2015年06月 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コウノトリ 綺麗で、2羽は仲良し  

     平成27年6月24日撮影。
     マキノ町ではJ0064とJ0501の2羽のコウノトリが長期間滞在しているため、色々な様子を撮ることが出来ました。比較的狭い範囲を行動しているため、発見し易いことも助かりました。もともとコウノトリは綺麗で立派な鳥ですが、この2羽は1歳と2歳と若く、見ていても初々しさが感じられ、とても魅力的なコウノトリです。

     とにかく食欲旺盛です。潮干狩りのように泥の中を嘴で探りながら餌探しをするJ0501。
    CF1A6072 20150624

     J0064はお姉さんですから、落ち着きがあり、貫禄もあります。
    CF1A6469 20150624

     この2羽は何時も一緒。仲の良さは微笑ましく、見ていても飽きません。
    CF1A6078 20150624

     田圃の中を歩き回るため、綺麗な脚も泥まみれ。
    CF1A6087 20150624

     貝のようなものを捕りました。此処は食べても食べても餌が無くならいようで、コウノトリ達にとっては楽園そのもののようです。
    CF1A6160 20150624

     満足顔のJ0501。
    CF1A6185 20150624

     次のご馳走探しです。表情には楽しさがいっぱいのご様子です。
    CF1A6188 20150624

     一旦は、絶滅したコウノトリ。兵庫県立コウノトリの郷公園をはじめ関係者の方々の並々ならぬご努力のおかげで、滋賀県でも度々その美しい姿を見ることができるようになりました。今後とも、コウノトリの幸せを願い、その姿を見守りたいと思っています。
    CF1A6516 20150624

    コウノトリの飛翔 マキノ町にて  

     平成27年6月24日撮影。
     マキノ町に滞在しているコウノトリは、何時でも見れるという安心感から此方の都合の良い時間に訪れていましたが、採餌、休憩の時ばかりでした。やはり鳥達は午前中の方が動きが活発なようで、この日は早めの時間に到着し観察しました。

     この日初めて飛翔姿を撮ることが出来ました。低いところを飛ぶJ0501>
    CF1A6405 20150624

     1歳そこそこの若鳥らしい美しさを見せてくれました。
    CF1A6411 20150624

     この日は何回も飛んでくれましたが、現実的には思うようなところは飛んではくれませんでした。遠くの田圃から近くへ飛んでくれれば、申し分ないのですが、その逆で遠く、そして更に遠くに飛んでいました。
    CF1A6413 20150624

     マキノ町の山を背景に飛ぶJ0064とJ0501。
    CF1A6020 20150624

    コウノトリはお遊びが好き? マキノ町にて  

     平成27年6月24日撮影。
     高島市マキノ町のコウノトリ2羽は、既に3ヶ月ほど滞在しています。今までは昼頃とか夕刻に訪れていたためか、自由行動的なお遊びや飛翔姿を撮ることが出来ませんでした。地元の方のお話では午前中は2羽でよく飛んでいるとのことで、早めにマキノ町を訪れ、優雅な姿などを撮ることができました。

     枯れ草を銜えるJ0501。コウノトリが枯れ草を銜える行動は、平成26年9月30日に近江塩津でJ0072も同じような行動をしていました。一体どのような意味の行動なのでしょうか。自然のものを使ってのお遊びなのでしょうか。
    CF1A5747 20150624

