2016年12月06日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ホシムクドリ 下八木付近にて  

     平成28年11月23日撮影。
     この日は、不思議に珍しい野鳥との出会いが重なる日となりました。このホシムクドリ、普段は通らない農道にハンドルをきり走行して間もなくムクドリの集団が農道を占拠するように採餌していました。停車してムクドリを眺めていると、何とホシムクドリが2羽混じっているではありませんか。一昨年は探しても探しても見つからなかったホシムクドリ、昨年はこまめに探してようやく出会え、今回は偶然に出会えたホシムクドリです。

     数少ない冬鳥として飛来しますが、観察難易度も高いホシムクドリです。農道で車中から撮影。
    CF1A8427 20161123

     飛び立つホシムクドリ。近くに移動するためで、逃げ去ってはいません。
    CF1A8430 20161123

     ホシムクドリ2羽が農道脇で採餌。ムクドリの集団に混じってはいますがホシムクドリ同士は共に行動していました。
    CF1A8440 20161123

     昨年は1羽しか確認できませんでしたが、今年は2羽。今年の冬は寂しくないようです。
    CF1A8452 20161123

     ムクドリに比べ小さめのホシムクドリ。
    CF1A8455 20161123

     左上は飛んでいる姿。
    CF1A8407 20161123

     農道で羽繕い。ホシムクドリのこのような自然の姿は初めて観察できました。
    CF1A8526 20161123

     2羽の内1羽は更に美しい輝きがありました。
    CF1A8536 20161123

    コハクチョウ ピクニックのようです  

     平成28年11月22日撮影。
     コハクチョウたちはその日によっていろいろなところで採餌します。この日は、びわ支所の近くの田んぼに湖北のコハクチョウが全員集まっているのでは、と思うほどたくさん集まっていました。広大な田んぼにコハクチョウが見られる光景は湖とは異なる趣があります。

     二番穂に実った稲を食べています。私たちと同じ湖北米を食べているのかと思うと近親感すら感じます。思う存分食べられる食べ放題ですのでコハクチョウたちの表情は楽しそうで喜びに満ちているようです。まるで、ピクニックに来ているようです。
    CF1A8071 201651122

    ▲Page top