2017年01月 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    アカガシラサギ 何処に行ったのでしょう?  

     平成28年12月23日撮影。
     アカガシラサギが何時までこの池にとどまってくれるのか分かりませんので、時間があれば都度覗いていました。出会えたときは、出来る限りこの鳥らしい姿を撮るように努めていました。しかし、出会いは別れの始めのとおり、案じていたことが現実となってしまいました。この日撮ったのが最後で今日までお目にはかかっていません。

     池の岸をノソリ、ノソリと歩くアカガシラサギ。恐らく採餌していたと思われます。
    CF1A2822 20161223

     真剣な目つきで餌を探しているようです。
    CF1A2829 20161223

     葦の茂みもノソリ、ノソリです。今でもこの池の葦原を覗いてみますが、ヒョッコリと現れて来そうな気がします。
    CF1A2876 20161223

    ミヤマホオジロ たった数コマの出会いでした  

     平成28年12月23日撮影。
     農業用溜池にもしやオシドリと思って立ち寄ってみました。オシドリは来ていませんでしたが、通路そばにミヤマホオジロを確認し、取りあえず遠くから数コマ撮って、徐々に近付こうと思った瞬間軽トラックが勢いよく通過。軽トラ通過後には、ミヤマホオジロの姿はありませんでした。今季初撮影で期待しましたが、ここは車道の横で通行量は多くはありませんが仕方がありません。

     取りあえず撮影した今季初撮影のミヤマホオジロ。
    CF1A2907 20161223

     ミヤマホオジロは綺麗な鳥ですので、これから春までの期間内にゆっくり撮りたいと思っています。
    CF1A2914 20161223

    ヘラサギ 近くにいました  

     平成28年12月22日撮影。
     ヘラサギはユニークな嘴、トキ科の鳥らしく綺麗な姿をしており、好きな鳥でもあります。今季飛来している若いヘラサギは、予期もしていない近いところで出会う確率が高く、こちらがビックリするほどです。こちらがビックリしてもヘラサギは逃げもせず、採餌を続けるなど大らかな性格をしています。

     何気なしに内湖を覗くとヘラサギがこちらを見ているではありませんか。
    CF1A1745 20161222

     動かないでソッと撮影開始。大きくて立派な嘴です。
    CF1A1773 20161222

     嘴は横から見ると薄く、シャープな感じです。
    CF1A1780 20161222

     撮影していても気にはしていないようで、採餌していました。
    CF1A1955 20161222

     採餌の合間には羽繕いも。
    CF1A1996 20161222

     端の内湖へと飛ぶヘラサギ。
    CF1A2105 20161222

     降り立った所にはアオサギ、ダイサギがおりその真ん中に降りていました。ヘラサギはサギ科の鳥ではありませんが、サギたちと仲良しです。
    CF1A2122 20161222

     ヘラサギの羽はとても綺麗です。内湖はしばらく工事中でしたが、工事をしている直ぐ側でも平気な様子でした。
    CF1A2201 20161222

    カワアイサの群れ 姉川にて  

     平成28年12月22日撮影。
     今季はカワアイサもウミアイサもメスの姿ばかりが目につくようです。特に姉川ではカワアイサのメスばかりの群れが泳いでいるのをよく見掛けました。この日は、10羽のカワアイサのメスが岸に上がってくつろいだり、その後川に入る様子が見られました。

     岸に上がってくつろぐカワアイサたち。全員メスばかりでした。
    CF1A2577 20161222

     元気よく一斉に川に戻ります。
    CF1A2587 20161222

     川に入ると直ぐに少し上流方向に飛び立ちました。一糸乱れぬ素晴らしい団体行動です。一斉に水を蹴って羽ばたく音は、迫力満点です。
    CF1A2590 20161222

    アカガシラサギ とても綺麗です  

     平成28年12月22日撮影。
     この日は曇っていて時々雨で風の強い日でした。いくら地元で気になる野鳥がいても日を改めるべきだと思いつつ、所用のついでに自然に様子を伺ってしまいました。力まないで臨んだアカガシラサギ、結果的に思うように撮れました。

