2016年10月20日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    センダイムシクイ アキニレの木で  

     平成28年10月6日撮影。
     センダイムシクイも渡りの途中ですから日を追うごとにその数が少なくなってきています。数が多ければ素早く動き回るのを撮れる確率も高くなりますが、少ないと撮影が難しい鳥だと思うようになります。

     河口近くの緑地で撮ったセンダイムシクイ。あっという間に虫を捕まえます。
    CF1A5215 20161006

     小さな鳥ですが綺麗で、すがすがしい感じがします。
    CF1A5238 20161006

     アキニレは鳥たちに食事を提供する魅力的な木のようです。カワラヒワは青い実を啄んでいました。実が熟する頃にはアトリがやって来るものと思われます。また、実が地表に落ちる頃にはイカルなどが集まってきます。
    CF1A5256 20161006

    オオヒシクイ 菱の実を食べていました  

     平成28年10月6日撮影。
     オオヒシクイはその名の通り菱の実が大好物です。菱の実はビタミンやミネラルも豊富でとても栄養価の高い食べ物です。私たちはこれを茹でて調理したりしていただきますが、生の実はとてもかたく鋭い刺が2本あり、そのままでは食べられませんがオオヒシクイは器用に食べます。

     菱の実を食べているオオヒシクイ。栄養価の高い食べ物で、長旅の疲れを取りそして厳しい冬を乗り切ろうと体力増強を図っているようです。
    CF1A5595 20161006

     菱の実は結構大きいのですが、オオヒシクイが大きいので実が小さく見えます。なお、菱の実には癌に対する免疫力を高める効果もあるようです。
    CF1A5603 20161006

    ▲Page top