2014年08月26日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アユ 近くでよく釣れます  

     平成26年8月26日撮影。
     今日は雨が降ったり止んだり、突然晴れ間が出たりと目まぐるしく変化する日でした。最近の雨でアユも順調に遡上していますので、よくアユ釣りに行っています。雨が止むと、近所の川に出向きました。

     怪しい天気で、雨が降り出すまでの約1時間の釣果です。ほぼ入れ食いの状態です。とても忙しい釣りです。
    IMG_4641 20140826

     とても綺麗なアユが釣れます。湖北の川は水が綺麗で、釣り場に恵まれています。
    IMG_4642 20140826

     塩焼きの準備をしたアユ。今の時期のアユは大きいので、塩焼きと南蛮漬けにします。
    IMG_4645 20140826

    スズムシ  

     平成26年8月26日撮影。
     毎年スズムシを育てていますが、昨年たくさん産卵しましたが殆ど孵りませんでした。このスズムシは湖西の比良動物病院の籠谷先生にご無理をお願いして頂いたものです。過去にも何回か頂き、育て方のノウハウも教えて頂いていますが、現実は上手くいく場合もあれば、努力の甲斐も空しく孵らないときもあります。

     毎晩涼しい鳴き声の大合唱です。雄は全員素晴らしい楽器を持っているようです。
    IMG_4626 20140826

     雄達の共演が果てしなく続いています。鳴いた後は、余韻を楽しむかのように暫く羽を広げたままです。
    IMG_4630 20140826

     脱皮して間もない個体もいます。スズムシは、成体になるまでに6~7回脱皮します。脱皮した殻は食べてしまいます。
    IMG_4632 20140826

    シジュウカラ  

     平成26年8月25日撮影。
     河口付近の浅瀬にユリカモメが集まっていないか確認に行くと、ユリカモメは見当たりませんでしたが、岸の柳の木で何か動く気配を感じました。

     枝の中で餌を探しているらしくゴソゴソしていましたが、ヒョッコリと枝の先にシジュウカラが姿を見せました。
    IMG_0580 20140825

     最近、よく見掛けるようになってきました。つかの間の撮影相手になってくれました。
    IMG_0598 20140825

    ユリカモメ 到着していました  

     平成26年8月25日撮影。
     アジサシが到着していないか、いつもの場所に出向きました。アジサシは未だでしたが、多数のユリカモメが到着し、エリの杭の上で休んでいたり、川で魚を捕っていたりと元気そのものです。久しぶりの再会ですが、昨年は9月7日に大群の飛来を撮影していますので、今年はかなり早い到着のようです。

     冬鳥のユリカモメですが、まだ夏羽の個体がほとんどです。これから来年の田植え時期頃までの長い滞在となります。 
    IMG_0531 20140825

     エリの杭には余地が無いくらいユリカモメが集まっています。
    IMG_050320140825.jpg

     琵琶湖の湖面にもたくさんいました。石の上にはカモメも留まっています。ユリカモメとカモメは一緒にいることが多いです。
    IMG_0510 20140825

     川にも魚目当てにたくさん集まっていました。
    IMG_0614 20140825

     雨がよく降るため、川には琵琶湖から魚が上ってきています。特に産卵のため夥しいアユの遡上が見られます。ユリカモメの側でも魚が跳ねています。
    IMG_0612 20140825

     川の上を飛ぶユリカモメ。魚は水面ギリギリに飛びながら捕ります。素晴らしい技です。
    IMG_0633 20140825

     2羽とも魚を捕って銜えています。北帰する4月には、遡上するコアユを食べて体力を付け、到着したときも産卵前のコアユを食べて体力の回復を図っているようです。
    IMG_0637 20140825

     魚を捕った顔は嬉々としているようです。
    IMG_0639 20140825

    ▲Page top