2014年07月30日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ゴイサギの幼鳥 置物のようでした  

     平成26年7月28日撮影。
     湖岸ではゴイサギの数が増えてきて、撮りやすくなってきています。ゴイサギとの出会いは自宅直ぐ近くの親水公園で、彫刻のように固まっている幼鳥でした。目と鼻の先で撮っていても生命反応が無いかのようにジッとしています。とても不思議な鳥で、懐いてくれているような錯覚に陥り、以来身近な野鳥となっています。

     湖岸の葦の陰で、彫刻の置物のように動かないゴイサギの幼鳥。幼鳥の習性なのでしようか。機敏に動く方が安全なように思いますが・・・。
    IMG_8451 20140728

    早崎内湖(ビオトープ)の様子  

     平成26年7月28日撮影。
     冬には多くのコハクチョウなどが羽を休める早崎内湖(ビオトープ)です。コハクチョウ達は此処から思い思いの餌場に飛び立ち、夕方には戻ってきます。その光景は壮観そのもので、地元をはじめ他府県からの方々で賑わいます。以前にはハスはなかったと思いますが、段々と増えてきているようです。

     今は、一面に菱がビッシリと繁茂しています。湖北野鳥センター前の湖岸にも菱が繁茂しています。オオヒシクイはこの菱の実が大好物です。
    IMG_8560 20140728

     冬は数えられない程の水鳥がいますが、今はサギ類の他は殆ど見当たりません。
    IMG_8562 20140728
     
     菱が枯れて姿を消すと、冬鳥がやって来ます。今から楽しみにしています。
    IMG_8564 20140728

    Eclipse or Hybrid ?  

     平成26年7月28日撮影。
     湖岸の河口です。見慣れないカモばかり集団でいましたので、距離はかなりありましたが、参考のため撮影しました。一番手前の右側のカモはカルガモですが、それ以外はマガモのようですが、いつものような姿をしていません。頭部がまだらなカモが2羽もいます。

     マガモの雄の特徴がありますので、繁殖期を過ぎた雄がエクリプス化しているのでしようか。あるいはハイブリッドのカモなのでしようか。カモ類は時期によって羽の色が変化しますので、種別の判定は難しいですね。
    IMG_8200 20140728

    ▲Page top