2016年12月29日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    アカガシラサギ リベンジには至りませんでした  

     平成28年12月11日撮影。
     前日に初めてお目にかかったアカガシラサギ。その時は距離は約100㍍でしたが、撮れただけも幸運でした。証拠写真以下では野鳥撮影を趣味にしている者にとっては是が非でも羽の一枚一枚を綺麗に撮りたいと思うのが通常の心理です。この日は、期待に夢膨らませて現地に。しかし、現実はそんなに甘くありませんでした。

     前日に比べ約半分の距離。池の中程の杭に留まったアカガシラサギ。約50㍍でしょうか。この時は後日にフォーカスリミッターを直近に設定して撮影できるとは夢にも思ってはいませんでした。
    CF1A5185 20161211

    ヘラサギ どちらが気に入ったのでしょう  

     平成28年12月11日撮影。
     この日は午前中にオオワシ撮影を終えた後ヘラサギの様子も覗いてみました。そして夕方に所用で湖岸方面に出向いたついでにもヘラサギの様子を覗き、面白いことに気付きました。必ずダイサギがヘラサギの側にいたのは全くの偶然ではなさそうです。

     ダイサギの側で羽繕いするヘラサギ。この時は別に何とも思いませんでした。ただ、仲がよく微笑ましい光景と思い撮ったものでした。 
    CF1A5347 20161211

     夕方、隣の池に移動していたヘラサギ。この時にもダイサギの側で羽繕いをしていました。ヘラサギはサギ科ではなく、トキ科の鳥でダイサギはサギ科の鳥です。種類が異なっても微笑ましい光景が見られる水辺の鳥の世界は素晴らしいと思っています。お互いどちらが気に入ったのか分かりませんが、ヘラサギは大型のカモ科であるコハクチョウやオオヒシクイとも仲良しです。
    CF1A5366 20161211

    ▲Page top