     枯れ草を銜えている時が、最も活き活きとした様子で2羽とも楽しそうでした。
    CF1A5765 20150624

     私の撮影は上手くはなく、綺麗には撮れませんが、コウノトリがのびのびと好きなことをしている時の姿が一番綺麗です。
    CF1A5768 20150624

     枯れ草を銜えているj0501の方が若く、年長のJ0064にお遊びを誘いかけているようです。
    CF1A5771 20150624

     コウノトリの世界では、出来るだけ多くの枯れ草を銜えるのが魅力的なのでしょうか(?)。
    CF1A5775 20150624

     良く気が合う2羽。お遊びスタート、のようです。
    CF1A5787 20150624

     息がピッタリ合った2羽。2羽の睦まじさ、美しさ、優雅さを私なりに表現できた一枚です。
    CF1A5808 20150624

    サンコウチョウ マキノ町で、ごく一瞬の出会いでした  

     平成27年6月24日撮影。
     この日はコウノトリの飛翔姿など本来の美しい姿を撮りたく朝早く自宅を出発し、高島市マキノ町に到着しました。十分に撮った後、コウノトリの専門家のA氏からサンコウチョウがいるところを教えて頂いていましたので、現地に向かいました。薄暗い林道を車の窓を左右とも開けてゆっくり走りました。一番鳴き声がよく聞こえたところで、停車しスタンバイ。

     枝の混み合ったところをよく飛び回るサンコウチョウ。更に、暗くて撮れる状況ではありませんでしたが、コンマ何秒かの瞬間的な出会いを無理矢理に撮影した一コマです。私には手強すぎる相手で、証拠写真以下と情けない結果となりました。コウノトリの滞在中に機会があればリベンジしたいと思っています。
    CF1A6208 20150624

    アゲハチョウ 羽化が始まっていました  

     平成27年6月23日撮影。
     この日の早朝に犬の散歩から帰ってくると、玄関の隅でアゲハチョウの羽化が始まっていました。別のサナギが直ぐ近くにもありましたが、気付いた時には既に抜け殻でした。幼虫の時から羽化の様子を撮りたいと思って注意して観察していました。羽化の途中からですが、やっと撮ることができました。

     サナギから出て、まだ翅が伸びきっていません。サナギにソッと留まっていました。
    IMG_0860 20150623

     見る見るうちに翅は風船が膨らむように伸びていました。
    IMG_0875 20150623

     日当たりの良いところに徐々に移動して、翅がしっかりするのを待っています。
    IMG_0886 20150623

     ジッとしていれば良いのに這って移動していました。翅は伸びてはいますがフニャフニャでかたくなってはいません。
    IMG_0897 20150623

     待っている間に他のものを撮って戻るとアゲハチョウの姿が見当たりませんでした。「?」、まだ1時間も経っていません。慌てて探すと、梅の葉に留まって翅を広げていました。時々立てたりして、更にしっかりするのを待っているようでした。
    IMG_0921 20150623

     1時間も経たないうちに翅は立派に広がり、飛ぶことが出来るようになっていました。この2日後には、2匹のアゲハチョウが庭を仲睦まじく飛び交っていました。この年になって初めてチョウの不思議さを見た思いです。
    IMG_0928 20150623

     別のサナギ。サナギは保護色で、つくる場所に応じてサナギの色が異なっているのも新発見でした。幼虫は、ミカン科の植物であるベンルーダに10匹くらいいました。
    IMG_0878 20150623

    コウノトリ 午後のひととき Part2  

     平成27年6月23日撮影。
     Part1の続きです。コウノトリ2羽はこの場所を離れようとはせず、ゆっくりと過ごし時間の流れを楽しんでいるかのようでした。大型の鳥のこうした様子を見ていると、此方までゆったりした気持ちになり、心が和むようです。

     J0064が再度伏せようとするところです。
    CF1A5452 20150623

     どっかりと畦の上で落ち着いてしまいました。こうした伏せた姿は初めて見ることができました。
    CF1A5522 20150623

     もう1羽のJ0501は、立ちつくしたまま睡魔と戦い続けているようでした。
    CF1A5529 20150623

     この日はとても暑い日で、嘴を良く開けていました。CF1A5540 20150623

    コウノトリ 午後のひととき Part1  

     平成27年6月23日撮影。
     この日は大津市まで所用で出掛け、湖西周りで帰宅しました。マキノ町に滞在しているコウノトリを観察するためです。時間は午後4時頃で、コウノトリ達は食事タイムもお遊びタイムも終わり、塒入りのひとときをゆっくりくつろいでいました。

