タゲリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タゲリ、見納めでした 長浜市にて  

     令和2年(2020年)3月9日撮影。
     コハクチョウを1番に撮った後、湖岸や田んぼを回りながら帰宅するのが効率的ですので何時もそのようにしています。思いがけない鳥たちとの出会いは大抵そのようなついでの時が殆どです。植物と違って鳥たちは移動するので撮影できたのは偶然の賜物です。だからこそ野鳥撮影は面白いのかも知れません。この日は、私の都合もありコハクチョウもタゲリも見納めとなってしまいました。

     もういないと思っていたタゲリがいました。不思議そうに此方を見て首をかしげているタゲリ。「何しているの?」と言っている感じ。
    CF1A6411_1 20200309

     綺麗な羽衣はたぐいまれな美しさ。冬場には是非とも観察したい鳥です。
    CF1A6455_1 20200309

     自然界の色は言葉では言い表せない美しさです。鳥も昆虫も花もそうです。例え見た目の美しさはなくとも、不思議さだけはあり、そのメカニズムには自然の美しさを感じます。
    CF1A6484_1 20200309

     同じような画像ですが、もうこれが今シーズン最後の画像かと思えば画僧の大量生産となってしまいました。
    CF1A6488_1 20200309

     常々感じるのですが、この様に稲の切り株や草の中にいる野鳥は撮り易いようで案外難しいです。理由は、切り株にピントをとられ微妙なピンボケが数多く出ます。
    CF1A6492_1 20200309

     採餌するタゲリ。個体によって色、輝きなどの違いがあるのも面白いです。
    CF1A6505_1 20200309

     今シーズンは遠いところにいるタゲリが多く、かなり撮ってはいますが殆どボツにしています。最後は適当な距離で撮らせてくれました。
    CF1A6515_1 20200309

    タゲリ 長浜市にて  

     2020年(令和2年)2月24日撮影。
     近年はタゲリの飛来数そのものが少ないようで、秋にタゲリの集団を確認して今季も独特の美しい姿が楽しみ、と思っていたのが期待外れでなかなかお目にかからない冬鳥となっていました。コハクチョウ観察の時などには田んぼを注意深く探していたのですが、殆ど見掛けませんでした。ようやく少数の群れを発見しましたので1羽に絞って撮ってみました。

     この玉虫色に輝く金属光沢は美しく、見付ければシャッターを押してしまいます。
    CF1A0976_1 20200224

     冬鳥は大陸など外国から渡ってきていますが、タゲリの姿には特にエキゾチックに感じます。
    CF1A1010_1 20200224

     この見事な冠羽。これだけでも不思議な印象を受けます。
    CF1A1053_1 20200224

     クリッとした目も魅力的です。
    CF1A1055_1 20200224

     何を食べているのでしょうか?
    CF1A1059_1 20200224

     タゲリの羽の模様は、個体によって微妙に異なっています。好みの個体を探すのも面白いです。
    CF1A1064_1 20200224

     採餌の時は近くまで来るときがありますが、それ以外では段々遠ざかることが多いようです。
    CF1A1074_1 20200224

    タゲリ、今季初撮影です 長浜市にて  

     令和元年11月5日撮影。
     タゲリはコハクチョウなどを観察する時に途中で出会った機会に車中から撮影することが多く、今回も車中からの撮影です。タゲリは珍しい冬鳥ではありませんが、きらびやかな姿を見付けるとつい撮影に夢中になってしまうほどです。特に今季初出会いとなると、タゲリの羽衣のごとく心も虹色のトキめきを覚えます。

     初飛来のようで、毎年ほぼ同じ所で見掛けます。掲載日現在では、既に色々な冬鳥が飛来しており、オオワシを撮影後にコハクチョウ、ミコアイサ、トモエガモなどを見て回るのも楽しいものです。
    CF1A4067 20191105

     独特の冠羽、美しい金属光沢。私には竜宮からのお使いのように見えます。
    CF1A4073 20191105

     個体によって輝きや、模様も異なりそれぞれを撮影するのも楽しみです。
    CF1A4090 20191105

     身を隠しているつもりでしようか?稲のひこばえの中で固まっていました。
    CF1A4132 20191105

     向きを変えたので動き出したかと思いましたが、やはり固まってしまいました。タゲリ流の葉隠れの術?
    CF1A4158 20191105

    タゲリも撮り納め 長浜市にて  

     平成31年2月22日撮影。
     2月も下旬ともなれば冬鳥とのお別れが多くなります。野鳥撮影していると一抹の寂しさを感じる時期でもあります。オオワシ、コハクチョウ、オオヒシクイなと゜冬の代表的な役者さんの旅立ちです。この日はコハクチョウ旅立ちの2日前、オオワシ北帰の3日前の日とは知らずに野鳥撮影に勤しんでいました。タゲリもこの日がお別れとは、知らぬが仏でした。

     あとから思えば最後のタゲリは美しく輝いていました。
    CF1A6019 20190222

     この冬のタゲリの飛来数そのものが少なかったため、出会うのも偶然の賜でした。
    CF1A6011 20190222

     見付ければ、少々距離があっても撮りたくなる魅力的なタゲリです。
    CF1A6002 20190222

     大陸方面から渡ってくるので、私の先入観かも知れませんが姿(まとっている衣装)もその様なエキゾチックな感じがします。
    CF1A6000 20190222

     パッと身は同じようでも、よく見れば個体によって模様は色々。
    CF1A5983 20190222

     タゲリの前に撮ったオオワシも私にとっては撮り納めとなりました。今年は残念な幕切れのような気がしています。
    CF1A5775 20190222

    タゲリ 長浜市にて  

     平成31年2月10日撮影。
     タゲリは何時もオオワシやコハクチョウ撮影などの途中で撮っており、ついでの撮影のため思うように奇麗に撮れないことが殆どです。この日はコハクチョウ撮影のためRAW設定にしていたため、1.4倍テレコンを付けていましたがタゲリ本来の美しい色が撮れたように思います。ただ、普段はRAWでの撮影は現像の手間がかかるのでその様な設定はしていません。

     たくさんのタゲリがいましたが、1羽に絞って撮ってみました。
    CF1A2446 20190210

     何を食べているのか分かりませんが、採餌に忙しそうでした。
    CF1A2457 20190210

     餌を探すタゲリ。
    CF1A2466 20190210

     テレコン装着で、シャキッとした画像ではありませんが、タゲリの美しい雰囲気は撮れたように思います。
    CF1A2473 20190210

     シックな感じに撮ってみました。
    CF1A2481 20190210

     奇麗で好きなタゲリですので、後の現像の手間のことを考えずにたくさん撮ってしまいました。
    CF1A2495 20190210

     そばにはケリもいました。
    CF1A2502 20190210

    ▲Page top