2015年06月26日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コウノトリ 午後のひととき Part2  

     平成27年6月23日撮影。
     Part1の続きです。コウノトリ2羽はこの場所を離れようとはせず、ゆっくりと過ごし時間の流れを楽しんでいるかのようでした。大型の鳥のこうした様子を見ていると、此方までゆったりした気持ちになり、心が和むようです。

     J0064が再度伏せようとするところです。
    CF1A5452 20150623

     どっかりと畦の上で落ち着いてしまいました。こうした伏せた姿は初めて見ることができました。
    CF1A5522 20150623

     もう1羽のJ0501は、立ちつくしたまま睡魔と戦い続けているようでした。
    CF1A5529 20150623

     この日はとても暑い日で、嘴を良く開けていました。CF1A5540 20150623

    コウノトリ 午後のひととき Part1  

     平成27年6月23日撮影。
     この日は大津市まで所用で出掛け、湖西周りで帰宅しました。マキノ町に滞在しているコウノトリを観察するためです。時間は午後4時頃で、コウノトリ達は食事タイムもお遊びタイムも終わり、塒入りのひとときをゆっくりくつろいでいました。

     手前がJ0501、その向こうがJ0064。午前中はよく飛び、よく食べて午後はゆっくり過ごしているようです。
    CF1A5322 20150623

     お腹もいっぱいで、睡魔に襲われているようです。
    CF1A5364 20150623

     今度は首筋が痒くなったようです。J0064は伏せてしまいました。
    CF1A5381 20150623

     2羽は特にする事もなく、時間がゆっくり流れる午後のひとときを楽しんでいるようでした。
    CF1A5389 20150623

     伏せている様子を撮ろうと、撮影場所を変えた途端に大あくびするJ0501。
    CF1A5427 20150623

     スッキリしたようですが、まだ眠気が勝っているようです。
    CF1A5433 20150623

     眠たいのに、ワザとしっかりした様子をしているようにも見えます。
    CF1A5449 20150623

    仲良しのシジミ蝶2種 スイカの葉に留まっていました  

     平成27年6月22日撮影。
     スイカの実を撮っていると、スイカの葉に二匹の小さな蝶が留まっていました。それも種類が異なる蝶が仲良く寄り添っているかのように留まっているものですから正直ビックリしました。

     上がベニシジミ。下がヤマトシジミ。私としては知識が乏しい故、極めて珍しい光景と思いパチリ。
    IMG_0814 20150622

    スイカ 実が大きくなると夢も膨らみます  

     平成27年6月22日撮影。
     色々な野菜を栽培しており、スイカも毎年育てていますが収穫したことはありません。イノシシやサルに盗られ中身は完食され、皮だけ残してくれています。イノシシは特にサツマイモとスイカが大好物のようです。

     害獣対策として、スイカは自宅横の竹藪に囲まれ目立たないところに植えてみました。功を奏するか分かりませんが、毎年工夫しています。スイカは受粉すると日々大きくなり、毎日その様子を見るのが楽しみです。
    IMG_0819 20150622

     実が大きくなると共に夢も期待も大きく膨らみますが、いざ収穫時期に害獣に先取りされると、突然風船が破裂してしまった心境を味合うこととなります。この時の空虚感は、シャッターを押す間もなく珍鳥に逃げられた時とよく似ていますよ。  
    IMG_0821 20150622

    ▲Page top