     手前がJ0501、その向こうがJ0064。午前中はよく飛び、よく食べて午後はゆっくり過ごしているようです。
    CF1A5322 20150623

     お腹もいっぱいで、睡魔に襲われているようです。
    CF1A5364 20150623

     今度は首筋が痒くなったようです。J0064は伏せてしまいました。
    CF1A5381 20150623

     2羽は特にする事もなく、時間がゆっくり流れる午後のひとときを楽しんでいるようでした。
    CF1A5389 20150623

     伏せている様子を撮ろうと、撮影場所を変えた途端に大あくびするJ0501。
    CF1A5427 20150623

     スッキリしたようですが、まだ眠気が勝っているようです。
    CF1A5433 20150623

     眠たいのに、ワザとしっかりした様子をしているようにも見えます。
    CF1A5449 20150623

    仲良しのシジミ蝶2種 スイカの葉に留まっていました  

     平成27年6月22日撮影。
     スイカの実を撮っていると、スイカの葉に二匹の小さな蝶が留まっていました。それも種類が異なる蝶が仲良く寄り添っているかのように留まっているものですから正直ビックリしました。

     上がベニシジミ。下がヤマトシジミ。私としては知識が乏しい故、極めて珍しい光景と思いパチリ。
    IMG_0814 20150622

    スイカ 実が大きくなると夢も膨らみます  

     平成27年6月22日撮影。
     色々な野菜を栽培しており、スイカも毎年育てていますが収穫したことはありません。イノシシやサルに盗られ中身は完食され、皮だけ残してくれています。イノシシは特にサツマイモとスイカが大好物のようです。

     害獣対策として、スイカは自宅横の竹藪に囲まれ目立たないところに植えてみました。功を奏するか分かりませんが、毎年工夫しています。スイカは受粉すると日々大きくなり、毎日その様子を見るのが楽しみです。
    IMG_0819 20150622

     実が大きくなると共に夢も期待も大きく膨らみますが、いざ収穫時期に害獣に先取りされると、突然風船が破裂してしまった心境を味合うこととなります。この時の空虚感は、シャッターを押す間もなく珍鳥に逃げられた時とよく似ていますよ。  
    IMG_0821 20150622

    湖北の空 時々こんなものも飛んでいます  

     平成27年6月17日撮影のヘリ。
     湖北の空は旅客機をはじめ、自衛隊の航空機、行政機関のヘリなどが飛んでいます。特にヘリコプターは多用途に使われているため、多くの種類が見られます。ヘリ全体の機体数は多いかも知れませんが、個別の機体数は少ないので野鳥よりも珍しい(?)かも知れませんね。

     機体には「若鮎 Ⅰ」とありましたので、滋賀県のヘリと思いましたが、お隣の岐阜県の防災ヘリで山岳事故、山野火災などの危険な業務に携わっている岐阜県防災航空隊保有のヘリでした。機体番号は、JA21AR モデルは、KAWASAKI BK117C-2。
    CF1A5163 20150617

     平成27年6月18日撮影のヘリ。
     湖岸付近で撮ったもので、県警のヘリかな、と思っていましたが、なんと北海道警察の「だいせつ 2号」と思われます。北海道警察が湖北で任務に就くはずもなく、恐らく整備を終えて北海道へ向かう途中かと思われます。機体番号は、JA05HP モデルは、AgustaWestland AW139です。湖北で、北海道の文字を確認した時は、珍鳥を発見した思いとよく似ていました。
    CF1A4576 20150618

    マガモ 夏でもよく見られます  

     平成27年6月17日撮影。
     冬期に数多く見られるマガモですが、当たり前と言えばそうかも知れませんが、夏でも湖北では田圃、川でその姿はよく見られます。ただ、マガモ繁殖地として知られる農業用溜池では、殆ど姿は見られず、湖岸よりの田圃の方がよく見られます。

