2017年06月19日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ミコアイサ 余呉川にて  

     平成29年5月17日撮影。
     河口付近のカンムリカイツブリを観察し、少し上流方向も歩いてみました。「おや?・・・何だろう」よく潜るのでカイツブリかと思っていましたが、少し違うようです。ピントを合わせるとメスタイプのミコアイサでした。

     冬鳥ですが越夏するつもりのミコアイサで、以前にもこのような時期に撮ったことがあります。
    CF1A2356 20170517

     仲間のいない川を泳ぐミコアイサ。きっと寂しいだろうと思います。冬になれば仲間も来るので、暫く頑張ろうね。
    CF1A2373 20170517

     岸の護岸には夏を演出するかのように、ゴイサギが。
    CF1A2380 20170517

    アマサギ 今季二度目の出会い  

     平成29年5月17日撮影。
     何日か前に今季初出会いとなるアマサギを撮りましたが、この日は二度目の出会いとなりました。年によって見かけるときは良く見掛けますが、殆ど姿を見ない年もあります。夏鳥らしくとても美しいサギですので、見掛ければつい撮ってしまいます。

     前回出会ったところと場所的にはそんなに離れていませんので同じ集団かもしれません。
    CF1A2059 20170517

     向こう側にいるアオサギと比べると大人と子供。この小さなアマサギ、トラクターが大好きです。
    CF1A2084 20170517

     今のところ、湖岸付近の田んぼで見掛けていますが、やがて自宅付近にも現れるようになります。今年は遅いように思われますが・・・。
    CF1A2108 20170517

    ▲Page top