2016年09月 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コゲラ 農業用溜池付近にて  

     平成28年9月21日撮影。
     コゲラもエナガと同様、最近よく見かけるようになってきました。コゲラも動きは速く、螺旋状に枝を這い回ってみたり、撮ろうと思えば隣の枝に飛び移ったり、おまけに枝には葉が混み合っていたりと思うようには撮らせてはくれないコゲラです。

     エナガの隣の木にいたコゲラ君です。後頭部に赤い班が確認できますので、男の子です。 
    CF1A3213 20160921

     男の子と思って見ると、やんちゃそうな顔に見えるのは私だけでしょうか。
    CF1A3220 20160921

    エナガ 久しぶりに撮りました  

     平成28年9月21日撮影。
     台風16号の直後でもあり、近くの農業用ため池の様子を観察してきました。すでにコガモが数羽しているだけで、他の冬鳥の姿は見かけませんでした。周辺の緑地では、エゾビタキを今季初めて撮りました。その近くにいたエナガも久しぶりに撮ることができました。

     夏の間は子育て中のようで、姿を見かけることはありませんでしたが、最近はシジュウカラとの混群も見られます。
    CF1A3188 20160921

     久しぶりのエナガ撮影でしたが、よく動き回るのでなかなかついて行けませんでした。この個体を撮るのが精一杯でした。
    CF1A3196 20160921

    コアオアシシギ 大きい水鳥と一緒に  

     平成28年9月16日撮影。
     湖北野鳥センター前の琵琶湖の浅瀬は水鳥たちのお気に入りの休憩場所になっています。時にはカワウで埋め尽くされ、異様な光景と思われるときもあります。カワウだけと思いきや、よく注意して観察するとシギがカワウたちの集団の中をチョロチョロする姿が見られることがあります。

     ダイサギの前にコアオアシシギが歩いていました。こうして見るとコアオアシシギは小さいですね。
    CF1A3090 20160916

     浅瀬の端の方にはマガモが休憩中。コアオアシシギは浅瀬の全員を訪問しているようでした。誰からも虐められることなく、平和な時が静かに流れているように思えました。
    CF1A3099 20160916

    カイツブリのヒナ 巣で行儀よくしていました  

     平成28年9月16日撮影。
     この日も海老江の漁港の防波堤越しにカイツブリのヒナを覗いてみました。日毎に大きくなっているようで、元気な様子が確認できると此方まで嬉しくなってしまいます。秋にもヒナを観察できるのはラッキーで、台風後のことも心配ですが今後もできる限り観察を続けたいと思っています。

     もう食事は済んだのでしょうか。2羽の可愛らしいヒナは巣の上で行儀よくしていました。
    CF1A3010 20160916

     親鳥は巣の補修に余念がないようです。巣材の藻を頻繁に運んでいました。我が子を育てることが親鳥にとって一番の幸せのようで、子煩悩な親鳥にヒナたちはこの上ない幸せのようです。
    CF1A3046 20160916

    トウネン 川の中州で採餌  

     平成28年9月16日撮影。
     トウネンは春の渡りの時には田んぼで、秋には川やその河口、また野鳥センター前の浅瀬で見られることが多いようです。スズメ大のトウネンは距離があると確認し辛く、念入りに探さないと発見は難しいようです。この日は、ヤナ場から少し上流方向の中州で採餌していました。

     この場所には1羽だけのようです。距離がありすぎますので、記録として撮影したものです。トウネンやハマシギは時には至近距離まで近付いてくれる可愛らしいシギで、そのことを期待しながら撮り続けています。
    CF1A2972 20160916

    ツバメの大集団 南国への旅立ち?  

