2016年10月23日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    オオヒシクイ 大丈夫・・・、気遣いのアオサギ?  

     平成28年10月8日撮影。
     オオヒシクイはコハクチョウに先立って飛来します。それまでは野鳥センター前の浅瀬はアオサギ、ダイサギなどのテリトリーのようになっていますが、サギ類たちはオオヒシクイやコハクチョウがやって来るまで此処を守っているようにも思われました。

     湖北に到着して間もないオオヒシクイでしょうか。ダイサギは疲れ切っているオオヒシクイを気遣って見守っているようです。ダイサギの表情がいつもになく張りつめた様子です。争いのない水鳥の世界はこれからが本番です。
    CF1A6651 20161008

    センダイムシクイ 河口近くの緑地にて  

     平成28年10月7日撮影。
     夏鳥のセンダイムシクイ。殆どが南へ旅立ってしまいました。一時はガサガサと木々を賑わしていましたが、今は懐かしい思いだけが残ります。旅立ちの後発組、先発組の冬鳥そして暖地への移動組を探すこのごろです。

     旅立ち間近のようです。此処からは多くの夏鳥やアサギマダラが旅立ちます。すぐ近くには琵琶湖が広がり、渡りに都合のよいお気に入りの場所かも知れませんね。
    CF1A6631 20151007

    エナガ 連日現れました  

     平成28年10月7日撮影。
     撮影したのは河口近くの緑地ですが、エナガは自宅近くでも見られ広範囲でその姿が見られるようになっています。おかげで撮影にも慣れてきて、ある程度素早い動きについていけるようになってきました。可愛らしい鳥ですのでいろいろな場面を撮りたいと思っています。

     毎日の出会いですが、撮っている最中は新たな出会いのような気持ちになります。
    CF1A6638 20161007

     大抵はシジュウカラとの混群です。どちらも同じような格好で飛び回り採餌しています。
    CF1A6645 20161007

    ▲Page top