2017年06月16日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

     平成29年5月15日撮影。
     今、滋賀県で一番大きな鳥は湖北で過ごしているコウノトリJ0103です。大きなアオサギよりはるかに大きく一目瞭然です。大きな体を維持するために大量の餌を必要とし、よく食べています。採餌する姿は真剣そのもので緊張感と迫力すら感じます。

     餌を探す目つきは鋭く真剣そのものです。 
    CF1A1470 20170515

     田んぼの中を歩いて移動しながらの採餌ですが、時には大きな翼を広げバランスをとることも。
    CF1A1478 20170515

     翼を広げると約2㍍と、大人が両手を広げてもそれよりも大きく、比較的近くで見ると迫力があります。
    CF1A1483 20170515

     ヤゴを捕まえたようです。
    CF1A1502 20170515

     捕まえて呑み込むまではとても素早く、肉眼ではなかなか分かりにくいです。
    CF1A1520 20170515

     少しの気配も見逃さない鋭い目つきにも緊張感と迫力を感じます。大きな鳥ですのでダイレクトに伝わってきます。
    CF1A1537 20170515

    ▲Page top