ハシビロガモ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    着標ハシピロガモ 一体何処から?  

     平成30年3月15日撮影。
     この日もとある農業用溜め池で着標されたハシビロガモの姿を確認することができました。なんとか足環に記された文字が判別できないかチャレンジしてみました。コハクチョウの足環と違って余りにも小さいため、とレンズの性能もあり文字の判別はとても無理でした。

     足環には数字の「5」だけなんとか撮れましたが、他はアルファベットなのか漢字か全く解像していませんでした。
    CF1A2221 20180315

     このハシビロガモ案外人慣れしているみたいで、自由奔放に動き回っていました。
    CF1A2214 20180315

     左右の足が確認できる画像。左足には標識は付けられていません。
    CF1A2357 20180315

     メスのハシビロガモと一緒のところをパチリ。
    CF1A2451 20180315

     このハシビロガモは飛び立っても暫くするとこの場所に戻ってきていました。
    CF1A2601 20180315

     採餌などには全く支障がないようでした。
    CF1A2605 20180315

    着標されたハシビロガモ とある農業用溜め池にて  

     平成30年3月14日撮影。
     実は昨日にこのハシビロガモを見付け、早速山階鳥類研究所に複数の撮影画像を添付して報告を済ませております。昨日の画像は、研究等のため同研究所で自由に使って頂くため、私のブログで使用することは控えております。本日改めて撮影できましたので、その画像を掲載させて頂きます。

     クチバシには「F」という文字が四隅に記されています。また、右足には金属製と思われる足環が取り付けられています。
    CF1A0982 20180314

     最初はメスと思っていましたが、オスの若鳥のようです。
    CF1A1011 20180314

     クチバシに取り付けられた標識は今までに見たことが無い邪魔になりそうなものですが、採餌や羽繕いなどには影響がないようです。
    CF1A1086 20180314

     足環には数字などが記されていますが、小さいため判読は出来ませんでした。
    CF1A1121 20180314

     よく丁寧に羽繕いをしていました。
    CF1A1264 20180314

     泳いでは元のところに戻りを繰り返していました。
    CF1A1650 20180314

     やっと左足を見せてくれました。左足には足環はありませんでした。右左の足を撮るため気の長い撮影となりました。山階鳥類研究所から早速中間的なご返事は頂いていますが、詳細は少々時間がかかりそうです。詳細の報告があり次第載せさせて頂きます。
    CF1A1838 20180314

    ハシビロガモ まだ数多く滞在していました  

     平成29年4月9日撮影。
     この日はコウノトリのJ0103がドジョウを食べている様子を撮影するつもりで現地を訪れました。自宅近くは、ようやく桜が咲き始めましたので、コウノトリと桜を組み合わせるため現地のそばにある農業用溜池にも行ってみました。既に冬鳥のカモたちの殆どは旅立ってしまっていますが、ハシビロガモはまだ数多く居残っていますのでその美しさが殊の外目立っていました。

     まるで騎士の鎧の一部のようなクチバシ。初秋には越冬のため飛来し、春の遅くまで長い期間滞在します。美しく咲き始めた桜が映え、ハシビロガモの美しさが目立つ農業用溜池の光景はいつもとは違うようでした。
    CF1A0953 20170409

    ハシビロガモ 早崎内湖(ビオトープ)にて  

     平成27年11月25日撮影。
     このハシビロガモもコハクチョウの撮影の合間に撮ったものです。色々な所で見掛ける数の多いカモで、珍しくはありませんが独特の特徴に自然と見てしまいます。

     オスのハシビロガモですが、少しエクリプスの名残があるのでしょうか、顔に白いスジ状の模様があるため、凄みと迫力が増しているようです。
    CF1A8693 20151125

    ハシビロガモ 河口近くにて  

     平成27年11月10日撮影。
     ハシビロガモは冬鳥の中でも早めに到着しており、よく見られます。この日はコガモの集団の中にハシビロガモとホシハジロが各1羽混じっていました。コガモのオス全てがエクリプスでその撮影の時に撮ったものです。

     虹彩が褐色のハシビロガモですからメスです。オスの虹彩は黄色です。エクリプスが多い時期には、雌雄の判別については慎重になってしまいます。
    CF1A5317 2015110

    ▲Page top