2017年04月13日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    この日は2カ所でコウノトリ Part1  

     平成29年3月30日撮影。
     この日は私にとってとてもラッキーな日となりました。自宅からさほど距離がないところ、それも2カ所で大好きなコウノトリとの出会いがありました。今年は、湖北で、湖西で、湖東でとコウノトリとの出会いが多く、忙しい日々を送ることとなっています。これは願ってもないことで、時間を見つけてはコウノトリとの楽しい時間を過ごしています。

     先ず、自宅から車で10分もかからない所でJ0103との出会い。豊岡のコウノトリです。
    CF1A7816 20170330

     J0103は、2015.3.31生まれのメスで豊岡の野上(のじょう)地区人工巣塔で育ちました。法的にはこの日で満2歳の女の子です。 
    CF1A7846 20170330

     このJ0103、今のところ湖北がお気に入りのようですが、何故か?は後ほど明らかになります。
    CF1A7955 20170330

     J0103良い顔して田んぼで採餌。彼女はこの地で広範囲の田んぼを点検。大好物が潜んでいるのを見逃しませんでした。
    CF1A8040 20170330

     この日はあっさりと隣の田んぼに移動。
    CF1A8113 20170330

     隣の田んぼに着地。しかし、居心地が良くなかったのか直ぐに飛び立ち小高い山を越えて消失。このJ0103は後ほど、東近江のコウノトリを呼び寄せることにもなります。そして、買い物のついでに長浜市に飛来していた東近江のコウノトリとの出会いががありました。Part2に続きます。
    CF1A8121 20170330

    ジョウビタキなど 湖岸にて  

     平成29年3月28日撮影。
     琵琶湖岸ではまだ残っている冬鳥の小鳥たちが観察できる可能性がありましたので、余呉川河口付近でしばらく待ってみました。第一の目的はオオジュリンでしたが、この前の様子などから数が少ないようです。既に冬は過ぎ去り、冬鳥が見られるのはいよいよ最終章となってきています。

     湖岸でよく見られたジョウビタキのお嬢さん。
    CF1A7615 20170328 - コピー

     自宅付近では姿が見られなくなって久しいジョウビタキ。渡りの途中なのでしょうか。
    CF1A7611 20170328

     お目当てのオオジュリンはチラッと姿を見ることができました。
    CF1A7625 20170328

     水飲みにやって来たのでしょうか、ツグミです。ツグミは掲載日現在でも姿を見ることが出来ますが、もうしばらくすると忽然と姿を消してしまいます。
    CF1A7636 20170328

    ▲Page top