タシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タシギ、まだいました 長浜市にて  

     令和3年(2021年)4月24日撮影。
     ユリカモメも冬鳥ですが居残り組を撮った後、今度はタシギを発見。タシギも湖北では冬鳥ですが4月も下旬というのにまだいました。この時期は夏鳥、旅鳥、冬鳥と見られるので面白い月でもあります。タシギを発見したのは良かったのですが、例によって即逃げて隠れてしまいました。

     こちらに気付くと同時に逃げる準備。せめて10秒間でもジッとしていてほしかった。


     既に逃げる方向を向いています。逃げるのはあっという間です。
    EJ3Q4485_1-20210424.jpg

     この辺で大丈夫か確認しています。まだダメなようです。
    EJ3Q4499_1-20210424.jpg

     まだまだ逃げろ、それ逃げろ。
    EJ3Q4503_1-20210424.jpg

     これで隠れたつもりのタシギ。警戒心の塊のようなタシギでした。
    EJ3Q4506_1-20210424.jpg

    タシギ、コウノトリ観察の帰路で 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月30日撮影。
     田んぼは一面の雪化粧と真っ白の世界です。この様な時に撮りやすいのがタシギで、少しばかり雪解けしている場所を注意しながら走行していると、前回撮影した同じ田んぼにタシギの姿を見付けることができました。クチバシが長く、普段は余り見掛ける機会がないタシギはそのユニークな姿に惹かれて何回でも撮影してしまいます。

     見えない餌もクチバシを突っ込んで、その感触で探り当てます。
    EJ3Q0984_1 20210130

     この時の雪は小康状態で、小さなタシギを撮るには良い状況でした。
    EJ3Q0986_1 20210130

     広い田んぼにあちらこちらにタシギの姿。積雪した田んぼの雪解け部分はタシギにとってオアシスのようです。
    EJ3Q0992_1 20210130

     長いクチバシ、何時見ても不思議に思います。川で釣りをしているようにも見えますね。
    EJ3Q0999_1 20210130

     タシギは警戒心が強く、直ぐに逃げてしまいますが、食事中はその警戒心が薄らぐようです。空腹には勝てないようです。
    EJ3Q1006_1 20210130

    タシギ、雪の田んぼに 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月11日撮影。
     この日は山本山周辺の田んぼも雪で真っ白。雪の日に撮影チャンスがあるのはタシギで、こんなに沢山いたのかと思うほどあちらこちらで見掛けます。雪が積もると姿を隠す場所が無くなるのでよく目立つうえ、雪解け場所を探して採餌をするため発見が容易になります。で、タシギがいるかもと注意しながら走行していると期待通り見付けることができ、今季では初めて撮影することが出来ました。

     田んぼで忙しそうに餌探ししていたタシギ。
    EJ3Q9873_1 20210111

     長い嘴のユニークさに惹かれてつい撮ってしまうタシギです。
    EJ3Q9878_1 20210111

     クチバシを突っ込んで獲物を探り当てて食べます。
    EJ3Q9924_1 20210111

     この場所では2羽のタシギが同じように採餌していました。
    EJ3Q9955_1 20210111

     2羽が仲良く採餌しています。凍てつく寒さの中、心が和む光景です。
    EJ3Q9959_1 20210111

     タシギは逃げ足が早く隠れんぼの達人で、雪のない時には稲株などに上手に隠れてしまいます。
    EJ3Q9964_1 20210111

    タシギが3羽 長浜市にて  

    2020年(令和2年)5月1日撮影。
     この日はケリのヒナを観察し、辺りをグルッと回っているとこの時期珍しいのかどうか分かりませんがタシギを発見。警戒心の強いタシギですが不思議にもゆっくり撮らせてくれました。冬の時は山本山近くの田んぼでたくさんのタシギを観察しましたが、それ以外はサッパリが続いていました。

     草の脇にいるので本人は隠れているつもりなのか、至って平気。
    AB0D4897 20200501

     動く気配はあっても、逃げる気配は感じられません。
    AB0D4900 20200501

     こちらも隠れているつもりのようです。ジッとしています。
    AB0D4904 20200501

     左にももう1羽います。
    AB0D4910 20200501

     別の田んぼではタシギ1羽が採餌していました。良い光景だと思って撮ってみました。
    AB0D4996 20200501_1

     この辺りにはキジが多く、良く現れ逃げる気配の無い個体が多いです。
    AB0D4763 20200501

    タシギの羽繕い 長浜市にて  

     2020年(令和2年)4月24日撮影。
     コロナで余り出歩けませんので地元ばかり人工衛星のごとくグルグル回っています。それもマスクをしてごく短時間です。この日はタシギをよく見掛ける田んぼで初めて羽繕いの様子を観察することが出来ました。大抵は、直ぐにというか瞬間的に逃げられますが、不思議なことにユックリと羽繕いの様子を見せてくれました。

     羽繕いをしているタシギを発見。停車してエンジンを止めても逃げる様子はありません。
    CF1A3733_1 20200424

     羽繕いを再開してくれています。
    CF1A3734_1 20200424

     長いクチバシを器用に使って延々とやっています。
    CF1A3737_1 20200424

     やっと終わったようですが・・・。
    CF1A3740_1 20200424

     見掛けはスッキリしたように思われますが。
    CF1A3745_1 20200424

     なんとまた羽繕いを再開です。
    CF1A3754_1 20200424

     前より丁寧にやっています。
    CF1A3771_1 20200424

     どうもシッポの辺りが痒くてたまらないといった感じ。
    CF1A3794_1 20200424

     延々と続いた羽繕いも終わり、身も心もスッキリのタシギでした。
    CF1A3809_1 20200424

    ▲Page top