2017年06月21日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ギンリョウソウ 自宅近くの山にて  

     平成29年5月19日撮影。
     例年オオルリなどが飛来する自宅近くの山にギンリョウソウ目的で出向きました。毎年、5月の連休時分に姿を現しますが、今年は雨が少なく大幅に遅れたようです。何回か通ってやっと発見したものですが花期は相当幅があるようです。

     広葉樹林の林床に雨後の竹の子のように姿を現します。林道沿いではなく、少し入ったところで人知れずひっそりと咲く姿が魅力的です。
    IMG_1546 20170519 (1)

     白色で葉緑素はなく、花柱は紫色をしています。10㌢くらいの小さな妖精をコンパクトマクロで、地面に伏せるようにして撮りました。
    IMG_1546 20170519 (2)

    コウノトリ(J0103♀) 連日のように美しい姿を  

     平成29年5月18日撮影。
     この日は晴れて比較的涼しく快適な日でした。湖岸方面の撮影を終え、帰路でコウノトリ(J0103♀)のところに立ち寄りました。自宅から近いこともあり撮る機会が非常に多いのですが、美しい鳥を美しく撮るのは難しいと感じております。この日の天気、時間帯の関係だと思いますが、湖北で元気に過ごしているJ0103の様子を少し綺麗に撮れたように思えます。

     風切羽は通常黒く見えますが、光線の加減で金属光沢に輝き綺麗です。代かき後の田んぼで採餌しています。
    CF1A2596 20170517

     コウノトリは採餌しているときは最も嬉々としてように思えます。
    CF1A2524 20170517

     畦沿いの採餌。カエルやドジョウが多く潜んでいるようです。
    CF1A2575 20170517

     時々頭を上げてこちらを見ているようですが、サギ類と違って警戒心はなく、落ち着いて採餌を続けます。
    CF1A2580 20170517

     撮影していると、地元の軽トラが止まり「あれがコウノトリですか。」と、初めて見るその姿をとても嬉しそうに見つめられる方もおられます。野外コウノトリも100羽となり、感動の輪がますます広がることを思うこの頃です。
    CF1A2582 20170517

    ▲Page top