2013年10月09日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    農道沿いにて  

     平成25年10月9日撮影。午後の雨の止み間に、「ひっつきむし」を撮りに近くの農道を歩きました。水路で沢ガニが身を隠そうとしています。この付近には、とても多く生息しており、夜間には水路に多数出てきています。
    IMG_8757 20131009

     画像の中央にアマガエルがいます。保護色でまわりと同化して、よく見ないとわかりません。
    IMG_8759 20131009

     オオオナモミで、いわゆる「ひっつきむし」。北アメリカ原産の帰化植物です。子どもの頃これで遊びました。
     熟すと簡単に動物にひっつき、運ばれた先で繁殖します。犬の散歩の時はこの茂みに入らないように注意しています。毛に絡みつき簡単には取れません。
    IMG_8760 20131009

     これも「ひっつきむし」、ズボンにいっぱい付いてしまうことがあり、取るのに苦労します。アメリカ原産の帰化植物です。種類はアメリカセンダングサで、ツメの形状で複数の種類があります。
    IMG_8763 20131009

     アメリカセンダングサの花に、ハナバチが来ました。 
    IMG_8764 20131009

     アメリカセンダングサの花は、ひっつきむしからは想像できない、可愛らしい花です。 
    IMG_8767 20131009

     ヒカゲイノコズチで、これもズボンなどにギッシリ付くと、ゾッとします。農道沿いには、「ひっつきむし」が多く見られます。敢えてこの植物を撮影される方は余りおられないと思いますが、観察すると植物の不思議さを実感できるのがおもしろいです。
    IMG_8769 20131009

     農道沿いの田圃。既に稲の刈り取りは終わっています。刈り取りから取り残された稲が寂しそうに穂を下げていました。野鳥のためなら有り難いですが・・・。
    IMG_8775 20131009

    次々に咲いてきます  

     平成25年10月9日撮影。心配された台風の影響は、湖北ではほとんどなく、風が少し強めに吹き雨が少し降った程度でした。最近は、予測できないような異常気象が何処で起きるか分かりませんので各地のことを含め心配です。雨の止み間に咲きだしている花を撮影しました。

     ホトトギスは5種類育てていますが、そのうちの4番目に咲いたものです。清楚ななかに品位があります。
    IMG_8740 20131009

     ベンケイソウ科の花と思いますが、品種は不詳。小さな地味な花の集合体は見事で、昆虫の注意を引くよううまくできています。
    IMG_8741 20131009

     上の画像と同じ種類ものです。この様にランナーが伸びていくらでも増えます。植物は、子孫を残す方法を複数持っているものが結構ありますね。
    IMG_8745 20131009

     ツメレンゲというベンケイソウ科の植物ですが、これも塔のように伸びたところに多数の花をつけます。まだ蕾ですが白い花を隙間なく咲かせます。
    IMG_8747 20131009

    ▲Page top