2017年01月09日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    カイツブリ アカガシラサギの近くに  

     平成28年12月17日撮影。
     カイツブリは滋賀県の鳥で琵琶湖を代表する水鳥です。小さくて可愛らしく、素潜り名人で見ていても面白い鳥です。近くで撮りたくても警戒心が強くなかなか近づいてはくれません。アカガシラサギを撮っている時は此方も動きませんので、安心して近付いてきたところを撮りました。

     今の時期は冬羽で地味な装いとなっています。
    CF1A8703 20161217

     暖かくなると夏羽にかわり子育てが始まります。今から背中に雛を乗せて泳ぐ可愛らしく微笑ましい姿を心待ちにしています。
    CF1A8704 20161217

    ホオジロガモ12羽の集団 姉川にて  

     平成28年12月17日撮影。
     カワアイサの集団の近くにはホオジロガモの集団も見られました。この集団にはオスとメス、オスの幼鳥や若鳥も混じり合計12羽の集団でした。ホオジロガモは北日本では多く見られるようですが、湖北では少なく珍しい部類に入ります。10羽を超えるような集団は今までに撮影したことはなく、記録の意味もあって撮影しました。

     姉川を遡るホオジロガモ。この位置は逆光で頭部の綺麗なグリーンが出ていないのが残念です。
    CF1A8776 20161217

     オスを先頭に幼鳥、メスが続きます。
    CF1A8788 20161217

     集団の中にはオスの若鳥も。まだ顔の白斑が薄く明瞭ではありません。
    CF1A8793 20161217

     オスたちに続くメスのホオジロガモ。オスは頼もしく、メスも幸せそうです。
    CF1A8803 20161217

     冒険心旺盛な幼鳥は時には先頭を泳ぐことも。嘴が真っ黒ですので、オスの幼鳥です。
    CF1A8818 20161217

     新しく架かった橋の方向に飛ぶ12羽の集団。上流まで飛び、流れに乗って下り、また上流へと楽しい時を過ごしているようでした。
    CF1A8839 20161217

    ▲Page top