2015年11月04日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    シジュウカラ 可愛らしく撮れました  

     平成27年10月24日撮影。
     河口付近を訪れると、毎回のようにシジュウカラの声が聞こえてきます。常に身の回りにいる野鳥でもあり、スズメと同じように敢えて撮ることのないシジュウカラです。正直なところ、とても撮りにくい鳥ですので撮影したくないのが本音です。目が写らない、表情がないなどボツ画像の量産となりやすいシジュウカラ。

     連写のおかげで何とか可愛らしいシジュウカラが撮れました。
    CF1A9991 20151024

    ジョウビタキ 今季初撮影です  

     平成27年10月24日撮影。
     簗場に到着するとジョウビタキの鳴き声が聞こえています。低いところにいるものと付近の枝などを探しても見当たりませんので、更に良く探すと電線で懸命に所在を教えてくれているかのように鳴き続けているジョウビタキを発見。

     姿は過去に確認していますが、撮影は今季初めてです。大きく口を開けて囀るオスのジョウビタキ。
    CF1A0112 20151024

     今年はジョウビタキの数が一気に増えたように思われます。彼方此方で独特の地鳴きが聞こえてきます。
    CF1A0106 20151024

    シメ 今季初撮影です  

     平成27年10月24日撮影。
     湖北には小鳥たちの冬鳥も次々に到着しています。この日は河口付近で猛禽も含め色々な野鳥に出会うことができました。枝間に10羽くらいの集団を確認しましたので、少しズングリしていますので何だろうとピントを合わすと今季初認のシメでした。

     まだ落葉していませんので確認し辛く、撮りにくい状況でしたが何とか撮れるところに現れたシメを撮影することができました。
    CF1A9922 20151024

     距離はありましたが、このシメもパチリ。
    CF1A9957 20151024

     枝には、ウマブドウの蔓も絡んでいますので蔓越しに撮影。なお、今まで冬期のシメの撮影はイカルの群れにごく少数のシメが混じっているものしか撮ったことがなく、シメの集団は初めての出会いでした。
    CF1A9974 20151024

    ▲Page top