2013年09月 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ノビタキ  

     平成25年9月30日撮影。これは、キジバトの隣の田圃で綺麗な野鳥を発見。距離はかなりありましたが、とにかく撮影。見つけたときは、「?」。毎日、モズと遊んでいますが、よく似ているが違う。かなり小さい、クチバシは細くとがっている、足は黒い、尾は黒い、帰宅して調べるとノビタキの特徴と一致しました。初見です。
    IMG_9976 20130930

     特徴を記録するため、出来るだけ多いコマ数を撮影しました。
    IMG_9977 20130930


    IMG_9979 20130930


    IMG_9991 20130930

     飛びました。草地の生活に慣れている様子ですぐ上の草に留まりました。
    IMG_0003 20130930 20000

     距離はありますが、特徴はよく分かります。自宅の付近でもいろいろな野鳥に出会えます。毎日が楽しみです。
    IMG_0016 20130930

    キジバト  

     平成25年9月30日撮影。川沿いの田圃の様子を見て回りました。キジバト2羽が、稲刈り後の田圃で食事に夢中でした。カメラを向けても、「どうぞ」と知らんふりです。
    IMG_9970.jpg

     こぼれている稲を頻りに食べていました。
    IMG_9924 20130930

     
    IMG_9927 20130930

     もう1羽のキジバトです。同じように食事に夢中でした。稲刈り後の田圃は、ごちそうの宝庫ですね。
    IMG_9956 20130930

    ハクセキレイ  

     平成25年9月30日撮影。川では、対岸でハクセキレイが遊んでいました。
    IMG_9857 20130930

     川岸の石と同じような色合いで同化している様です。
    IMG_9869 20130930

     まさに飛ぶ直前の様子です。
    IMG_9880 20130930

     飛びました。
    IMG_9881 20130930

    アオサギ  

     平成25年9月30日撮影。今日の午前中は野菜の種蒔きなどをしていました。午後から近所の川などに散歩がてら撮影に出かけました。まず最初にアオサギが、着地直後の翼の美しさを見せてくれました。
    IMG_9845 20130930

     立派な羽を持っています。大型のサギですので迫力があります。
    IMG_9846 20130930

    毎日何回も来ます  

     平成25年9月30日撮影。いつものモズです。朝の5時の暗いときから、モズ特有の高鳴き。これは昼食後に撮影したものですが、すでに何回も訪問して頂いています。
     秋は高鳴きですぐに分かりますので、撮影しやすいときにと思い庭から撮影しました。モズは人間に慣れるのでしようか。
    IMG_9789 20130930


    IMG_9805 20130930

     飛ぶ直前の様子です。最近周辺では、モズの高鳴きがよく聞こえて来ます。夜には鳴きませんが、朝はとっても早起きです。暗い内から大変賑やかです。
    IMG_9839 20130930

    マルバルコウ  

     平成25年9月30日撮影。この花は、観賞用として江戸時代の終わりに日本に入り、野生化しています。私が住んでいる地域では、大繁殖し雑草化しています。秋桜を植えているところに、種も蒔いていないのに花が咲いています。とても綺麗です。この花が好きですが、放置すれば雑草化しますので花後の処置に悩んでいます。
    IMG_8670 20130930

    ニワナナカマド  

     平成25年9月30日撮影。この植物は、中国北部原産で花期は6~8月ですが、今年はまだ咲いています。
     この花は、私の野菜栽培の師匠(池坊の先生でもある)の方のものですが、春先の新芽の美しさも特筆すべきものがあり、魅力があります。
    IMG_8680 20130930

    ヒポエステス コンフェッティ  

     平成25年9月30日撮影。玄関の鉢植えです。この植物は、マダガスカル原産で、葉にカラフルな斑点があるのが特徴です。
     鑑賞の主体は葉であり、花は小さく目立ちません。しかし、花をよく観察すると清楚でとても綺麗です。花言葉は「紙一重」とのこと。
    IMG_8651 20130930

     種類は違いますが、花の形状は同じで、色が薄いです。
    IMG_8655 20130930

     白色です。目立たない花にもよく観察すると素敵な美しさ、可憐さがあり、今後もいろいろな植物を観察し続けていきたいと思います。
    IMG_8658 20130930

