2017年02月17日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タゲリ、積雪を避け姉川へ  

     平成29年1月23日撮影。
     例年大雪の時にはタゲリなどの冬鳥は雪で埋まっている田んぼを避けて、大挙して姉川に避難しています。流れがある川は凍結や積雪もせず、絶好の避難場所となっています。今季のタゲリは飛来数が少ないと思っていましたが、川に集結しているタゲリは例年より少ないように思われます。

     姉川の中州に集まっているタゲリたち。雪が降っており、ピントを雪にとられがちになりながら撮影しています。
    CF1A0408 20170123

     細長い中州には一面にタゲリの姿が。体をすぼめて耐えているようでした。
    CF1A0392 20170123

     タゲリの側にはハマシギたちも積雪を避けてやって来ていました。
    CF1A0413 20170123

     ユリカモメだけが雪の降る中、凛としていてました。普段、琵琶湖や川で魚を捕っているので大雪は影響が無いようです。
    CF1A0425 20170123

    大雪の日にはタシギがいっぱい 大安寺にて  

     平成29年1月23日撮影。
     今年は春の足音をかき消すような寒さと大雪に見舞われている湖北です。大雪でしたが所用のため大安寺方面に出かけたついでに冬鳥たちの観察をしました。寒い国から越冬にやって来ている冬鳥たちも懸命に耐えているようです。

     積雪が少なく、採餌可能な田んぼはタシギたちにとってオアシスのようなもので、たくさん集まっていました。
    CF1A0232 20170123

     タシギは警戒心が強く容易にはお目にかかれませんが、大雪の時には逃げる様子は感じられません。
    CF1A0279 20170123

     シャーベット状のところでは忙しそうに採餌していました。
    CF1A0513 20170123

    ▲Page top