2017年07月11日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    瀬戸内に浮かぶ花崗岩の島 小豆島の帰路にて  

     平成29年6月14日撮影。
     小豆島に一泊し帰路にて瀬戸内に浮かぶ岩肌むき出しの島の側を通り、姫路港に向かっていました。風光明媚な瀬戸内海で私には異様な光景に感じられ、フェリーのデッキに出て撮影。この島は、家島諸島の男鹿島(たんがしま)のようで、姫路市域野市部で、島全体が花崗岩のようです。

     島全体が採石場のようです。
    IMG_1992 20170614

     島に近付くにつれ、詳細が明らかになってきました。
    IMG_1998 20170614

     一般公道では見掛けない大型ダンプが忙しく行き来していました。
    IMG_2003 20170614

     家島諸島には人が住んでいます。
    IMG_2012 20170614

     この様な島で畑で野菜を作り、適当な磯で魚などを捕り、自給自足の仙人のような生活を夢見るのは私だけでしょうか?
    IMG_2014 20170614

    カンムリカイツブリのヒナ 大きい魚を食べていました  

     平成29年6月12日撮影。
     生まれたての時から観察しているカンムリカイツブリのヒナも随分大きくなっています。カンムリカイツブリに限らずヒナの成長ははやく、あっと言う間に見違えるように大きくなります。食べる魚も最初は小さな魚やエビでしたが、この日はかなり大きめの魚を難なく呑み込んでいました。

     親鳥から魚を貰ったヒナ。上手く食べられるかと心配していましたが・・・。
    CF1A1689 20170612

     ヒナは親鳥が見守る中、難なく呑み込んでしまいました。
    CF1A1697 20170612

     親鳥の背中はヒナが大きくなっていますので、定員1羽です。
    CF1A1723 20170612

     またまた魚を捕ってきた親鳥。今度は背中のヒナに与えます。
    CF1A1732 20170612

     背中の子は大きな魚が食べられるかな。
    CF1A1752 20170612

     時間を置かずに、また魚が届きました。泳いでいる子が貰えると思っていましたが・・・。
    CF1A1798 20170612

     先ほど食べたばかりの背中の子に与えました。
    CF1A1818 20170612

     ヒナたちは親鳥が頻繁に魚を持ってきてくれるので大満足。満腹のヒナは親鳥にスリスリして甘えているようです。
    CF1A1836 20170612

    ▲Page top