2017年06月15日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    農道でくつろぐチュウシャクシギ 湖岸近くの田んぼにて  

     平成29年5月15日撮影。
     湖岸付近の田んぼの農道を走行していると、何と農道でくつろいでいるチュウシャクシギ達と出会いました。邪魔しないよう超スローで近付き撮影したものです。農道でくつろいでいるのはチュウシャクシギ、チュウサギ、アオサギが一緒。仲の良い光景でした。何れも警戒心の強い鳥達ですので、撮れるとは思ってもいませんでした。

     一本足で農道で一休みのチュウシャクシギ。 
    CF1A1073 20170515

     慎重にチュウサギもファィンダー内に収まる位置に移動し撮影。
    CF1A1108 20170515

     この位置からは一本足のチュウシャクシギは、こんな感じ。
    CF1A1120 20170517

     夏鳥のチュウサギと旅鳥のチュウシャクシギが仲良く収まっているのは初めての撮影です。
    CF1A1124 20170517

     すぐそばの田んぼではキアシシギの姿も。毎年見慣れた光景が今季も見られ、心が落ち着く光景でもありました。
    CF1A1169 20170517

    花いろいろ 自宅にて  

     平成29年5月14日撮影。
     春から夏までの期間は周りが新緑に包まれ、野草なども次々に仕掛け花火のように美しい花や珍しい花を咲かせます。野鳥撮影などの機会に目にするものや、身近には庭や畑の水やりなどの時に目にするものなど一年で最も美しい花に囲まれているようです。庭の花巡りをしてみました。

     シュロの花。小さな花がぎっしり。蕾から咲くまでは長くかかりますが、一旦咲くと撮影チャンスはごく僅かです。
    IMG_1285 20170514

     ナデシコ。ナデシコはとても丈夫で、花は美しく可憐で芳香もあります。
    IMG_1299 20170514

     シラン。シランも丈夫で育てやすく、花は目をひく美しさがあります。
    IMG_1314 20170514

     アヤメ。庭で逞しく繁茂しているアヤメ。
    IMG_1317 20170514

     紫色のツユクサ。花は午前中と極めて短命です。しかし、次から次に咲きます。
    IMG_1320 20170514

     白花のツユクサ。最初に植えたのはこの白花。紫色のは勝手に生えてきたものです。
    IMG_1322 20170514

     オオヤマレンゲの葉の上にはアマガエル。日向ぼっこのようです。
    IMG_1371 20170514

     二人静(フタリシズカ)。清楚な山野草で、花穂は1本のものや2本、3本、4本といろいろです。
    IMG_1372 20170514

     タツナミソウ。育てるのが難しいようですが、気に入った場所には種が飛んで勝手に育ちます。
    IMG_1373 20170514

     イチジク。新しい枝が出始めると同時に大きくなってきました。
    IMG_1380 20170514

     シャガ。花はすでに終わりかけですが一輪撮ってみました。
    IMG_1388 20170514

    ▲Page top