     カイツブリの巣の近くにオスとメスがいました。これはオスのマガモですが、この場所に座り込んでいましたが、立ち上がったところを撮影。 
    CF1A4912 20150617

     メスのマガモ。この川ではカルガモもよく見られますので、一見よく似ているので紛らわしいです。
    CF1A4959 20150617

    ゴイサギ よく見られるようになりました  

     平成27年6月17日撮影。
     カンムリカイツブリを撮っている川では、この頃の時期になるとゴイサギの姿をよく目撃します。大抵は、近付くと此方が気付く前に葦原などから飛び立ちます。幼鳥は、目と鼻の先まで近付いても置物のように固まっている場合があるのに、反応が極端のようです。

     足元から飛び立ったゴイサギの成鳥が程良い距離の木に留まってくれました。こんなことは稀です。
    CF1A4655 20150615

     それも2羽留まってくれ、不思議なこともあるものだ、との思いで撮ったゴイサギです。
    CF1A4664 20150617

     風に吹かれて不安定だと思いますが、細い枝でも器用に留まります。
    CF1A4749 20150617

    カイツブリ 抱卵?  

     平成27年6月17日撮影。
     カンムリカイツブリの親子を撮っているとほぼ同じところにカイツブリの巣がありました。それも人目につきやすい場所です。カイツブリは愛嬌はあるもののフレンドリーな鳥ではありません。例年目立たないところで巣作りをしていますが・・・。

     卵は確認していませんので、抱卵しているのかどうかは分かりません。後日確認したいと思っています。
    CF1A4974 20150617

    カンムリカイツブリのヒナ すくすく育っています  

     平成27年6月17日撮影。
     この日は生まれたてのヒナ2羽と、随分大きくなったヒナと2組の親子を観察することが出来ました。この付近は、カンムリカイツブリの外敵も多く子育ては危険との隣り合わせで大変ですので、親子の姿を見つけることができた時は一安心します。

     この子の兄弟は5羽のはずでしたが、アクシデントに見舞われ1羽だけです。親鳥は巣と卵を放棄し命がけでこの子を守り育てています。
    CF1A4784 20150617

     親鳥が羽繕いすると、ヒナも同じように羽繕いを始めました。この親子、最近は岸から見えにくいところにいますので、ヒナの鳴き声を頼りに探すようにしています。
    CF1A4790 20150617

     伸びをしてリラックス。カンムリカイツブリの水かきは、各趾が木の葉状になっている弁足です。この子は、器用に潜ることもできるようになっています。
    CF1A4821 20150617

    カンムリカイツブリ ヒナが2羽生まれていました  

     平成27年6月17日撮影。
     湖岸に近いこの川では、カンムリカイツブリの子育ては一組しか見られないと諦めていました。しかし、一つだけ背の高い草に囲まれた巣は確認が出来ていませんで゜したが、大丈夫だったようです。可愛いヒナが2羽誕生していました。

     優しそうな親の背中に乗って満足そうなヒナ。
    CF1A4917 20150617

     親鳥の背中はヒナ1羽にしては膨らみすぎています。もう1羽背中に潜り込んでいます。
    CF1A4938 20150617

     食事の時間です。小さな魚を持ってきてくれました。
    CF1A5093 20150617

     魚を受け取ると、もう1羽のヒナも頭を出しました。
    CF1A5099 20150617

     私がこの川で確認したカンムリカイツブリのヒナは、これで3羽になりました。
    CF1A5107 20150617

    ツバメのヒナ 口を開けているか寝ているかのようです  

     平成27年6月15日撮影。
     このツバメのヒナは、コウノトリを撮っての帰りに道の駅あぢかまの里で撮りました。既にヒナが巣立って使われていない巣が目立つ中、生まれたばかりのようなヒナや抱卵中の親鳥の姿も見られました。

     寝ているように見える子も親鳥が戻ってくると、一斉に大きく口を開けます。よく食べて、よく寝て健やかに育っているようです。
    CF1A4261 20150615

