2015年06月03日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コヨシキリ スッキリした器量よしです  

     平成27年5月23日撮影。
     オオヨシキリの集団に混じって、僅かですがコヨシキリの鳴き声も聞かれます。オオヨシキリの鳴き声は、お世辞にも綺麗には聞こえませんが、コヨシキリは上品で高い鳴き声で、騒がしくはありません。時々見掛けますが、都合よく撮らせてくれないのはオオヨシキリと同じです。

     オオヨシキリより小さく、ウグイスのようにスッキリとして、なかなか綺麗なコヨシキリです。
    CF1A8476 20150523

     この日は、約30分スタンバイしてやっと撮ることができました。
    CF1A8478 20150523

     スタイル、羽の色など魅力を感じていましたが、その特徴をやっと撮ることが出来ました。機会があれば更にチャレンジしたい鳥です。
    CF1A8501 20150523

    オオヨシキリ 毎日毎日喉は大丈夫ですか  

     平成27年5月23日撮影。
     オオヨシキリは広範囲に見掛けますが、特に湖岸付近の葦が茂っているところでは大合唱が聞かれます。この日は、オオヨシキリの撮影がが主目的ではなくコヨシキリを撮影できましたので、比較のため参考に撮影したものです。

     口から生まれてきたようなオオヨシキリ。何時も喉の奥が見えるくらい大きく口を開いて、力の限りを尽くして得意の喉を聞かせてくれます。連日叫び続けても、喉を痛めることはないようですね。
    CF1A8455 20150523

    ゴイサギの幼鳥 咄嗟に撮りましたが間に合いました  

     平成27年5月23日撮影。
     この日もカンムリカイツブリの観察に出向きました。この川にはゴイサギもいますが、置物のように固まっていることはなく、人が近付くと直ぐに湖岸方向に飛んでしまいます。心の準備が整う間もなく飛び立ちますので、咄嗟の撮影となりますが面白味もあります。

     ホシゴイといわれる幼鳥は、自宅近くでは置物のようにジッと固まっているいるのを見掛けますが、湖岸近くのは動きが機敏です。
    CF1A8365 20150523

     ゴイサギは、珍しい鳥ではありませんが独特のスタイルに惹かれ、つい撮ってしまいます。 
    CF1A8367 20150523

    ▲Page top