     平成28年9月13日撮影。
     ツバメたちは早春にいつの間にかやって来て、秋には忽然と姿を消してしまいます。今まで子育てや、田んぼの上を餌取りに飛んでいた姿は殆ど見られないようになっている今日この頃です。この日、湖北の湖岸近くの電線にはツバメたちが大集結していました。

     ツバメの大集結は初めて見ました。いよいよ南国への旅立ちなのでしょうか。
    CF1A2876 20160913

     秋と春は別れと出会いのシーズンでもあり、複雑な気持ちになる時でもあります。今年生まれたツバメのヒナたちも、大集団で南国を目指し、春には記憶に刻んだこの地にやって来るのですね。今年生まれたヒナはどのようにして帰るのか心配していましたが、仲間たちと一緒のようで安心しました。
    CF1A2882 20160913

    コアオアシシギとトウネン 湖北野鳥センター前にて  

     平成28年9月13日撮影。
     湖北野鳥センター前の琵琶湖の浅瀬で旅鳥のコアオアシシギとトウネンを同時に撮影する機会に恵まれました。この浅瀬は大抵カワウが占拠しており、他の鳥を確認することは難しく、更に距離が約100㍍ほどあるため双眼鏡で確認しないとトウネンなどは気付かないほどです。幸いカワウが飛び去った後でしたので、野鳥センターの情報通り確認することが出来ました。

     左側にはコアオアシシギ、右側には分かりにくいですがトウネンがいます。飛んでいるのは、イカルチドリ。
    CF1A2751 20160913

     コアオアシシギは2羽飛来していました。
    CF1A2789 20160913

     イカルチドリとコアオアシシギ。アオアシシギは存在感がある大きさですが、コアオアシシギはとても小さいです。
    CF1A2816 20160913

     トウネンも一緒に採餌していました。トウネンと比べるとコアオアシシギも大きく見えますね。
    CF1A2829 20160913

     コアオアシシギとトウネン。ネッシーのようなものはカワウです。
    CF1A2854 20160913

     左からイカルチドリ、コアオアシシギ、トウネンです。
    CF1A5472 20160913

    カイツブリのヒナ また生まれていました  

     平成28年9月13日撮影。
     海老江の漁港の防波堤越しにミサゴを撮っていると聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきます。この時期に何だろう、まさかカイツブリのヒナ?とミサゴの撮影を中断して一面に水草の漂う湖面を探すと、まさかのカイツブリのヒナ2羽が親鳥とともにのんびりとしていました。

     1羽は親鳥の背中に乗っています。まだ生まれて間がないようで可愛らしいヒナが2羽。
    CF1A2497 20160913

     親鳥はヒナを背中に乗せたまま羽繕いを始めました。
    CF1A2500 20160913

     ヒナが降りても羽繕いを続ける親鳥。
    CF1A2509 20160913

     羽繕いを終わり、此方を向いている親子。
    CF1A2516 20160913

     親鳥の側にいるヒナが大あくび。
    CF1A2521 20160913

     親鳥も脚と羽を伸ばしてリラックス。文字通り羽を伸ばして気持ちよさそうな光景を見ていると、こちらまで羽を伸ばしたくなります。
    CF1A2558 20160913

     くつろいだ後は食事の時間。初秋に生まれたこの子たちは年内には独り立ちすることと思われます。
    CF1A2666 20160913

    ミサゴ 狩りをせずに水を飲む  

     平成28年9月13日撮影。
     海老江の漁港からカイツブリのヒナを撮っていると、ミサゴが現れ湖面を注視しながら飛んでいました。もしかしたら魚を捕るのかもしれないと、カイツブリの撮影を中断しミサゴを追い続けました。しかし、ミサゴは期待に反して予想外の行動を見せてくれました。

     気持ちよさそうに悠々と飛ぶミサゴ。
    CF1A2535 20160913

     急降下。狩りをする瞬間が見られると思いきや・・・。
    CF1A2537 20160913

     急降下を始めたので魚を目がけてダイビングするものと思っていましたが、何を思ったのか狩りはせずにエリに留まってしまいました。
    CF1A2594 20160913