     ツバメの給餌。餌を貰える順番があるようで、口を開けて待っていても貰えるとは限らないようです。
    CF1A4289 20150615

     ヒナ達は食べても食べても欲しがるようで、親鳥はひっきりなしに虫を運んでいました。
    CF1A4368 20150615

    ツバメ みずどりステーションにて  

     平成27年6月15日撮影。
     コウノトリを撮影しての帰路、道の駅みずどりステーションに立ち寄りました。殆ど巣立ってはいましたが、二回目の子育てでしょうかヒナを育てているツバメもいました。ツバメは綺麗な鳥で、人間を信じて疑わない表情に親しみを強く感じます。

     飛んでいる時には、白黒の鳥が矢のように疾走しているように見えますが、実際は金属光沢に輝く綺麗な姿です。
    CF1A4446 20150615

     愛嬌のある可愛らしい顔をしています。
    CF1A4458 20150615

     道の駅の至るところがくつろぎの場所のようです。彼らの生まれたところでもあり、安心して過ごしています。
    CF1A4461 20150615

     解説本には、背中は青色光沢のある黒色とありましたが、光を受けて輝く姿は解説とはかけ離れた美しさです。
    CF1A4531 20150615
     平成27年6月15日撮影。
     Part2の続きです。コウノトリは会話、愛情表現などはクラッターリングという嘴をカタカタと音を出して行いますが、この2羽の様子を観察していると、目と目でもお互い意思疎通ができているように思えてなりません。J0064とJ0501が微笑ましく寄り添い沈黙の会話をしているところで、お気に入りの一枚です。

     目と目で見つめ合っています。コウノトリは利口な鳥で、阿吽の呼吸を見た思いです。
    CF1A4111 20150615

     参考:昨年9月26日近江塩津で撮影したJ0501(右から2羽目)。
    IMG_9802.jpg
     平成27年6月15日撮影。
     Part1の続きです。若いメスのコウノトリが2羽仲良く可成りの期間マキノ町で過ごしています。水が綺麗で、大好物の餌が豊富にあるためだと思われ、また周辺の環境も緑豊かで落ち着いたところで、2羽がお気に入りの場所のようです。2羽は離れて採餌などをしていましたので、何とか2羽を一緒に撮ることが出来ないかと、暑い中忍耐強く待っていたら寄り添ってくれました。2羽が一緒のところでお気に入りの一枚が撮れましたが、Part3で掲載させて頂きます。

     2羽一緒の記念撮影。微笑ましい光景で、右がJ0501、左がJ0064です。
    CF1A3976 20150615

     上空方向をみているようなJ0501。
    CF1A3983 20150615

     2羽は沈黙の会話を交わしているようでした。
    CF1A4077 20150615

     表情を見ていると、お互い意思疎通が図られているとしか思われません。
    CF1A4084 20150615

     今後の予定が決まったのでしょうか、2羽は採餌を再開しました。
    CF1A4193 20150615

    コウノトリ 高島市マキノ町にて Part1  

     平成27年6月15日撮影。
     NPOコウノトリ湿地ネットの目撃情報で2羽のコウノトリがマキノ町に飛来しているのは知っていましたが、6月13日付けの毎日新聞の記事で2羽のコウノトリのことが載っていました。まだ滞在しているようなので、マキノ町は長浜市のお隣で近くでもありますので現地に出掛けました。飛来しているのは、個体番号J0064のメスで足環は右が黒赤、左が赤緑。豊岡市の百合地地区人口巣塔で2013年4月9日に生まれています。もう1羽は、個体番号J0501のメスで足環は右が緑黒、左が黒黄。兵庫県朝来市の三保放鳥拠点で2014年4月21日に生まれています。J0501は昨年近江塩津に飛来していた8羽の内の1羽です。