    ひっそりと咲く  

     平成25年9月29日撮影。今日は、午前の早い時間は、曇って気温も低く作業がし易い状況でしたので、裏庭の手入れをしました。
     その時、ホトトギスが一輪咲いていました。普段は除草以外は余り立ち入りませんが、そこで発見を待っていたように咲いていました。「咲いている。ああ、そんな時期なのか。」と思いました。花が季節を教えてくれました。
     花はそれぞれ美しい姿をしていますが、ホトトギスの花はは特異な形をしています。子孫繁栄のため、創意工夫の集大成の姿なのですね。
    IMG_8637 20130929

     白花ホトトギスも少し離れたところで咲いていました。基本的に同じ形状をしています。
    IMG_8636 20130929

     ここには、ヤハズススキも植えています。背が高く、目線より上ですので穂が出ているくらいにしか思っておりませんでしたが、よく見ると花が咲いていました。穂は花の集まりなのですね。
     今日裏庭の手入れをしなければ、全く気がつかず「ひっそりと」咲いていた花達です。
     美しさに気づくこと、発見することは、まず行動を起こすことを教えられました。

    IMG_8642 20130929

    竹生島  

     平成25年7月22日に竹生島を訪問しました。湖北に住んでいますので、何時もこの島が目に入ります。私は、人々を引きつける魅力ある不思議な島というイメージを常に持っています。
     皆様よくご存じの島ですが、地元住民である私の目線で見たものをご紹介させていただきます。
    IMG_1937 20130722


    IMG_1931 20130722

     宝厳寺です。
    IMG_1914 20130722

     弁財天像。はるか昔から、どれくらいの人々と接して来られたのでしよう。
    IMG_1913 20130722

     この無人島で、しかも昔は動力船も無い時代に建立はさぞかし困難を極めたことと思います。人間には、理屈では考えられないような不思議なものを感じました。
    IMG_1911 20130722

    芽が出ました  

     平成25年9月28日撮影。タマネギの種を2袋蒔きましたが、全て綺麗に生えそろいました。昨年は、師匠であるこのみちの大ベテランの方に苗を頂きましたが、今年は手取足取りでノウハウを教えて頂き、このとおり順調に育っています。
    IMG_8558 20130928

     これは、プロである師匠のタマネギ。私の何倍もの面積の苗が完璧に育っています。この企業秘密を伝授して頂きました。
    IMG_8563 20130928

     隣の師匠の広大な畑でもニンニクが芽を出していますが、私のもご覧の通り土を押しのけて芽を出しています。
    IMG_8564 20130928

     畑では、たくさんのアキアカネが相手をしてくれます。
    IMG_8559 20130928

     今年は極めて天候不順でしたが、彼岸花はとてもたくさん咲きました。
    IMG_9780 20130928

    My Family  

     平成25年9月28日撮影。昨日は午前中畑仕事に芝生刈り、午後からアジサシ撮影と動き回り、気温の寒暖の差が極端で体調が思わしくなく、今日は野鳥撮影はお休み。
     私達の家族は、動植物含めて超大家族です。命あるものを大切にすることが、私達の生き甲斐であり、趣味でもあります。玄関のシュロチク、その後ろの観音竹はアマガエルの休息の場所です。
     サンパチェンスは、日照り続き、台風と管理が難しく、世話のやける大切な家族です。自宅の紹介は、とても恥ずかしい限りですが、このブログの取り組みの一端をご理解いただけたらと思います。
     ドアを開けると、家族の一員が出迎えてくれます。
    IMG_8490 20130928

     ボーダーコリーと柴犬です。どちらも超甘えん坊です。
    IMG_5995 20130722

     9月21日に切腹手術をしていますが、とっても元気になりました。
     この子は、私をかばってマムシに咬まれたことがあり、かけがえのない伴侶です。
    IMG_8535 20130928

     セキセイインコで、名前は「じいさん」です。長老です。
    IMG_8597 20130928

     名前は、「ばあさん」です。たくさんの子孫を残しました。
    IMG_8603 20130928

     名前は、「ぐり」です。じいさん、ばあさんの子ども。
    IMG_8600 20130928

     名前は、「はるちゃん」です。ピータンのお嫁さんです。
    IMG_8607 20130928

     名前は、「ピータン」です。手乗りで、とっても懐いています。
    IMG_8599 20130928

    語らい  

     平成25年9月27日撮影。今日は、穏やかで心地よい天気で、午後からアジサシ撮影の再挑戦に出向きました。飛んでいる姿は、オートフォーカスが効くまでに飛び去るため、ツバメで練習し、来年に再挑戦。
     飛んでいる以外に美しい姿を撮影することにし、様子をうかがっていました。ユリカモメとアジサシが仲良く遊んでいましたので、その決定的瞬間を狙っていました。
     そばまで行って何か話しかけ、アジサシが応えているようです。
    IMG_9195 20130927