     池の周辺の葦原で採餌していましたが、飛び立った後近くの杭に留まろうとしています。
    CF1A2428 20161222

     翼でコントロールし、目指す杭に。杭に留まろうとしている姿は綺麗だと思います。
    CF1A2429 20161222

     杭に降り立った瞬間です。
    CF1A2430 20161222

     降り立ったとき頭部の羽はハリセンボンのようになっていました。
    CF1A2435 20161222

     折からの強風に耐えるアカガシラサギ。
    CF1A2449 20161222

     何時ものスタイルですが、羽が強風になびいています。
    CF1A2453 20161222

     飛び立つ前に、岸辺の葦原でブルーギルのような魚を捕って銜えているところです。アカガシラサギが魚を捕ったところは初めての撮影です。
    CF1A2385 20161222

    アメリカコハクチョウ 湖北野鳥センター前にて  

     平成28年12月21日撮影。
     この日の朝は霧が立ちこめ幻想的でした。早速コハクチョウたちが立ちこめる霧に浮かぶ様子を撮ろうと湖岸へと急ぎました。霧は時間がたつと薄くなったり、また場所によって濃淡も異なります。イメージと画像とはかけ離れていたりと思うようには撮れないのが現実です。理屈はどうであれ、霧の立ちこめる湖岸から眺める光景はなかなかのものです。

     コハクチョウの群れから少し離れて泳ぐ姿に「オヤッ?」と凝視すると、アメリカコハクチョウでした。嘴の黄色い部分がコハクチョウに比べ随分小さいです。
    CF1A1290 20161221

     まさか霧の中から現れるとは思ってもいませんでした。今後、霧の無いときに鮮明に撮ってみたいと思っています。
    CF1A1258 20161221

    ヘラサギ 何回も水に入ろうとしていました  

     平成28年12月19日撮影。
     工事中のビオトープは水を抜いているためヘラサギの留まる場所は色々でした。何処にでもお気に入りの所に留まっていました。この日は、此処が田んぼであった名残のコンクリート畦に留まっていました。距離はそこそこありますが、湖岸道路の歩道から撮ってみました。

     翼を広げるヘラサギ。この後活発に飛んだりしてくれると思ってスタンバイしましたが・・・。
    CF1A0354 20161219

     水に入ろうと翼を広げ前屈みになりますが、思いとどまってしまいます。
    CF1A0380 20161219

     更に腰を低くしチャレンジしますが、腰砕けになってしまいます。
    CF1A0545 20161219

     諦めたのか、今度は羽繕いを始めました。前方のネッシーのようなものはカワウです。
    CF1A0766 20161219

     右方向に移動するヘラサギ。横にいたコサギは嫌なのか右に移動。
    CF1A0827 20161219

     おまけ:ヘラサギを撮っている時にカワセミが現れました。最近はいたるところで見掛けます。
    CF1A9429 20161219

    カシラダカ 下八木付近にて  

     平成28年12月19日撮影。
     ホシムクドリを撮った後、渡りの時期にはシギチの観察でよく走行する農道をとおり、姉川へと向かいました。田川沿いに植栽された桜に差し掛かったときにカシラダカを発見。今期初めてで、車中の運転席側から撮影したものです。

     冬鳥のカシラダカは、自宅近くの竹藪や姉川沿いでもよく見られる鳥です。
    CF1A1148 20161219

     車をさらに前進してパチリ。たくさんいましたが撮るのは大変で、特定の個体に的を絞って撮影しました。
    CF1A1161 20161219

    ミコアイサ 姉川にて  

     平成28年12月19日撮影。
     姉川のヤナ場の上流一つ目の橋を越えた道路脇のスペースが私のお気に入りの撮影ポイントになっています。直ぐ下には姉川の水鳥の様子が気付かれずに車中から撮れるためです。ただ、何時もチャンスがあるかといえば、現実はノーで所用などのついでなどに頻繁に通りますので、たまたまオッと思う光景にも遭遇します。過去にはコウノトリとの出会いもあり、その場所でこの日はミコアイサとの出会いがありました。

     ミコアイサのメスが上流方向に力強く泳いでいました。
    CF1A1011 20161219

     群れに近づき、ゆっくり泳ぐミコアイサ。
    CF1A1031 20161219

     ミコアイサのオス。複数のメスを引き連れ貫禄の泳ぎです。
    CF1A1092 20161219

     ミコアイサのオスは大抵複数のメスと行動をともにしているようです。オスはモテモテなのか羨ましい世界ですね。
    CF1A1081 20161219

     更にはホオジロガモの群れとも合流。若いホオジロガモのオスとミコアイサのオス。とても仲がよろしいように思えますが・・・。
    CF1A1060 20161219