     田圃で餌探しをしているJ0064。金属光沢に輝く羽が綺麗でした。
    CF1A3829 20150615

     カエルを捕らえました。
    CF1A3846 20150615

     このJ0064が活発に採餌し、もう1羽のJ0501はマッタリとくつろいでいました。
    CF1A3858 20150615

     ようやく動き出したJ0501。まだ1歳そこそこの非常に若い女の子です。色白の美人でした。
    CF1A3867 20150615

     昨年の近江塩津以来の再会です。感無量でした。今までに再会している個体はこのJ0501とJ0481の2羽です。
    CF1A3885 20150615

     このJ0501は、昨年は兄弟のJ0500と一緒に近江塩津に飛来していました。若いのに感心しています。
    CF1A3900 20150615

     約1歳年上のJ0064。お姉さんらしく若いJ0501の面倒をよく見ています。
    CF1A3906 20150615

     コウノトリは急に接近しない限り飛び立つことはないようです。この日も少しずつ近付いてきてくれました。
    CF1A3913 20150615

     一月前に韓国帰りのJ0051を撮った時には、今年は何時またコウノトリに会えるかと思っていましたが、こんなに早くに会えるとは夢にも思っていませんでした。それだけ滋賀県にはコウノトリの飛来が多いと思っています。 
    CF1A3918 20150615

     オタマジャクシを食べるJ0064。この付近の水路には好物のザリガニが多いとのことです。途中で一緒になった、コウノトリの専門家のA氏が仰っていました。
    CF1A3938 20150615

    アオハダトンボ 自宅裏庭にて  

     平成27年6月13日撮影。
     自宅では湧き水があるためか、カワトンボ類が見られます。この日はアオハダトンボが見られましたので、記録として撮影しました。このトンボは、全国的には貴重なトンボということですが、滋賀県では生息域を広げているようです。この時期には裏庭で普通に見られます。

     ミョウガの葉に留まるアオハダトンボのメス。メスには翅に白色の偽縁紋があります。
    IMG_0706 20150613

     アオハダトンボは金属光沢に輝く美しいトンボです。見る角度によって輝き方が異なります。
    IMG_0710 20150613

     梅の葉にも留まりました。ゆっくり翅を広げる姿が幻想的です。
    IMG_0731 20150613

    オオヨシキリ 虫を捕らえました  

     平成27年6月13日撮影。
     カンムリカイツブリを撮影すると、付近にはオオヨシキリもいるためセット撮影となってしまいます。オオヨシキリは落ち着いて撮らないと撮れませんので、時間があれば撮るようにしています。

     何とか運良く600㍉の射程範囲に入ったオオヨシキリ。
    CF1A3381 20150613

     大人しいのもつかの間。早速大声で歌い出します。
    CF1A3395 20150613

     此方では昆虫を銜えています。食べる様子を撮ろうと思いましたが、とても早食いで撮る暇がありませんでした。
    CF1A3433 20150613

    カルガモの親子 一瞬の出会いでした  

     平成27年6月13日撮影。
     カンムリカイツブリの親子を発見し、元気にしている姿に感無量で撮っている時にそばをカルガモの親子が上流方向に泳いでいました。撮影位置は葦が茂っており、やっとの思いで葦越しに撮ることができました。他に見通しのよい場所はありませんでしたので、連写の僅か数コマのみでした。

     ヒナとしてはかなり大きくなっていましたが、今季としては初撮影です。ヒナ3羽の小家族でした。
    CF1A3081 20150613
     平成27年6月13日撮影。
     6月6日撮影を最後に何者かに襲われ、巣には割られた卵のかけらが散らばり、巣を放棄した親子を捜していましたが、やっと見つけることができました。あれから1週間、ヒナは随分大きくなり親子共々元気にしていました。この日ヒナは食べられないほど大きな魚を貰うなど、久しぶりに微笑ましい光景を見ることができました。なお、同一個体かどうか確認するため、ヒナの頭部の模様を6日撮影の画像と比較したところ一致しました。