     今度は、ちがうアジサシにも同じように接し、アジサシはそれに応えています。
     私の勝手な推測ですが、ユリカモメとアジサシはとても仲がよく、もっと長く一緒にいたいのにもうすぐ長旅に出るアジサシに留意してまわっている様に思えました。印象に残る鳥達との出会いとなりました。
    IMG_9566 20130927

    アジサシの飛翔 Ⅱ  

     平成25年9月27日撮影。数が少なくなっていたこともありますが、やはり飛ぶスピードは速く手強い相手という印象を持ってしまいました。機会があればチャレンジを続けます。
    IMG_9496 20130927

    IMG_9497 20130927

     巾が狭くてシャープで長い翼。条件が余程ととなわない限り、私の技術では撮影は無理。飛んでいるツバメで練習して、必ず撮しとめるという闘志が湧いてきました。
    IMG_9603 20130927

    IMG_9604 20130927

    アジサシ Ⅲ  

     平成25年9月27日撮影。今日は、風もなく心地よい晴天。昨日は、強風のためブレ、ピンぼけ多発のため重装備で再挑戦しました。
     アジサシは大分数が少なくなっていました。今日は、ユリカモメとひとときを過ごしていました。強い風が吹いていないので、羽繕いしたり羽を伸ばしたり楽しそうでした。
    IMG_9234 20130927

     ユリカモメとすごく仲がよい場面を撮影しましたので、別の項目でご紹介します。
    IMG_9544 20130927

    初秋の琵琶湖  

     平成25年9月27日撮影。今日は午前中で畑仕事を終え、風もなく晴天でもあり午後から湖岸に出向きました。目的は、昨日は強風でアジサシが思うように撮れなかったため、再挑戦のためです。
     そのため、気合いを入れての撮影ですので、三脚も雲台も重装備。野鳥もですが、琵琶湖の景観も私の心に響き、思わず「綺麗だ・・・。」と独り言。
    IMG_9423 20130927

     対岸の農地で、稲刈り後の藁を燃やしているのでしよう。あちこちで煙が立ちのぼっていました。
    IMG_9301 20130927

     対岸では、煙が立ちのぼり、湖面にはユリカモメが1羽。これからも美しい湖北の自然を、心を込めて撮影してご紹介していきたいと思います。
    IMG_9303 20130927

    ウマオイ  

     平成25年9月27日撮影。白菜の苗にウマオイがいましたので観察。羽は木の葉の様な緻密な美しさで、しばし釘付けになりました。不思議発見ではなく、美しさ発見でした。

    ハジロカイツブリ飛来  

     平成25年9月26日撮影。冬鳥のハジロカイツブリの集団を初認。
     姉川の河口付近で、数十羽の見かけない水鳥が浮かんでいました。近くで確認するとハジロカイツブリが湖北に帰ってきていました。久しぶりだね。お疲れ様という気持ちでした。
    IMG_8895 20130926

     近くで見ていてもすぐに潜ってしまうことはなく、なかなかフレンドリーです。
    IMG_8898 20130926

     一昨日には確認していませんので、つい最近の到着と思われます。
    IMG_8960 20130926


    IMG_9000 20130926

     目は赤く、羽はとても柔らかそうで可愛らしいですよ。IMG_9055 20130926

     今季初飛来と思われます。来春までハジロカイツブリの美しさを引き出せるよう撮影していきたいと思います。
    IMG_9035 20130926

    アジサシの飛翔  

     平成25年9月26日撮影。今日は、飛んでいるところを撮影したいと思っていましたが、風がとても強く頻繁には飛んでくれませんでした。飛んでも、想像以上に速い!ピント外れ多発でした。
    IMG_8792 20130926

