2016年12月23日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    コクマルガラス びわ支所近くにて  

     平成28年12月7日撮影。
     野鳥観察を終えびわ支所前を走行していると付近一帯の電線に多くのミヤマガラスを見つけ、コクマルガラスがいないか調べると淡色型も暗色型も複数混じっていましたので早速撮影。警戒心が強く、大抵は飛び立ってしまいますが、この群れは警戒心が薄く自由に、そして存分に撮らせてくれました。

     白黒の淡色型のコクマルガラス。電線からの飛び移りをパチリ。
    CF1A2856 20161207

     コクマルガラスは探して発見できるものではなく、偶然にしか遭遇しません。発見はとても嬉しいものです。
    CF1A2826 20161207

     真っ黒の暗色型のコクマルガラス。大きさはミヤマガラスの約半分くらいで、嘴も短く鳴き声もカラスらしくない可愛らしい鳴き声ですので、注意していれば直ぐに分かります。
    CF1A2839 20161207

     複数の淡色型がいましたので、あちらこちらと忙しい撮影となりました。
    CF1A2864 20161207

     淡色型と暗色型のコクマルガラスが2羽並んで電線に留まっています。
    CF1A3027 20161207

     この電線にも2羽が仲良く並んでいます。
    CF1A3089 20161207

     白黒の淡色型2羽がミヤマガラスを挟んで留まっています。コクマルガラス、ホシムクドリは広範囲に移動しますので、これら珍しい鳥を撮るのは宝探しのようで発見の喜びが大きく楽しいものです。
    CF1A3108 20161207

    バードパスの小鳥たち 京都御苑にて  

     平成28年12月6日撮影。
     この日は、所用で京都に出かけたついでに京都御苑まで足をのばし、母と子の森のバードパスを覗いてみました。この付近は、私にとって懐かしいところで賀茂川のユリカモメなどを見ながらの軽量機材での野鳥観察でした。京都御苑は広大な森があり、野鳥たちのオアシスのようです。

     先ずメジロたちが水を飲みにやって来ました。
    IMG_9395 20161206

     続いてアトリです。周りの木々にもアトリが数羽いました。
    IMG_9437 20161206

     バードパスにもやって来ていましたが、ヤマガラがサクラの木に留まっていました。
    IMG_9523 20161206

     紅葉したモミジにはエナガの姿も。時間の関係で、長居が出来ませんでしたので数種類を確認しただけですが、時間をかけてゆっくり観察すれば魅力的な場所です。ただ、薄暗いため大口径の明るいレンズが必要かも。
    IMG_9531 20161206

    ▲Page top