2015年11月11日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ヤマガラ 実を食べたり貯蔵したり  

     平成27年10月30日撮影。
     この日はもう一つの農業用溜池とその周辺の観察に出向きました。カモ類はかなりたくさん飛来していますが、全員集合には未だ時間がかかりそうでした。ベンチに腰をかけ休憩しているとヤマガラが池の側の松の木と隣の山を何度も往復しているのが目に入りました。

     マツボックリから松の実を取り出して食べているようでした。
    CF1A2904 20151030

     足で実を押さえ、皮を剥いているようです。
    CF1A2911 20151030

     食べ終わると、次の実を探しています。
    CF1A2913 20151030

     実を銜えて食べずにチョロチョロしているヤマガラも。
    CF1A2931 20151030

     何処にもっていくつもりなのでしょうか。
    CF1A2935 20151030

     こんな実だよ、と見せてくれているようです。
    CF1A2939 20151030

     松の皮に実を貯蔵しているヤマガラ。来年生まれてくるヒナの食べ物を補うため貯蔵する習性があります。貯蔵したところを忘れないのですね。
    CF1A2948 20151030

     この様にマツボックリを点検して回っています。
    CF1A2979 20151030

     マツボックリを踏み台にして実を探しています。見ていても楽しく見飽きない光景でしたが、ここは園地でもありマツボックリを拾い集める人がやって来た途端、姿を消してしまいました。人懐こいヤマガラもジッとして撮っていると安心していますが、不用意に近づくと嫌がるようです。
    CF1A2989 20151030

    コハクチョウ 飛翔姿も見られるようになりました  

     平成27年10月29日撮影。
     コハクチョウの数も増えてきています。湖岸沿いを走行中、コハクチョウの飛んでいる姿も見られるようになってきました。コハクチョウはあらゆる場面でその美しい姿を披露してくれますが、湖北の空を飛んでいる姿に最も惹かれます。毎年日常のように見られる姿ですが、都度その美しさに心を奪われます。

     この日は、尾上漁港付近で採餌していたコハクチョウが場所替えのためか、飛び立ち琵琶湖沖を飛ぶ姿を撮ったものです。
    CF1A2730 20151029

     1羽で飛んでいる時も、グループで飛んでいる時も湖北の空を自分たちの庭のように飛んでいます。
    CF1A2749 20151029

     この画像は面白いことに、1羽のカモも一緒に飛んでいます。このカモは、コハクチョウが飛び立つ時に一緒に飛び立ちました。自分は、コハクチョウだと思っているようです。コハクチョウは優しくみんなから好かれている証拠ですね。
    CF1A2803 20151029

    ▲Page top