     地球規模で旅をするだけあって、スリムで非常に速く飛びます。
    IMG_8798 20130926

    IMG_8805 20130926

    IMG_8806 20130926

     小さな浮きの上にいましたが、波で大きく揺れるため、飛んでは留まりを繰り返していました。
    IMG_8767 20130926

    アジサシ Ⅱ  

     平成25年9月26日撮影。今日も、「いるかな」と何時もの所を見ると数は少し少なめでしたが、強い風に耐えていました。
    IMG_8713 20130926

     旅鳥ですので、何時ここを後にするか分かりませんのでラッキーでした。
    IMG_8780 20130926

     ここで休憩し、鋭気を養い遙か南へ旅立つまでは暖かく見守りたいと思います。
    IMG_8814 20130926


    IMG_8831 20130926

     この日は風が強いため、みな風上の方向を向いて凌いでいました。
    IMG_8841 20130926

    ユリカモメ  

     平成25年9月26日撮影。今日は何処にいるのかな、と探していたら沖合にそれも強風の中何百というユリカモメが浮かんでいました。はるか沖合では強風のため波が白く波立っています。
    IMG_8866 20130926

     一部のユリカモメは、ここで強風に耐えていました。
    IMG_8872 20130926

    湖岸へ  

     平成25年9月26日撮影。今日は、南浜のみずべの里に買い物ついでに湖岸を覗いてみました。
     晴れて気温も心地よいくらいに下がり、撮影日和かと思いましたが、湖岸はかなり強風で琵琶湖も一部濁っていました。
    IMG_8867 20130926

     湖岸では、ネコが出迎えてくれました。
    IMG_8888 20130926

     3匹いました。慣れていて撫でると喜んでくれました。近所の飼い猫と思います。いつもはいません。
    IMG_8626 20130926

     湖岸から長浜ドームを撮影。風が強いため、空気が澄んでいました。
    IMG_8726 20130926

    今日のモズ  

     平成25年9月25日撮影。今日は野鳥撮影の予定はなかったのですが、昨日撮影に行くため玄関を出た時にこのモズを少し撮影しました。またの機会と思っていましたが、朝からけたたましい鳴き声。
     続きの撮影をせがんで現れたみたいです。それならということで、こちらも真面目に撮影しました。
    IMG_8561 20130925

     今日も日差しは朝から強かったのですが、撮影の続きということで強い陰が出ないようにポーズをとってくれています。
    IMG_8565 20130925

     頭の綺麗さも見せてくれました。
    IMG_8567 20130925

     後ろ姿です。
    IMG_8576 20130925

     いろいろ向きを変えてくれます。
    IMG_8587 20130925

     夕方の部です。畑で水やりをしていると例のけたたましい鳴き声。また現れました。
     急いで機材をとりに行き、撮影。
    IMG_8598 20130925

     かなり距離はあるものの、逃げないで余裕のポーズ。
    IMG_8618 20130925

     暫くすると、相方が呼んだのか飛んで行きました。今日はたっぷりモズに遊んでいただきました。
    IMG_8621 20130925

    美術館・博物館巡り  

     平成22年から平成25年にかけて訪問した滋賀県内の美術館と博物館です。

     佐川美術館です。
    IMG_0960 20101203

     スケールのユニークさと広大さには驚きます。 
    IMG_0964 20101203

     館内も素晴らしいですが、館外の作品も圧倒されました。
    IMG_0965 20101203

     いただいたカレンダー。大切に保管しています。
    IMG_0988 20101219

     ミホミュージアムです。地下にスケールの非常に大きい美術館があります。その入り口です。
    IMG_0531 20100904
     
     入り口から駐車場方面を望んでいます。山向こうから電気自動車に乗って来ます。トンネルに小さく電気自動車が見えます。比類ない清潔さを感じました。
    IMG_0530 20100904

     信楽焼陶芸館です。
    IMG_0642 20101001

     このタヌキが出迎えてくれます。作者はお酒をこよなく愛していた(?)のでしようか。
    IMG_0641 20101001

     陶芸館の建物。タイルは信楽焼です。
    IMG_0635 20101001

     滋賀県立近代美術館です。広大な敷地の素晴らしい美術館です。
    IMG_0865 20101112


    IMG_0866 20101112

     館内の様子。
    IMG_0868 20101112

     大津市歴史博物館です。小高いところにあり、景色も素晴らしいです。
    IMG_0624 20130201

     入り口です。とてもゆったりしています。
    IMG_0625 20130201

     訪問の目的は、大津の子ども総合美術展で孫(幼稚園年少)の作品が展示されたためです。世間では、じじ馬鹿というそうです。
    IMG_0615 20130201

     家族をネコにみたてて、その様子を描いています。特にお母さん、お父さんの様子はよく描かれています。
    IMG_0609 20130201

    今日の景色  

     平成25年9月25日撮影。午前8時ごろ空を見ると、月がくっきり浮かんでいました。夜の月も綺麗ですが、明るい空の月もとても綺麗です。
     月の岩石などの分析によると誕生してから46億年とのこと。生活面の尺度から物事を考えると分かりませんが、月などの天体を見ていると人間の英知では計り知れない枠組みの中で生きているようです。