     親子ピッタリ寄り添って泳ぐカンムリカイツブリ。暫くの間に大きくなっているヒナを見て、一安心しました。
    CF1A2983 20150613

     この親子は両岸に葦が茂り、目立ちにくいところにいました。1人がやっと撮影することができる、僅かな葦の隙間から撮ったものです。
    CF1A3105 20150613

     少し大きめのアユを貰っています。さて、どうするか両親は注目しているようです。
    CF1A3145 20150613

     お見事。こんなに大きな魚を食べることができました。
    CF1A3158 20150613

     次には、もっと大きなアユを持ってきました。毎年観察することですが、親鳥は食べることができない大きな魚をワザと与えることがあります。理由はよく分かりませんが、どの程度の大きさまで食べられるのか見極めているのか、食べ方のお手本を示すためなのでしょうか。
    CF1A3169 20150613

     大きすぎてヒナが食べようとしないので、親鳥が食べてしまいました。
    CF1A3244 20150613

     その様子を見守るヒナ。親のする事を見る、勉強の時間だったようです。
    CF1A3245 20150613

     「ごめんね。今度は食べられるよ。」と、罪滅ぼしでしょうか小さな魚をもってきました。
    CF1A3259 20150613

     ヒナは随分大きくなっていますので、親鳥が食べ物を運ぶ回数は確実に増えていました。
    CF1A3265 20150613

    イワツバメ 仲良くピクニックのようでした  

     平成27年6月13日撮影。
     先にイワツバメの可愛らしさをアピールするため、1羽単独の画像を掲載させて頂きましたが、イワツバメは巣作りを含め集団で行動する性質があります。この日は空き地に数十羽ものイワツバメが、まるでピクニックを楽しんでいるかのように遊んでいました。それも、殆どが幼鳥のようで、不思議な特徴もあるものだと複数羽の画像も載せさせて頂きます。

     家族単位が集団化して集まっているようです。
    CF1A2558 20150613

     飛んでは降りたりして、それぞれのびのびと遊んでいました。
    CF1A2584 20150613

     口元には、ヒナのなごりがあるイワツバメの割合がとても多かったようです。
    CF1A2627 20150613

     土を銜えたりして、地面の感覚を確かめているようです。
    CF1A2684 20150613

     個々のイワツバメが可愛らしいので、可愛らしさの集団となっていました。
    CF1A2690 20150613

     地面だけではなく、アスファルトの上でも寝ころんだり、座り込んだりもしていました。飽きることのない光景でした。
    CF1A2793 20150613

    イワツバメ 可愛すぎます  

     平成27年6月13日撮影。
     湖北野鳥センターへ向かう途中では複数ヶ所でイワツバメを観察することができます。この日は、停車しやすい場所で飛翔姿を撮るためにスタンバイしていましたが、何と数十羽のイワツバメたちが車の近くに飛来し、ピクニックを楽しんでいるかのようでした。まだ口元に黄色味が残っている個体や羽がとても綺麗な個体の集団でしたので、幼鳥たちの可能性が大きいと思われます。とにかく、全員可愛い過ぎるくらい可愛いでした。

     足先まで白い羽毛に覆われています。イワツバメの特徴の一つです。
    CF1A2706 20150613

     ツメは透きとおるように綺麗でした。指先まで羽毛に覆われている鳥はとても珍しく、湖北ではイワツバメ以外見たことがないです。
    CF1A2712 20150613

     私を不思議そうに見ているようです。全く警戒心はないようです。
    CF1A2716 20150613

     まだ巣立って間がないような個体でした。みんなに混じって遊びに来ているようです。
    CF1A2719 20150613

     あどけなさが全体に漂っています。この子も警戒心はゼロ。みんなと一緒に近くに来てくれました。
    CF1A2721 20150613

     チョコンと此方を見ています。羽の白黒の境目など個体によって異なっています。
    CF1A2722 20150613

     羽の色は普通のツバメに比べると地味ですが、魅力的です。
    CF1A2752 20150613

     可愛いイワツバメ。お気に入りの一枚です。すっかりイワツバメの魅力の虜になってしまいました。イワツバメは、普段は人と接しないツバメ。偶然かも知れませんが、こんなにフレンドリーとは夢にも思っていませんでした。
    CF1A2754 20150613

