2016年10月22日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    メジロとアケビ 河口近くの緑地にて  

     平成28年10月7日撮影。
     メジロは春は梅や桜などの花に蜜を求めて集まり、秋には小さな木の実をお目当てに集まります。今頃はまだ木の実は早いと思いますが、メジロの集団と出会いました。何かが目的で集まってきているのですが、最初は分かりませんでしたがようやくアケビの実が熟して割れているのを発見。

     メジロはアケビの甘い胎座が目的で集まってきています。密のように甘く美味しいのをよく知っているのですね。
    CF1A5648 20161007

     アケビの下の方も突いています。白い胎座を銜えています。
    CF1A5654 20161007

     種子と共に鳥やほ乳類に食べられ他の地に芽生え、アケビは子孫を残していきます。持ちつ持たれつのようです。
    CF1A5668 20161007
     平成28年10月7日撮影。
     Part2の続きです。波が引くと安心したかのように大あくびをするアジサシ。何とも大らかな性格をしています。アジサシは飛翔もシャープで、ご覧のように翼も長くシャープですので性格はその姿から想像すると、人を避け近寄りがたいと思っていました。しかし、現実には私のそばから離れず、うたた寝までする可愛らしい鳥でした。

     見事な大あくび。まだ幼鳥のようですので、初めての長旅でお疲れのようです。
    CF1A6548 20161007

     心地よく押し寄せる波の音は子守歌のように眠気を誘うのでしょうか。
    CF1A6568 20161007

     目を閉じ夢心地のようです。至近距離で警戒心が全く感じられず、安心している様子のアジサシ。
    CF1A6584 20161007

     十分休憩したので仲間のところへ。河口の中州には夥しいユリカモメがおり、その中に複数のアジサシが混じっていました。余りにもユリカモメの数が多く、アジサシを探しましたが2羽だけ確認することができました。
    CF1A6598 20161007

     まだこれから赤道付近までの長旅が待っています。十分に休養して無事に目的地に着くことを願っています。
    CF1A6605 20161007

    ▲Page top