2015年09月24日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    センダイムシクイ 湖岸付近にて  

     平成27年9月18日撮影。
     夏鳥のセンダイムシクイも渡りの準備でしょうか、湖岸付近で見られるようになっています。夏鳥は南方に渡り、一方冬鳥は順次湖北にも到着しており、寂しさと賑やかさが輻輳する時期に差しかかっています。

     枝から枝へ素早く動く姿がチラッと見えましたが、種別は分かりませんでした。即席麺ではありませんが、待つこと5分、現れたのはセンダイムシクイでした。何とか葉っぱのないところに現れた所を撮ることができました。 
    CF1A6003 20150918

     格好もすばしこいスタイルをしています。ゆっくりと撮らせてはくれませんでした。
    CF1A6006 20150918

     向きを変えてくれたのもつかの間、直ぐに消え去ってしまいました。
    CF1A6012 20150918

    コウノトリ(J0481) 予想通り川にいました  

     平成27年9月15日撮影。
     台風などの影響で水量が多い川を嫌ってか、田圃などで暫く暮らしていたコウノトリのJ0481ですが、水量が少なくなり採餌し易くなった川に佇んでいました。J0481は昨年もこの川などに長らく滞在しており、秋の川の幸の味が忘れられないようです。ようやく念願の姉川でシラサギなどに囲まれ満足そうです。

     この川でJ0481は主賓のようです。ダイサギ、アオサギも全員大歓迎で迎えているようです。
    CF1A5264 20150915

     逆光側から順光側に移動する途中の画像です。
    CF1A5275 20150915

     この様に多くのダイサギなどの中にいるコウノトリは初めて撮りました。野犬が2頭写っています。頭数は減っているようですが、相変わらず見掛けます。
    CF1A5288 20150915

     野犬も去り、全員くつろぎ出しているようです。J0481も一本脚でくつろいでいます。
    CF1A5307 20150915

     羽繕いを始めたJ0481。
    CF1A5315 20150915

     今度は採餌しています。餌場で縄張り争いもせず、全員仲良くしているのが不思議です。
    CF1A5364 20150915

     岸に上がろうとしています。
    CF1A5404 20150915

     今度は岸に上がって羽繕いを始めています。脚は綺麗になっていますが、頭部はまだ泥で汚れているようです。
    CF1A5431 20150915

     これだけ沢山のサギ類の中にコウノトリがいるとは、距離も相当ありますので気付くのは余程だと思います。私も午前中にサギの集まっているところを、河口と此処で撮って帰宅後PCで画像を確認していて気付き、急遽現地に戻って撮影し直したものです。
    CF1A5470 20150915

    白色のヒガンバナ 自宅の庭にて  

     平成27年9月15日撮影。
     赤色のヒガンバナに混じって、白色のヒガンバナも毎年同じ時期に咲きます。白といっても完全な白ではなく、黄色がかった花の色です。赤色のヒガンバナとは花の感じが異なっています。

     赤色のヒガンバナとショウキズイセンが自然交配してできたようです。自然交配で性質は強いように思われますが、普通のヒガンバナに比べ花の数は少ないです。

    ギボウシの花 自宅にて  

     平成27年9月15日撮影。
     今の時期はヒガンバナが綺麗で、何処にでも咲いています。自宅でも竹藪で数多くのヒガンバナが咲いており、毎年身近で鑑賞しています。その中で、ヒガンバナと同じ時期にヒッソリと咲いている花もあります。

     詳しい品種は分かりませんが、レンゲギボウシだと思っています。このギボウシの花期は初秋で、他の品種に比べ遅い時期に咲きます。清楚な紫色で、しっかりした花はヒガンバナと美しさを競っているようです。
    IMG_2286 20150915

    ▲Page top