2015年09月06日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    カワセミ ダイサギなどが群れる川にて  

     平成27年8月28日撮影。
     簗場近くに集まるダイサギなどを撮った後、中州をチョロチョロするイカルチドリを発見し適当な撮影位置を探しているとカワセミの鳴き声。最初は何処にいるのかと思って付近を見渡すと、なんと目の前で正面向き。「オッ」と思った途端に飛び去り、逃げた魚は大きいと言う思いを実感しました。

     暫くすると、岸に流れ着いた竹に留まりましたが、今度は後ろ向きで逆光気味。私には、このカワセミ君の暗めのブルーが新鮮に映りました。よく対岸にいるのを見掛けますが、100メートル先のスズメを撮るようなもので諦めていました。
    CF1A2918 20150828

     今の時期は、カワセミもどの魚を捕ろうか迷うくらい豊富です。カワセミ君も嬉々としているように思えます。魚影が濃いためか、昨年は電線からの大ダイビングも見られました。 
    CF1A2921 20150828

    アジサシ ユリカモメと共に  

     平成27年8月28日撮影。
     琵琶湖で数多く見られる冬鳥のユリカモメ。長浜港、漁港、河口付近、田圃でも愛嬌を振りまきみんなから好かれています。魚捕りも上手で私の好きな鳥の一つでもあります。この日は旅鳥のアジサシを伴って到着していました。昨年の同時期のブログにも載せていますが、アジサシは必ずといって良いほどユリカモメと長旅を共にしているようです。

     ユリカモメと一緒に飛来したアジサシ。左から4羽目です。もう直ぐするとアジサシが多くやって来ると思いますが、気の早いアジサシは、此処で暫く後続の来るのを待つのでしょうか。春と秋に地球規模の長旅の中継地として立ち寄ってくれます。ユリカモメとは、ここでお別れですね。
    CF1A2755 20150828

    ▲Page top