2014年07月16日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    親子でくつろぐカルガモ  

     平成26年7月15日撮影。
     今日は、朝からうだるような暑さで、梅雨明けかと思うような天気でした。汗が止まらない1日でした。所用のついでに、湖岸方面を回ってみました。約1時間半ほど撮影しましたが、暑さのためか他に撮影されている方は見当たりませんでした。

     湖北野鳥センター前の様子です。冬は、オオヒシクイやコハクチョウが占拠している所は、夏はカルガモやサギ類などが占拠しています。ダイサギの後ろには、カルガモの雛が2羽います。また、左端の琵琶湖側には、コガモが2羽います。越夏中のコガモは初めて観察しましたが、羽繕いに霧中で、此方を向いてくれませんでした。
    IMG_7284 20140715

    カナヘビ  

     平成26年7月14日撮影。
     自宅の庭でよく見掛けるカナヘビです。ヘビといってもトカゲの一種で北海道から九州まで全国的に見られる一般的なトカゲです。毒はなく噛む力も弱く、人間に危害を加えることはありません。どちらかというと、弱い立場の動物で、ヘビの餌になったり、鳥からも狙われます。モズのハヤニエではカナヘビを見ることがあります。

     芝桜の上で落ち着いた様子のカナヘビ。全国的に身近に見られることから、いろいろな呼び方があるそうです。
    IMG_3803 20140714

     カナヘビは、ヤモリとともに身近で見られるおとなしいトカゲで、爬虫類としては珍しく可愛らしさを感じます。
    IMG_3821 20140714

    ▲Page top