    ホシムクドリ 今季3回目の出会い  

     平成28年12月19日撮影。
     湖岸付近の野鳥観察を終え帰宅途中に何時もの場所でホシムクドリを発見。ムクドリの集団に混じっていましたが、電柱の天辺にいたため直ぐに分かり停車して撮影したものです。数コマ撮ったところで名古屋ナンバーの乗用車が側に停車。コクマルガラスを探しているとのこと。探して見つかるものではない旨を説明している間にムクドリたちは全員散ってしまっていました。

     ホシムクドリは探しても簡単には見つかりませんが、探していないときには案外簡単に発見でき不思議に思っています。
    CF1A0988 20161219

    ヘラサギ 杭でくつろいでいました  

     平成28年12月18日撮影。
     この日のヘラサギは少し距離があるものの撮影しやすいところでくつろいでいました。1本足になったり、アクビや羽繕い、羽ばたきをしながらゆっくりした時間を過ごしていました。暫く待っていれば飛び立つと思っていましたがその様子は見られず、くつろぎタイムに徹しているようでした。

     前回飛来した個体は葦のこみ入ったところによくいましたが、今回飛来しているヘラサギは比較的撮りやすいところで見掛けることが多いです。
    CF1A8985 20161218

     アクビを何回かしていました。
    CF1A9039 20161218

     ストレッチでしょうか。大きな伸びをして翼を広げる仕草を数回していました。
    CF1A9048 20161218

     モズも何回か現れました。この辺りを縄張りにしているオスのモズのようで、よく見掛けます。
    CF1A9006 20161218

    カイツブリ アカガシラサギの近くに  

     平成28年12月17日撮影。
     カイツブリは滋賀県の鳥で琵琶湖を代表する水鳥です。小さくて可愛らしく、素潜り名人で見ていても面白い鳥です。近くで撮りたくても警戒心が強くなかなか近づいてはくれません。アカガシラサギを撮っている時は此方も動きませんので、安心して近付いてきたところを撮りました。

     今の時期は冬羽で地味な装いとなっています。
    CF1A8703 20161217

     暖かくなると夏羽にかわり子育てが始まります。今から背中に雛を乗せて泳ぐ可愛らしく微笑ましい姿を心待ちにしています。
    CF1A8704 20161217

    ホオジロガモ12羽の集団 姉川にて  

     平成28年12月17日撮影。
     カワアイサの集団の近くにはホオジロガモの集団も見られました。この集団にはオスとメス、オスの幼鳥や若鳥も混じり合計12羽の集団でした。ホオジロガモは北日本では多く見られるようですが、湖北では少なく珍しい部類に入ります。10羽を超えるような集団は今までに撮影したことはなく、記録の意味もあって撮影しました。

     姉川を遡るホオジロガモ。この位置は逆光で頭部の綺麗なグリーンが出ていないのが残念です。
    CF1A8776 20161217

     オスを先頭に幼鳥、メスが続きます。
    CF1A8788 20161217

     集団の中にはオスの若鳥も。まだ顔の白斑が薄く明瞭ではありません。
    CF1A8793 20161217

     オスたちに続くメスのホオジロガモ。オスは頼もしく、メスも幸せそうです。
    CF1A8803 20161217

     冒険心旺盛な幼鳥は時には先頭を泳ぐことも。嘴が真っ黒ですので、オスの幼鳥です。
    CF1A8818 20161217

     新しく架かった橋の方向に飛ぶ12羽の集団。上流まで飛び、流れに乗って下り、また上流へと楽しい時を過ごしているようでした。
    CF1A8839 20161217

    アカガシラサギ マイペースですね  

     平成28年12月17日撮影。
     アカガシラサギはいつまで湖北の地にとどまってくれるのか分かりませんので、時間があればできる限り覗くようにしています。まだ、アカガシラサギと出会って間がありませんが、この鳥は飄々としていて物事に動じず、といった感じで毎日楽しく過ごしているように思われます。

     長い首を縮めて、背中を丸くしてお決まりのポーズで杭に留まっています。
    CF1A8721 20161217

     飛ぶときには両足を揃えて飛んでいますが、よく見ると左右の足の指を1本ずつ垂直尾翼のようにピンと立てて飛んでいます。何か意味があるのでしょうか。
    CF1A8726 20161217

    ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサ 3種のアイサ  

     平成28年12月17日撮影。
     前日に引き続き尾上漁港を覗いてみました。時々雨の日で綺麗な画像は得られませんでしたが、漁港と姉川であわせて3種のアイサ類を撮ることができました。尾上漁港でミコアイサとウミアイサ、姉川でカワアイサで、中には余り目にすることがない場面も撮れました。

     ミコアイサのオス。カモとは思えない美しさです。
    CF1A8624 20161217

     ミコアイサとウミアイサのメス。異種のアイサが引っ付くように並んでいる光景は初めてです。
    CF1A8628 20161217

     だんだん離れていくミコアイサ。名残惜しそうなウミアイサの表情が印象的でした。
    CF1A8635 20161217

     帰路で姉川で撮影したカワアイサのメス。姉川ではメスばかりの集団をよく見掛けました。
    CF1A8903 20161217

    ウミアイサ 尾上漁港にて  

     平成28年12月16日撮影。
     風が強く琵琶湖の波が高い時には湖岸でのカモ類の観察は難しいですが、漁港は周囲が防波堤で囲まれ波は穏やかで、カモたちの避難場所になっているのか、普段見られない種類がいる場合があります。荒天の日は必ず立ち寄ってみたい場所となっています。

     漁港内を泳ぐウミアイサ。メスの姿をよく見掛けます。
    CF1A8251 20161216

     少し距離がありますが、機会があればもう少し近くで撮ってみたいと思い続けています。
    CF1A8256 20161216

     ヨシガモの近くを泳いでいます。
    CF1A8260 20161216

    ハマシギ 防波堤に避難  

     平成28年12月16日撮影。
     この日は雪が吹雪く生憎の日で、風も強く琵琶湖波高かしでした。水鳥たちは利口で安全な防波堤の上で波の収まるのを待っていました。その中で、一際小さい鳥たちも防波堤で見られました。ハマシギです。

     お天気の日には、沖のテトラ付近で雀の集団の塊ような飛び方をするハマシギですが、大波の時には漁港や近くの防波堤に避難しています。
    CF1A8365 20161216

     小さいのがハマシギ。ここは琵琶湖で海ではありませんが、かなりの数が飛来しています。
    CF1A8356 20161216

    ミサゴ 魚を掴んで飛び去りました  

     平成28年12月16日撮影。
     アガシラサギの池を覗くと見あたらないので、コガモなどを観察していました。突如湖岸付近ではよく見られるミサゴが飛来し、狩りの体勢でホバリングを繰り返していました。この池での狩りは葦が茂り、見通しがきかないところでするので狩りの場面の撮影は諦めていました。案の定、いつの間にかブラックバスを捕まえ意気揚々と飛んでいました。

     池の上空で獲物を狙っているミサゴ。
    CF1A8505 20161216

     眼前の狩りは諦めていましたので、カモを観察しているときに再び現れたミサゴ。もしや、と思ってピントを合わせるとブラックバスをいつの間にか捕っていました。
    CF1A8535 20161216

    コハクチョウ 表現力豊かです  

     平成28年12月15日撮影。
     山本山にオオワシの様子を観察するため、麓近くの田んぼに差し掛かるとコハクチョウたちが舞い降りてくるところでした。近くにいても風切り音をたてて低空を旋回しながら舞い降りる様子は、これまた惹き付けられるものがあります。仲間たちがやって来ると、全身で喜びを表すコハクチョウたちは見ている此方も嬉しくなってしまうほどです。

     全身で喜びを表しているようです。あるコハクチョウの表情はよく見ると吹き出してしまいそうです。
    CF1A8028 20161215

     湖でもビオトープでも、そして田んぼでもこの様な仕草はよく見られます。
    CF1A8021 20161215

     採餌で泥んこのコハクチョウたちも一緒に喜んでいます。コハクチョウは見ていて何とも楽しい鳥です。
    CF1A8048 20161215

    アカガシラサギ すぐ近くに飛んできました  

     平成28年12月14日撮影。
     ビンズイを撮った後、ベンチ側でアカガシラサギが近くに飛んでくるのを待っていると、一旦は比較的近くの杭に留まり折からの強風に耐えていましたが、すぐに飛び立ち、こともあろうに私の方に向かって飛んできました。まさかのことで咄嗟に向かってくる様子はうまく撮れませんでした。まさかついでに私のすぐ前に降り立ち、くつろぎ始めました。お陰で何コマ撮ったか分からないくらい撮ることができました。

