2016年05月25日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    アマサギ トラクターが大好き  

     平成28年5月9日撮影。
     一通りのシギ、チドリの撮影を終え北陸自動車道手前の田んぼに差しかかると、トラクターのまわりに群れているアマサギを発見。数えてみると10羽でした。一度に10羽ものアマサギは滅多に見られませんので、ハザードランプを点け車内から撮影しました。

     トラクターが田んぼを耕すとカエルなどが跳びだしてくるのでしょうか。
    CF1A1225 20160509

     1羽だけ夏羽になっていない白いアマサギもいました。
    CF1A1302 20160509

     トラクターを見つめる眼差しは真剣そのものでした。
    CF1A1348 20160509

     正面から見るとこんな顔をしています。動物園の大きな鳥のようですね。
    CF1A1411 20160509

     夏羽のアマサギの方が見慣れていますので、アマサギらしく見えます。
    CF1A1415 20160509

     アオサギも仲間になっています。
    CF1A1476 20160509

     作業が終わり、トラクターが農道に上がっても付きまとっています。昔は牛の後についていたアマサギは、今はトラクターの後についています。人には近付かないのに、トラクターにはアマサギの方から近付きます。面白い習性ですね。
    CF1A1495 20160509

     このアマサギは自宅直ぐそばで滞在しているアマサギです。滞在6日目となりました。雨が降っていましたので飛翔姿のみです。
    CF1A0433 20160509

    タカブシギ ビオトープ付近の田んぼにて  

     平成28年5月9日撮影。
     この日も何時もの観察コースで複数種類のシギが確認できました。時には偶然に思わぬシギなどを発見する時もあり、宝物発見の可能性が高いお気に入りのコースです。ヘラサギやホウロクシギに出会うこともあり、生涯忘れることの出会いが多くあります。この日もごく短い時間にいろいろな出会いがありました。

     シロカキの済んだ田んぼで佇むタカブシギ。
    CF1A1100 20160509

     休憩中なのか、あまり動きませんでした。
    CF1A1128 20160509

     後ろ向きのタカブシギ。シギの模様はどの方向から見ても魅力的です。
    CF1A1187 20160509

     タカブシギはシギとしては普通の大きさかも分かりませんが、かなり小さく遠くにいる場合は見落としがちです。
    CF1A1195 20160509

     満足そうな採餌の様子。
    CF1A1211 20160509

    ▲Page top