2015年11月10日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    湖上のコハクチョウ 尾上漁港付近にて  

     平成27年10月29日撮影。
     この日は尾上漁港付近でコハクチョウたちが採餌していました。湖岸から撮れる距離でしたので、コハクチョウたちとの対面に緊張感を覚えました。コハクチョウは美しく優しい鳥ですので、コハクチョウらしく撮るのは非常に難しいと感じています。限られた条件の中で、コハクチョウらしさをどの様に表現できるか追求し続けたいとチャレンジ中です。

     仲良く泳いでいるコハクチョウの姿に、「絆」の大切さを常々考えさせられます。
    CF1A2284 20151029

     時にははしゃいでいる姿も見られます。きっと楽しい一時なのでしょうね。
    CF1A2292 20151029

     採餌したり、翼を広げたり、コミュニケーションをはかりながら過ごしているようです。
    CF1A2313 20151029

     飛び立ち前の様子です。一体誰が指揮官なのでなのでしょうか、何時も不思議に思って観察しています。
    CF1A2422 20151029

    コハクチョウの着水  

     平成27年10月29日撮影。
     野鳥センター前付近のコハクチョウが行ったり来たりしているようで、飛び立ちもあれば小集団が飛来し着水する賑やかな光景が見られました。飛び立ちは力強く迫力がありますが、着水は華麗さがあるように思います。

     翼でコントロールし、水かきを水上スキーのように使って滑るように着水するコハクチョウ。
    CF1A2259 20151029

     水かきを上手に使っています。
    CF1A2679 20151029

     着水体勢に入ったコハクチョウ。足を出し水かきを広げています。水かきは空気抵抗を増し、スピードを下げる役目もしているのですね。
    CF1A2680 20151029

    コハクチョウの飛び立ち  

    平成27年10月29日撮影。
    この日は小雨が降ったりで生憎の天気でしたが、コハクチョウたちは強風、高波以外は関係がないようです。尾上漁港付近で元気でご機嫌麗しい姿を見せてくれました。 飛び立ち、着水、飛翔、湖上の姿を歩道から撮ったものです。それぞれの様子を別々に掲載させて頂きます。

     沖方向に向かって飛び立つコハクチョウ。スタートするため、力強く水面を蹴った瞬間です。
    CF1A2712 20151029

     先頭グループが飛び立つと、後から次々に飛び立ちます。
    CF1A2771 20151029

    ▲Page top