     伊吹山です。約3億年前に噴火した海底火山で、現在このような姿を見せています。
     身近な地球に目を移しても、とてつもないスケールの中で生活していることが不思議です。
    IMG_8560 20130925

     姉川の流れです。戦国時代の合戦場の近くです。合戦は1570年7月30日ですから、宇宙、地球規模の年数から見ると最近のことなのですね。
     川の流れは、何事も無かったように流れていました。
    IMG_8558 20130925

    アジサシ  

     平成25年9月24日撮影。ここは何時もユリカモメを観察している場所です。もうアジサシが来ているのではという期待を込めて到着すると、ユリカモメとアジサシが入れ替わったみたいにたくさんのアジサシが羽を休めていました。
    IMG_7985 20130924

     
    IMG_7995 20130924

     翼を広げたり、羽繕いをしたりとてもリラックスしている様子です。
    IMG_8006 20130924

     飛ぶ姿はとても綺麗です。
    IMG_8069 20130924

     翼の濃淡の色合いが素晴らしいです。
    IMG_8088 20130924

     ハクセキレイ1羽がアジサシの中にいるのを最初に確認していましたが、飛び去るでもなし同じように遊んでいました。
    IMG_8115 20130924

     ハクセキレイもとても綺麗です。おもしろい光景と思い、かなり真剣に撮影しました。
    IMG_8117 20130924

     沖合を、長浜・竹生島航路の観光船が通過していきました。アジサシもユリカモメと同じようにとても楽しい鳥でした。見ていたらあっという間に1時間が経過しましたので、別の撮影ポイントに移動しました。
     期待どおりに撮影出来ることは、私にとっては珍しく、忘れられない思いでとなりました。
    IMG_8241 20130924

    コゲラ  

     平成25年9月24日撮影。今日はアジサシを撮影するのが目的で湖岸を訪れました。すぐにコゲラを発見しましたので撮影。
    IMG_8389 20130924

     湖岸では、本当によく見かけます。今日は撮影しやすいところにいましたが、動きがとても速くあっという間の撮影でした。
    IMG_8398 20130924


    IMG_8405 20130924


    IMG_8432 20130924

    オオヒシクイが飛来  

     平成25年9月24日撮影。2羽のオオヒシクイです。湖北野鳥センターは2羽のオオヒシクイがが昨年より2週間も早く、9月20日に今季初飛来したことを確認しました。
     木の根元で休憩している2羽を発見。余り動かず羽繕いなどしていました。
    IMG_8457 20130924

     今日の気温は30度近くまで上昇していましたので、冬鳥にとっては厳しい暑さですね。
    IMG_8468 20130924

     木陰で休憩し、涼しくなるのを待っているようでした。
    IMG_8475 20130924

    琵琶湖の水位が低下  

     平成25年9月24日撮影。台風18号の豪雨により、琵琶湖の水位が大幅に上昇していたことは、過日のブログでご紹介していました。今日は、同じ場所である湖北野鳥センター前の湖岸から状況を撮影しました。かなり水位が低下しており、ご覧のように湖岸そばの水は引いていました。石を敷き詰めた部分は歩ける状態になっていました。
    IMG_8435 20130924

     柳島も草が水面に出てきています。暫くすると陸地が現れると思われます。
    IMG_8436 20130924

     この前は、野鳥の姿は見られませんでしたが、アオサギ、カワウなど確認できました。
    IMG_8437 20130924


    IMG_8440 20130924

     アオサギ、カルガモが休憩していました。早く陸地が現れるのを待っているのでしようね。
    IMG_8450 20130924

     尾上漁港付近の湖岸です。ここは台風の後は水没しており、カルガモはゴミの上にたたずんでいましたが、今日は石の上でゆっくりくつろいでいました。
    IMG_8508 20130924

     ここでは、1羽でくつろいでいました。
    IMG_8516 20130924

    キセキレイ  

     平成25年9月24日撮影。とても距離があり、木陰でどうかなと思いましたが、美しい姿を記録したく撮影しました。
    IMG_8303 20130924


    IMG_8286 20130924

     胸から腹部にかけてとても美しい黄色でした。
    IMG_8311 20130924

    ▲Page top