     フォーカスリミッターを最短にして撮影しており、全てノートリミングです。思いがけない間近での対面です。
    CF1A7704 20161214

     此方を見るアカガシラサギ。
    CF1A7750 20161214

     今度は別方向を見ています。飄々としていますが周囲には注意を払っているようです。
    CF1A7755 20161214

     嘴を少し開いて何か呟いているよう。
    CF1A7817 20161214

     後ろ向きも見せてくれました。アカガシラサギは冬羽ですがなかなか魅力的だと思っています。
    CF1A7845 20161214

     くつろぎの後は葦の茂みの奥へ向かうアカガシラサギ。
    CF1A7901 20161214

     回り込んでお休みモードのところをパチリ。普段はこの様なところでジ~ッとしており、探し出すのは一苦労します。この鳥は、とても珍鳥とのことですが、地元で度々出会っていると珍鳥という感覚ではなく親しみさえ覚えます。
    CF1A7957 20161214

    ビンズイ 松の木のそばで  

     平成28年12月14日撮影。
     アカガシラサギが池の奥まったところに飛んだため、暫くは駐車場側には戻っては来ないのでビンズイ観察をしました。この時期には毎年山から平地に下りてきているビンズイが見られます。大抵は松の木の側で場所的に決まっており、探す手間が省けますが不思議に思っています。

     ビンズイはスズメ位の大きさですが、地面にとけこみ保護色のようで目立たないため、スズメより小さく感じます。
    CF1A7465 20161214

     池から琵琶湖への水路際でのビンズイ。マツボックリ、松の落ち葉が見られます。小さくて可愛らしい鳥でもあります。
    CF1A7485 20161214

    ヘラサギ 飛翔姿も  

     平成28年12月14日撮影。
     ヘラサギは静かな環境を好むようで、ビオトープの工事が一段落して水が張られ、コハクチョウたちが戻ってくると早朝から大勢の撮影者が押しかけ、ロープで張られた中まで入り込んでの撮影者も見受けられるようになり、必然的にヘラサギの姿を見るのは難しくなっているように思われます。予想されたことで、この頃のまでの撮影が懐かしくも思います。

     羽繕いするヘラサギの側には、相変わらずダイサギの姿がありました。
    CF1A7060 20161214

     隣の池に移動するため飛び立ったヘラサギ。
    CF1A7158 20161214

     内湖の上空を大きく旋回してくれました。
    CF1A7191 20161214

     頭上を通過するヘラサギ。渡り鳥だけあって飛翔力に優れ、アッという間に通過していきます。
    CF1A7199 20161214

     トキ科の鳥で首は真っ直ぐにして飛びます。飛翔姿がとても綺麗な鳥です。
    CF1A7247 20161214

     隣の池に舞い降りても羽繕い。とても綺麗好きです。
    CF1A7290 20161214

    モズの採餌 湖岸近くの池の側にて  

    平成28年12月12日撮影。
     アカガシラサギを撮っていると近くに舞い降りたモズのオス。ベンチ側の段々になったところで何かを頻りに探していました。アカガシラサギはすぐには飛ぶ様子もありませんでしたので、久しぶりにモズも撮ってみました。

     見つけたのは小さなミミズ。モズは昆虫、両生類や爬虫類などいろいろなものを食べているようです。
    CF1A5709 20161212

     自宅近くのモズは2年連続でメスの縄張りです。オスは出かけた折りでないと撮ることができません。
    CF1A5712 20161212

    アカガシラサギ やっと撮れました  

     新年明けましておめでとうございます。
     本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
     今年の最初はアカガシラサギからスタートさせていただきます

     平成28年12月12日撮影。
     この日、アカガシラサギは葦の中にいましたが待っていると比較的近い杭に留まってくれました。小さめのサギですので、かなり近くから撮らないと綺麗に撮れませんが、幸いにしてこの鳥は人を恐れず待っていれば近くに来ることがあることが分かりました。

     アカガシラサギは側を知らん顔して通り過ぎても、飛んだりすることはないようです。
    CF1A5869 20161212

     周りには散歩の方などがいますが、マイペースで羽繕い。
    CF1A5841 20161212

     更にはアクビと周りを余り気にせずのんびりと過ごしているようです。
    CF1A5874-1 20161212

    ▲Page top