2017年01月28日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    オオワシの狩りは瞬間的です  

     平成29年1月2日撮影。
     オオハクチョウ、アメリカコハクチョウなど撮った後、尾上漁港付近のカモなどを観察。時間的にオオワシの女王様が琵琶湖で狩りをする時間帯でしたので、三脚を据えてスタンバイしてみました。双眼鏡で山本山のオオワシを覗いていると琵琶湖に向けて飛び出したではありませんか。レンズで沖に向かう様子を追い続けていましたが、途中低いところをミサゴも飛んでおり、ピントをミサゴにとられ一時オオワシを見失いピントを合わせ直しをしたときには狩りが終わった直後でした。

     魚をゲットして飛び上がろうとしています。距離は、約1000㍍の沖合です。
    CF1A7310 20170102

     捕った魚がハッキリと見えます。
    CF1A7322 20170102

     私の頭上付近を飛んで山本山に向かってくれることを願っていましたが、一番遠い山沿いに近いところを飛んで山本山へ。
    CF1A7354 20170102

     湖岸を撤収して山本山の麓に急行。女王様は込み入った枝に囲まれたところで食事の真っ最中でした。
    CF1A7590 20170102

     魚を完食後、嘴の掃除も終わり満足そうな表情の女王様。狩りの様子の撮影はとても難しいですが、再挑戦したいと思っています。
    CF1A7780 20170102

    アメリカコハクチョウ ビオトープにて  

     平成29年1月2日撮影。
     願先の黄色い部分がコハクチョウに比べはるかに小さいアメリカコハクチョウと思われる個体が2羽います。昨年12月21日に野鳥センター前の琵琶湖でこの2羽を今季初めて撮影しています。その時、2羽はコハクチョウの群れとは離れて行動しており、最近ではコハクチョウの群れに混じっているものの2羽は一緒にいるようです。願先の黄色部分は個体により大きさが異なるようですので、アメリカコハクチョウとさせていただきます。

     最近では、オオハクチョウとアメリカコハクチョウを探し当てるのが楽しみです。
    CF1A6843 20170102

     マガモのそばのアメリカコハクチョウ。
    CF1A6861 20170102

     オオハクチョウのそばで。それにしてもオオハクチョウは大きく貫禄がありますね。
    CF1A6863 20170102

     この2羽、飛来当初から仲良く行動を共にしています。
    CF1A6945 20170102

    ▲Page top