    オオヨシキリ 騒がしくて落ち着きがないようです  

     平成27年6月11日撮影。
     オオヨシキリは葦原など、いるところにはとても多く見られます。姿が見えなくても大声で鳴いていますので、直ぐに分かります。昨年までは、通りすがりの撮影ばかりでしたが、今年から場所を決めてゆっくりと待って撮る方法に改めています。まるでモグラ叩きのように現れ、私にとっては強敵に変わりはありません。

     空を見上げるオオヨシキリ。よく動く鳥ですので、待って撮る方が撮りやすいように思います。
    CF1A2407 20150611

     次はどのような動きをするのかと考えるより先にお決まりのポーズ。待って撮っていると、他の場所の方が多く現れているように思われてなりませんが、そう思うのは私だけでしょうか。
    CF1A2418 20150611

    キンクロハジロなど 越夏組は仲がよろしいようです  

     平成27年6月11日撮影。
     この日は久しぶりに河口に立ってみました。その後のカンムリカイツブリの親子を確認するためでしたが、探し当てることはできませんでした。河口付近には、比較的多くのカンムリカイツブリが見られましたが、親子連れの姿は皆無でした。この辺りには、琵琶湖で越夏している冬鳥たちが仲良く集まっている姿が見られました。

     冬期には琵琶湖を賑わすキンクロハジロ。ごく少数が越夏しています。
    CF1A2305 20150611

     カンムリカイツブリも本来は冬鳥。冬鳥同士は季節が異なっても、仲がよいことには変わりがないようです。
    CF1A2328 20150611

     少し離れてキンクロハジロとホシハジロ。湖岸付近では冬鳥や夏鳥が見られますので、時々琵琶湖を眺めるのも面白いです。
    CF1A2332 20150611

     ヒョッコリ姿を現したカイツブリ。最近は賑やかに愛嬌を振りまいているようです。
    CF1A2346 20150611

    ハスの遡上  

     平成27年6月9日撮影。
     雨後の簗場は魚たちの遡上の絶好の撮影ポイントです。アユ、ウグイ、ハス、ビワマスなどが高さがある梁を超えようとジャンプするためです。特に大雨の後の激流に逆らって堰や梁を超えようとするジャンプは壮観です。

     この日はハスの遡上が目立ちました。躍動する銀色に輝く魚体を見ていると、爽やかさを覚えます。
    CF1A2000 20150609

    ダイサギ 華麗さにウットリ  

     平成27年6月9日撮影。
     雨の後は川の流れが増し、アユなどの遡上が活発になります。河口付近の簗場では、遡上する魚を狙ってサギ類が多く集まっています。サギたちは必要な糧を得るため、真剣勝負で漁を行います。その真剣さが醸し出す動きは、華麗そのもので見る人を引きつけ、魅了します。

     シャッターを押している時でも、躍動感と美しさに圧倒されそうです。
    CF1A2107 20150609

     まるで百人一首の札を取る時のような素早さでアユを捕ります。当然ですが、先に捕ったものが勝ちです。
    CF1A2121 20150609

     魚がよく見えているようで、見つけると追いかけて一瞬で捕らえます。また、ジッと待って側を通る獲物を捕らえるときも多いです。
    CF1A9070 20150416

     正面から見ると、グライダーのようです。
    CF1A2117 20150609

     アユを捕ったダイサギ。安全圏に移動して、味わって食べるのがよろしいようです。
    CF1A2074 20150609

     ゴクッとアユを一気に呑み込むのが粋な食べ方のようです。田圃のダイサギには華麗さは見られませんが、川では別の鳥のように見えます。
    CF1A2091 20150609

    ▲Page top