの出会いは夢のようでした。
    CF1A9055 20190424

     それも2羽もいました。これは別のタシギ。
    CF1A9111 20190424

     採餌するタシギの様子。
    CF1A9123 20190424

     何を捕ったのでしょうか。タシギの背中には雨粒が光っていました。雨降りで安心していたのか、思うように撮らせてくれたタシギに感謝でした。
    CF1A9141 20190424

     この日のメインはケリのヒナ。とにかく、可愛いです。
    CF1A8903 20190424

    タシギ 渡りの途中?  

     平成30年5月14日撮影。
     キアシシギを撮っていると、隣の田んぼで何かゴソゴソ動いているシギらしき鳥を発見。今季初撮影の新種かも、心を落ち着かせて双眼鏡で確認すると、何とタシギ。湖北では4月頃までは少し見られましたが、本来は冬鳥で今頃は普通見られません。冬でもタシギは警戒心が強く、中々撮るのは難しいですが、北方への渡りの途中のようで空腹を満たすのに夢中のようでした。

     ゆっくり、ゆっくり慎重に近付いて撮影したタシギ。
    CF1A7935 20180514

     長いクチバシを突き刺しながら餌探しに夢中でした。警戒心は、何処かに忘れてきたようです。
    CF1A7964 20180514

     この長いクチバシを突き刺して採餌します。シギのクチバシは種類によって色々で進化とは不思議ですね。
    CF1A7968 20180514

     小さな虫をゲット。嬉しそうに見えます。
    CF1A8020 20180514

     タシギの前に撮っていたキアシシギ。正真正銘の旅鳥です。
    CF1A8101 20180514

    ※お知らせ:24日に久美浜町で確認されていたコウノトリのJ0126が湖北に帰ってきていることを、本日(平成30年5月26日) 午後3時過ぎに確認しました。最近3羽とも見掛けませんでしたが、3羽一緒でした。取り敢えず、コウノトリ湿地ネットに報告しています。

    タシギなど 雪の田んぼにて  

     平成30年2月8日撮影。
     今年は年明けからの寒さの厳しさや積雪は格別で、寒さが苦手なので野鳥撮影には出向きたくないのですが、シジュウカラガンのおかげでよくあちらこちらと出向きました。シジュウカラガン撮影のついでに雪の中で過ごす色々な野鳥の様子も観察できたことも、今となっては良い思い出となっています。ただ、雪の中の走行はただでも困難を極める場合がありますが、ハイイロガン撮影の多くの車両が農道を塞ぎ、ただ近くを通常走行しているだけの私がとてつもないバックを強いられることもありました。

     雪の中で寒さに耐えているように見えるタシギ。足は大丈夫なのかな?
    CF1A2884 20180208

     雪の中で刈り取った大豆の残りを啄むハト。
    CF1A2888 20180208

     困った顔で雪に耐えるケリ。鳥たちも人間も大変な雪の湖北でした。
    CF1A2962 20180208

    タシギたちのオアシス 自宅近くにて  

     平成30年1月29日撮影。
     自宅近くの田んぼには湧き水が流れ込んでいるところがあります。水温が高いため積雪してもすぐに解け、野鳥たちの格好の餌場となっています。タシギは田んぼが雪に埋もれると、こうしたところでよく見掛けます。積雪していない時は、稲の切り株の根元などに器用に隠れていますので見付けるのは難しい鳥です。

     田んぼの雪解けしたところはタシギたちにとってはオアシスのようです。他にもケリ、コサギ、セキレイなども来ていることがあります。
    CF1A8460 20180129

     採餌に夢中で撮っていても警戒心は感じられませんでした。今年の湖北は雪ばかりで、そのためタシギの姿を例年以上によく見掛けることが出来ました。
    CF1A8480 20180129

     ハクセキレイもやって来ました。このハクセキレイは除雪していると、除雪済みのところによく現れます。2~3㍍をチョロチョロし、まるで現場監督のようです。
    CF1A8486 20180129

     タシギは雪解けした別の窪みに入ろうとしています。積雪や凍結時期は野鳥たちにとっても苦労が絶えないようです。
    CF1A8535 20180129

    ▲Page top