     エリの近くの浅瀬に降りて何と水を飲み始めました。水を飲んだ直後のミサゴ。
    CF1A2620 20160913

     水を飲み終え、浅瀬を飛び立ちました。期待は外れたものの、水を飲むミサゴを見たのは初めてです。
    CF1A2645 20160913

    イソシギ 久しぶりに近距離で  

     平成28年9月13日撮影。
     ヤナ場近くの浅瀬でイカルチドリを撮ったのですが、余りにも距離がありすぎて如何ともしがたい気持ちで河口側に移動し、何気なく覗くとイソシギの姿。今度は先ほどと異なり至近距離で、慌ててシャッターを押し続けました。無意識でフォーカスリミッターを至近距離に設定していましたので撮れたようなもので、そうでなかったら全てボツになっていました。

     距離は10㍍以内で、飛ばれてしまうと思いきやイソシギは採餌に夢中で思う存分撮らせてくれました。 
    CF1A2429 20160913

     小さな餌を探しては食べていました。
    CF1A2467 20160913

     岸に上がり此方に近付くイソシギ。野鳥が近付いてくれるときは一際嬉しいものですね。
    CF1A2475 20160913

     此方の思いをよそに水際に戻ろうとしています。
    CF1A2477 20160913

     イソシギはよく見られますが、近くで撮れる機会は僅かです。余韻の残る撮影となりました。
    CF1A2478 20160913

    防災ヘリ琵琶(びわ)  

     平成28年9月10日撮影。
     湖岸方面から野鳥撮影を終え帰宅途中、自宅付近の上空を滋賀県の防災ヘリが飛んでいましたので車中から撮影しました。岐阜県の防災ヘリが湖北の空を飛んでいるところを過去に撮っていますが、地元滋賀県の防災ヘリは初めての撮影です。

     365日体制で救難活動にあたる防災ヘリコプターの「琵琶(びわ)」。機体番号はJA25LB、製造国はフランスです。非常に目立ちやすい赤と黄色の機体です。
    CF1A2338 20160910

    ツユクサ二種 自宅の庭にて  

     平成28年9月10日撮影。
     秋は春の気候と似ているので、春に咲く花が今頃の時期に咲いているものもあります。ニワナナカマド、バイカウツギが咲いているのを見つけると一種の驚きを感じます。旅鳥が春と秋に立ち寄りますが、動植物も春と秋はよく似た気候と認識しているようにも思えます。

     ムラサキツユクサ。春には元気よく咲いていましたが、秋にも少しですが咲いています。
    IMG_8111 20160910

     ツユクサの仲間のシラユキヒメ。白い毛で覆われた葉にピンクの可愛らしい花がこの花の名前にピッタリです。湖北の厳しい冬に耐えて毎年今頃の時期に咲きます。
    IMG_8130 20160910

    ダイサギ 何時もとは様子が・・・  

     平成28年9月10日撮影。
     この日も川にはダイサギなどが数え切れないほど集まっていました。この光景は今の時期にしか見られませんので、出来るだけ多く集まっているところを撮ろうと何回かこの場所を訪れていました。この日はまさに密集状態でしたが、何時もとは異なる様子に複雑な思いでシャッターを押しました。

     一部のダイサギが川から飛んだところです。前方にはまだ密集状態のダイサギがいます。
    CF1A2271 20160910

     前方の密集状態はこのような状況です。なぜ、このように集まっているのかですが、実はコアユの産卵保護のため鳥よけのテグスを岸から対岸にかけて張る作業が行われている最中でした。ダイサギたちは避難のため集まり、私以上に複雑な思いで作業を見守っているようです。
    CF1A2288 20160910

    ユリカモメ 姉川人工河川河口で餌捕りも  

     平成28年9月7日撮影。
     ユリカモメは少し前に湖北に大挙して飛来しています。気の早いユリカモメ、冬鳥の先陣をきって愛嬌を振りまいているようです。飛来したユリカモメは例年の個体らしく、第二の故郷に戻ってきたかのようにくつろいでいるようです。

