2015年11月05日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    イソシギ 河口付近にて  

     平成27年10月24日撮影。
     この付近でこの時期によく見られるシギ、チドリはイソシギとイカルチドリです。イソシギはよく見掛けますが、イカルチドリよりはその頻度は少なく、撮れる距離であれば撮ってしまいます。

     此方を見ているイソシギ。何の疑いもない表情で見つめられると、愛おしく思ってしまいます。野鳥の優しさを感じる一コマでした。
    CF1A9998 20151024

     イソシギは水際や、湿地状の中州などで採餌をしている姿がよくみられます。
    CF1A9996 20151024

    ハジロカイツブリ 水面に映る姿が綺麗でした  

     平成27年10月24日撮影。
     河口では何時も野鳥が観察できるとは限りませんが、時には飛来して間もない水鳥や獲物を狙う猛禽などの姿が見られます。今日は何がいるかな?と期待を込めて河口に近付くのは楽しみの一つでもあります。今年は河口の観察のおかげで、コウノトリJ0481を発見するなど、大発見もありました。

     穏やかで波のない水面をミズスマシのように泳ぐハジロカイツブリ。水面に映る姿の美しさに思わず撮ってしまいました。
    CF1A0615 20151024

    キビタキのメス 河口付近にて  

     平成27年10月24日撮影。
     キビタキは例年よく見掛けますが、今年は春からその姿を確認できたのは数える程です。夏は自宅近くの山からもキビタキの綺麗な鳴き声が聞こえてきていましたが、今年は聞いていないようです。秋の渡りの時期には、大阪市内でようやくメスのキビタキを撮ったのみで、地元ではサッパリでした。この日、やっと地元で出会うことができました。

     オオルリのメスと酷似していますが、喉元の特徴はキビタキのメスです。
    CF1A0631 20151024

     紅葉も始まり、多くの冬鳥が飛来している時に夏鳥のキビタキを見送ることができました。来年はたくさんのキビタキの飛来を期待しています。
    CF1A0625 20151024

    ▲Page top