2017年01月03日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ビンズイ 松の木のそばで  

     平成28年12月14日撮影。
     アカガシラサギが池の奥まったところに飛んだため、暫くは駐車場側には戻っては来ないのでビンズイ観察をしました。この時期には毎年山から平地に下りてきているビンズイが見られます。大抵は松の木の側で場所的に決まっており、探す手間が省けますが不思議に思っています。

     ビンズイはスズメ位の大きさですが、地面にとけこみ保護色のようで目立たないため、スズメより小さく感じます。
    CF1A7465 20161214

     池から琵琶湖への水路際でのビンズイ。マツボックリ、松の落ち葉が見られます。小さくて可愛らしい鳥でもあります。
    CF1A7485 20161214

    ヘラサギ 飛翔姿も  

     平成28年12月14日撮影。
     ヘラサギは静かな環境を好むようで、ビオトープの工事が一段落して水が張られ、コハクチョウたちが戻ってくると早朝から大勢の撮影者が押しかけ、ロープで張られた中まで入り込んでの撮影者も見受けられるようになり、必然的にヘラサギの姿を見るのは難しくなっているように思われます。予想されたことで、この頃のまでの撮影が懐かしくも思います。

     羽繕いするヘラサギの側には、相変わらずダイサギの姿がありました。
    CF1A7060 20161214

     隣の池に移動するため飛び立ったヘラサギ。
    CF1A7158 20161214

     内湖の上空を大きく旋回してくれました。
    CF1A7191 20161214

     頭上を通過するヘラサギ。渡り鳥だけあって飛翔力に優れ、アッという間に通過していきます。
    CF1A7199 20161214

     トキ科の鳥で首は真っ直ぐにして飛びます。飛翔姿がとても綺麗な鳥です。
    CF1A7247 20161214

     隣の池に舞い降りても羽繕い。とても綺麗好きです。
    CF1A7290 20161214

    ▲Page top