     湖岸近くの取水塔で羽繕いをしたり、くつろぎの表情を浮かべるユリカモメ。
    CF1A2098 20160907

     まだ飛来当時の大集団のままのようです。
    CF1A2105 20160907

     沖に浮かぶユリカモメはこの前と同じでしたので、引き返そうとした時沖のユリカモメが姉川人工河川の河口に群がってきました。餌捕りです。 
    CF1A2121 20160907

     ここにコアユが集まるのを知っているようです。
    CF1A2153 20160907

     河口では魚捕りのユリカモメ。沖のユリカモメは漁船が近づいてきても全く平気。アマサギがトラクター大好きなように、ユリカモメは漁船大好きです。もうすぐ漁船を追って入港してくる姿も見られそうです。
    CF1A2160 20160907

    アマサギ 高時川付近の田んぼにて  

     平成28年9月7日撮影。
     稲刈りが済んだ田んぼに10羽ほどのアマサギが集結していました。数多くアマサギを撮っていますが9月の撮影は初めてです。例年5月を中心に撮っていますが秋の気配が感じられる9月のアマサギは南国への渡りの途中でしょうか。私自身は11月にもアマサギを撮っていますので、正直アマサギの行動がよく分かっていません。理屈抜きで綺麗なアマサギに都度出会うことは素晴らしいと思っています。

     何でアマサギ?と停車して観察すると、近くで稲刈りのコンバインが動き始めようとしていました。トラクターとかコンバインが大好きなアマサギ。労せず餌が飛び出してくるのをよく知っているようです。
    CF1A2191 20160907

     亜麻色の貴婦人と言われるようにあらゆる姿が綺麗で魅力的です。
    CF1A2196 20160907

     例年アマサギとの出会いは5月が多く、当時は田植えの準備か稲の苗を植えた段階でしたが、この日の出会いは稲刈りも済みひこばえがこんなに育っています。
    CF1A2205 20160907

     すでに冬羽になっているアマサギも。純白のアマサギも綺麗です。
    CF1A2213 20160907

     早くコンバインの稲刈りが始まらないか、首を長くして待っているようです。
    CF1A2226 20160907

     コンバインの運転のため、農家の方が近づいたため一時待避したアマサギ。これから刈り取ろうとする田んぼの畦にいるところを
    撮ったものですが、小さいアマサギはとても撮りにくいものです。 
    CF1A2250 20160907

    ミサゴ 沖のポールに留まっていました  

     平成28年9月5日撮影。
     最近はミサゴが河口付近や琵琶湖の上を舞う姿がよく見られます。沖合のエリやポールに留まっているのを見かける時もあります。ミサゴは魚を捕るときには果敢に飛び込み、ダイナミックな姿を披露してくれますが、猛禽らしく必要以外は飛ばないようで休憩モードに入っていると簡単には飛び立たないようです。

     休憩しながら魚の動きを把握でき、ミサゴにとっては絶好の休憩場所のようです。延勝寺や海老江付近の湖岸や漁港からこのような光景が見られる時があります。
    CF1A2008 20160905

    イカルチドリ 2羽仲良く  

     平成28年9月5日撮影。
     川ではサギ類が多く、小さなイカルチドリやコチドリは注意していないと見落としてしまいそうです。特に砂礫の上でジッとしていれば、砂礫と同化し見つけることは困難となります。この日は複数のイカルチドリが元気よく水際で採餌していました。

     2羽が近づいたところを撮ることができました。現実には離ればなれで採餌しており、複数のイカルチドリを同時に撮れる機会はそう多くはないようです。
    CF1A2061 20160905

