2015年11月21日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カンムリカイツブリ 11月にヒナが  

     平成27年11月12日撮影。
     延勝寺の漁港で沖のコハクチョウなどを観察しているとヒナの鳴き声が聞こえてきました。ここにはカイツブリの親子がいますが、鳴き声がカイツブリより大きく聞こえてきます。それも複数いるようです。何だろうと防波堤越しに覗くと、カンムリカイツブリのヒナが3羽。この時期に、まさかと思いました。

     カンムリカイツブリのヒナは随分大きくなっていますが、11月になって出会ったのは初めてです。
    CF1A6102 20151112

     沖に向かって泳ぐ親子5羽のカンムリカイツブリ。左の3羽がヒナです。記録として撮影しました。
    CF1A6139 20151112

    コハクチョウ みんな仲良く楽しそう  

     平成27年11月11日撮影。
     湖北には既に夥しい水鳥たちが飛来しており、これからも暫くの間は続々と到着してきます。水鳥たちは様々な種類が体を寄せ合うように集まり採餌している様子は、北湖の最も素晴らしい光景のひとつだと思います。

     美しい北湖で、コハクチョウをはじめ様々な水鳥たちが仲良く過ごしている様子は平和を絵に描いたような光景で、野鳥の楽園そのもののようです。
    CF1A5835 20151111

     コハクチョウの幼鳥も楽しそうです。
    CF1A5895 20151111

     マガモなどがコバンザメのようにコハクチョウに寄り添っています。
    CF1A5949 20151111

     コハクチョウ、ヒドリガモなどの鳴き声が輻輳して聞こえてきます。和やかな雰囲気が耳からも伝わってきます。
    CF1A5954 20151111

     初めて湖北で過ごす今年生まれの幼鳥。この子にとって此処が第二の故郷になるのですね。
    CF1A6043 20151011

    ▲Page top