2017年01月27日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    喜ぶコハクチョウ ビオトープにて  

     平成29年1月2日撮影。
     早朝のビオトープは活気に溢れています。コハクチョウの鳴き声、オオハクチョウの鳴き声が混じり合いまさに混声大合唱団の演奏会のようです。その魅力的な鳴き声を聴きながら、撮影ポイントへと急ぎます。気の早いコハクチョウは夜明けと同時くらいに餌場へと飛び立ちます。

     コハクチョウのファミリーが鳴き交わしながら全身でコミュニケーションを図っています。全員嬉しそうに朝一番の挨拶なのでしょうか。
    CF1A7012 20170102

     仲間たちにも「おはよう!」と呼びかけているようです。この後、暫くするとお互い首を上下に振りながらスタートの位置にむかい、餌場へと飛び立ちます。
    yjimage.jpg

    寄り添うオオハクチョウ ビオトープにて  

     平成29年1月2日撮影。
     今年は酉年、新年早々には先ずハクチョウたちの観察からスタートしました。ビオトープでは、コハクチョウ、アメリカコハクチョウ、オオハクチョウが見られ、特に早朝には絶好の光景が繰り広げられます。私はオオハクチョウが好きで、どうしてもオオハクチョウに目がいってしまいますので、オオハクチョウから撮り始めました。

     2羽寄り添うオオハクチョウ。カップルなのでしょうか。この2羽は特に仲が良さそうです。
    CF1A6784 20170102

     寄り添っての採餌。
    CF1A6781 20170102

     オオハクチョウは多くのコハクチョウと過ごしていますが、田んぼへ採餌に出掛けるときなどの行動はオオハクチョウの仲間たちと一緒に出向いています。
    CF1A6759 20170102

     左はオオハクチョウに近付いてきたアメリカコハクチョウ。クチバシの黄色い部分が極端に小さいアメリカコハクチョウと対照的です。
    CF1A6791 20170102

    ▲Page top