     水際を忙しそうに歩いては止まりして採餌しています。
    CF1A2065 20160905

    ミサゴ 河口を旋回  

     平成28年9月2日撮影。
     この日の河口は時間帯によるのかも知れませんが、サギ類が主でシギ、チドリは見当たりませんでした。突然ミサゴが現れ、河口の上を旋回し狩りをすることもなくあっさりと野鳥センター方向に飛び去りました。

     頭上付近を通過するミサゴを咄嗟に撮った一コマ。狩りや撮りやすい角度の旋回サービスもなく、偵察飛行のようでした。何時ものミサゴによく似ていますが、データを積み重ねてみたいと思っています。
    CF1A1940 20160902

    多くのダイサギ 別世界のようです  

     平成28年9月2日撮影。
     ダイサギなどのサギ類が河口からヤナ場から上流まで夥しい数が集まっています。主にダイサギですがアオサギやコサギも集まっています。湖西方面の川にも多くのサギ類が見られますが、此処より数は少ないように思われます。見慣れている光景ですが、大集合の光景は見事でついカメラを向けてしまいます。

     争うこともなく仲良く多くのサギ類が集まっている光景は見ているだけでも素晴らしいものです。
    CF1A1898 20160902

     1羽1羽が楽しそうで、サギ類の数だけ楽しさが集まって、まるで別世界に足を踏み入れたように感じられます。
    CF1A1915 20160902

     これだけ多くが集まっている光景は撮るのは結構難しく、素晴らしさ美しさに負けてまとまりのないものになってしまいます。
    CF1A1918 20160902

     飛び立つ光景も圧巻です。この川は、支流も含め鳥たちの撮影を始めビワマスの遡上などが撮影でき年間を通じて貴重な川となっています。
    CF1A1880 20160902

    ウミネコ 福井県小浜漁港にて  

     平成28年8月31日撮影。
     この日は晴れて比較的涼しい日でした。風もあり過ごしやすい日でしたが漁港での釣り人は少なく不思議なくらいでした。魚は小アジが真っ黒な塊のような状態で集まってきており、釣れば入れ食い状態です。釣れすぎて面白味がなく、またサヨリを釣りたくても小アジが邪魔をして目的のものが釣れないため釣り人が敬遠しているような感じでした。

     おこぼれを貰おうと釣り人の近くに浮かぶウミネコ。この漁港の鳥達はトビもウミネコも人慣れしています。
    CF1A1794 20160831

     ウミネコの成鳥近くには幼鳥もいました。人間を信頼しきっているような表情が印象的でした。
    CF1A1855 20160831

    ミンミンゼミ 自宅にて  

     平成28年8月30日撮影。
     夏も終わりに近付きセミの数も減ってきたように思われます。湖北では既に冬鳥の一部や旅鳥も確認されるこの頃でもあり、季節は確実に変化してきています。ミンミンゼミの鳴き声は夏の風物詩にもなっていますが、この日自宅敷地の竹藪にて目前で撮ることが出来ました。

     ミンミンゼミは黒地の地に水緑色の斑紋が美しく、翅も綺麗に透きとおっています。竹にとまって機嫌良く鳴いていたところをコンパクトマクロで撮ってみました。
    IMG_8083 20160830

     少し撮影位置を変えてパチリ。このミンミンゼミは滋賀県でも湖北では多く見掛けますが、南部などでは少ないようです。全国的にも生息域に変化があり、殆ど見られない地域もあるようです。
    IMG_8090 20160830

    ササゴイ 遠距離から撮影  

     平成28年8月27日撮影。
     この日の早朝はまだ小雨が降っていましたが、天気予報の雲の動きを見ると雨雲は午前9時頃までには通過するようでしたので湖岸方面に出発。途中、自宅近くの川に難敵のササゴイを撮ろうと立ち寄ってみました。雨が降っていれば撮りやすいと思いましたが早朝の川岸はランニングや自転車が意外に多く、神経質なササゴイは自転車などが近付く度に飛び去ります。バッチリ撮れると確信してシャッターを押す直前には自転車が近付いて来ており、夢物語に終わりました。

