2017年06月09日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アマサギ 今季初撮影です  

     平成29年5月13日撮影。
     湖岸付近の田んぼに旅鳥の観察に出向き、今季初撮影となる夏鳥のアマサギに出会いました。毎年アマサギとの初出会いは湖岸付近の田んぼです。飛来当初は決まったように琵琶湖のそばに降り立つようです。暫くすると湖北の広範囲で見られるようになり、自宅近くにも数多くやって来ます。

     アマサギの前にキアシシギも初出会いとなり、続いてアマサギと何か特をしたような日となりました。
    CF1A0598 20170513

    アマサギの夏羽は鮮やかでとても綺麗です。アマサギを見るといよいよ夏の到来を感じます。
    CF1A0619 20170513

     まだ夏羽に変わっていないアマサギ。これも白くて綺麗です。
    CF1A0649 20170513

     羽繕いをしていますが、撮影していても警戒の様子は全く感じられません。
    CF1A0688 20170513

     田んぼで採餌しているアマサギ、田んぼを覗き込むアマサギとのどかな湖北のひとときです。
    CF1A0690 20170513

     羽の感触まで感じられるような美しさを追い続けていると、つい時間を忘れるほどです。
    CF1A0695 20170513

    お寺参り 一乗寺そして圓教寺  

     平成29年5月12日撮影。
     新緑のときに畑仕事、野鳥観察をお休みしお寺参りに出かけました。この日は兵庫県加西市の一乗寺、そして姫路市の圓教寺の二カ所です。どちらも西国三十三所巡りのお寺で、朱印帳と掛け軸を持ってのお参りでこの日目出度く満願となり記念すべき日となりました。兵庫県の県鳥はコウノトリです。コウノトリが呼んでくれたような気がします。

     第26番法華山一乗寺。石段が多かったのですが、一気に登りきりました。本堂からの眺めは綺麗でした。
    IMG_1206 20170512

     法華山の斜面と見事に調和した本堂が印象的でした。
    IMG_1212 20170512

     平安時代の国宝、三重塔。ここから世の中の移り変わりを眺めてきたこの塔は何を思っているのでしょうか。
    IMG_1213 20150512

     昼食の後、続いて書寫山圓教寺にお参りしました。山頂にありますがロープウエイでお参りはとても楽でした。見事な舞台造りの建物の本堂には目を見張りました。
    IMG_1249 20170512

     本堂からの眺める樹木は新緑の季節でもあり見事です。
    IMG_1245 20170512

     本堂では掛け軸も販売されていました。石山寺で掛け軸を購入し、圓教寺で全てのお参りが済み満願となりました。掛け軸を眺め、西国三十三所巡りの出発を思い出し感無量でした。
    IMG_1242 20170512

    ▲Page top