2016年05月24日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    アオアシシギ ビオトープ付近の田んぼにて  

     平成28年5月9日撮影。
     毎年思うのは春の渡りの時期はほぼ同じ顔ぶれのシギ、チドリばかりで丁寧に撮るということを忘れがちになっています。また今度という感じで旅鳥と出会い、いつの間にか渡りの時期が過ぎてしまっています。いわゆる後の祭りの繰り返しとなってしまいます。

     このアオアシシギも例年は田んぼなどで集団を見掛け、比較的撮りやすいため単独や2羽のアオアシシギは撮りませんでしたが、今年は撮りやすい所での集団は遂に見掛けることはありませんでした。
    CF1A1040 20160509

     今年の秋からでも1羽の場合でも、丁寧に撮ろうと考えています。近くで撮れば清楚で綺麗な鳥です。
    CF1A1043 20160509

     採餌するアオアシシギ。今年は例年よく見かける鳥を見掛けなかったり、複数年見かけなかった鳥をよく見掛けたり不思議な年です。一つ一つの出会いを大切にしたいですね。
    CF1A1079 20160509

    ムナグロ 湖岸付近の田んぼにて  

     平成28年5月9日撮影。
     ヒバリシギはこのムナグロたちの集団の中にいました。かなりの数のムナグロがシロカキ前の田んぼと隣の田植えが済んだ田んぼに分かれて採餌をしていました。ヒバリシギの撮影には約1時間かかりましたので、その間に撮ったムナグロです。

     夏羽になりかけのムナグロ。
    CF1A0895 20160509

     まだ冬羽の個体。一見メスのようにも見えますが、ムナグロは雌雄同色ですのでオスかメスかは分かりません。
    CF1A0920 20160509

     大部夏羽になっている個体。
    CF1A0983 20160509

     夏羽になっているムナグロ。シギとチドリが一緒に旅をしていますが不思議に思います。
    CF1A1029 20160509

    ▲Page top