     近くで何回も出会いながら撮り損なっていたササゴイ。飛び去った先は、両岸が竹藪のササゴイにとっては安全な場所にいました。此処には近付くことが出来ませんので、ササゴイまで約50㍍の距離がありますが橋の上から撮影。証拠写真以下ですが、何とか記録することができました。
    CF1A1282 20160827

    ミサゴ 河口にて  

     平成28年8月27日撮影。
     この日は河口に到着すると既に撮影者がおられ、少し離れた所からユリカモメやトウネンを撮影していました。ミサゴが河口付近をホバリングしながら飛んでいるのに気付き撮影開始。1回飛び込むものの失敗で獲物は持っていませんでした。ミサゴが飛び去った後、お隣の方のお話では果敢に複数回飛び込んだものの何れも失敗とのこと。

     琵琶湖に飛び込み上昇するミサゴ。飛び込んだ後ですので水滴が落ちる様子が写っています。
    CF1A1595 20160827

     最近はハスが河口付近に集まっているためか、必ずと言ってよいほどミサゴが現れます。
    CF1A1639 20160827

    タカブシギ 連日撮影できました  

     平成28年8月27日撮影。
     春の渡りの時期には毎年撮影しているタカブシギですが、秋の渡りは私にとっては初めての出会いでしたので、前日に引き続き河口付近の川岸でスタンバイしていました。待っている間にトウネンの群れが現れるなど有意義に待つことができました。

     流木の側に立つタカブシギ。待っていた甲斐あって上流方向から現れました。この日は途中水浴びしながらゆっくり川岸を歩き、スッキリしたのか此処で目を閉じて寝てしまいました。同じ旅鳥のトウネンの鳴き声を聞きつけて近付いてきたのでしょうか。
    CF1A1529 20160827

    トウネンが飛来していました 河口付近にて  

     平成28年8月27日撮影。
     この日の前日に旅鳥のタカブシギを確認しており、降っていた雨も止みましたので此の場所で再会を期待して暫くスタンバイしていました。暫くするとスズメ大のシギが10羽くらい元気よく舞い降りてきました。旅鳥のトウネンで、今年の春は撮ることが出来ませんでしたので、今年初撮影で多くのトウネンに出会えたのも初めてです。

     川岸で忙しく採餌するトウネンたち。大好きなトウネンに思い掛けず出会えたラッキーな日となりました。
    CF1A1407 20160827

     フレンドリーなトウネン、撮影していても全く平気でその点ハマシギと良く似ています。
    CF1A1413 20160827

     水浴びするトウネンは初めて見ました。
    CF1A1432 20160827

     丁度イカルチドリがトウネンのところにやって来ました。小さなイカルチドリも撮るのに何時も苦労していますが、それよりも可成り小さいトウネンです。この日は大きさを比較できるイカルチドリがそばに来てくれたのも幸運でした。
    CF1A1435 20160827

     全員をファインダー内に収めようとチャンスを窺いましたが、動きも速く6羽を撮るのが精一杯でした。
    CF1A1457 20160827

     今度は河口に移動してユリカモメなどを撮ったのですが、その時に撮ったダイサギがトウネンを不思議そうに見つめる姿が印象的でした。
    CF1A1683 20160827

    ユリカモメ 湖北に飛来  

     平成28年8月27日撮影。
     旅鳥の観察のため河口を訪れたところ、夥しい鳥達が湖上を飛んでいました。念のため双眼鏡で確認してみると、冬の使者であるユリカモメの大集団です。琵琶湖ではカモの数も増えてきており、着々と冬の準備を整えつつあります。

     多くのユリカモメが湖北に到着です。
    CF1A1695 20160827

     まだ夏羽の個体が多く混じっています。暫くすると綺麗なユリカモメに変身して、川や港などで愛嬌を振りまいてくれます。
    CF1A1707 20160827

     食事場所の河口にも多くのユリカモメ。
    CF1A1716 20160827

     琵琶湖の沖合にはユリカモメが長い長い列をつくって羽休みをしていました。カモメもユリカモメに混じって飛来していました。
    CF1A1731 20160827

    カイツブリ 暑さを凌いでいました  

     平成28年8月26日撮影。
     猛暑の日には鳥達の姿は暑さを凌いでいるのか余り見掛けません。水鳥もサギ類以外は見掛けません。カルガモもハスの葉の陰などに潜んでいます。カイツブリも以前はヒナの姿をよく見掛けましたが、最近は大きくなったためか余り見掛けないようになっています。

     川岸のヤナギなどの影で強烈な陽ざしを避けているようで、余り動きませんでした。ヒナも随分大きくなっています。
    CF1A1029 20160826

     こんな感じで休憩モードです。
    CF1A1033 20160826

     ヒナから少し離れて親鳥と思われるカイツブリ。親鳥も暑さのためか動きませんでした。ヒナも親離れし、くつろぎの時間も出来て、やれやれの様子に見えました。
    CF1A1036 20160826

    タカブシギ 秋の渡りは初撮影です  

     平成28年8月26日撮影。
     河口近くの川岸を忙しそうに採餌するタカブシギ。ここ何年かは春の渡り時期(4月~5月)しかお目に掛かったことがありませんでした。秋は渡りのルートが違うためかな、と諦めていましたが、この日1羽のタカブシギと出会うことができ目を疑いました。

     お尻を振り振りしながら歩いていましたので、最初はイソシギと思ってなるべく近くに来るのを待っていました。
    CF1A1154 20160827

     各地で秋の渡りが見られていますが、湖北でもやっと撮ることができました。 
    CF1A1175 20160826

     首を伸ばして食べ物を探しています。タカブシギは春には自宅近くまで飛んできていますが、数は少ないようで滋賀県では希少種(環境省の準絶滅危惧相当)に指定されています。記録として撮影したため、数多く撮りました。
    CF1A1178 20160826

     タカブシギの近くには可愛らしいハクセキレイも。
    CF1A1190 20160826

    ケリ 姉川にて  

     平成28年8月25日撮影。
     湖北では稲刈りも進みケリの姿も目立つようになってきました。ケリは5月にヒナの様子を数多く撮影し、その後撮影はご無沙汰していましたが、最近は稲刈り後の田んぼ、畑、川などでよく見掛けるようになりましたので久しぶりに撮ってみました。

     この日は姉川の浅瀬にいたケリを橋の上から撮影。川の中で涼しそうにしていました。そろそろ旅鳥や冬鳥のシーズンとなり、今年はどの様な出会いがあるか楽しみの季節になりました。
    CF1A0824 20160825

    イソシギ 長浜港付近にて  

     平成28年8月25日撮影。
     この日は通院の帰り道に湖周道路を通り、長浜港の近くの浅瀬を覗いてみました。ダイサギやコサギに混じってイソシギが採餌しているのを発見。距離は数十㍍ありましたが何とか撮ることができました。ハクセキレイや学習船「うみのこ」が出航する様子も撮ることができました。

     湖岸で採餌するイソシギ。湖周道路の湖岸平方ふきんから撮影。
    CF1A0788 20160825

     一番近くにいたハクセキレイ。こちらを向き何か言っているようです。
    CF1A0810 20160825

     長浜港を出港した滋賀県教育委員会の宿泊体験型学習船の「うみのこ」。学校教育の一環として、県内の小学5年生などが乗船し、琵琶湖の自然などを学びます。デッキには小学生の姿が大勢見られます。余談ですが、どうして大きな船が琵琶湖に浮かんでいるのか疑問を持たれる方もおられます。この船は、日立造船で建造され大津市堅田の造船所で組み立てられています。
    CF1A0817 20160825

    ▲Page top