2017年07月13日 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ツル薔薇ロココ他 自宅にて  

     平成29年6月17日撮影。
     夏は鳥達の姿も少なく、個人的にはコウノトリ以外は遠距離まで撮影に出向く気力がありませんので、庭で好きな花をボーッと眺めている時間が何よりです。ボーッと眺めるためには、色々と世話をしなければならないのですが、そのことはすっかり忘れてしまっています。花の魅力は世話の苦労を忘れさせてくれるのですね。

     ツル薔薇のロココ。言い表しようのないくらい優雅で魅力的です。ツル薔薇のピースとともに一番好きなバラです。
    IMG_2052 20170617

     クレマチス。ツル薔薇のロココの側に咲いています。大した世話もしていないのに次々に咲いています。
    IMG_2056 20170617

     クレマチスの下には、ピプリカム・アンドロサエマム。舌を噛みそうな名前ですが、赤い実が可愛らしく魅力的です。この直ぐ近くに、湧き水の池があり年中水量豊富です。庭や畑に利用しており、大助かりです。
    IMG_2059 20170617

    コウノトリ 長浜市と高島市にて  

     平成29年6月16日撮影。
     この日は比較的涼しい日でした。前日の新聞に塩津方面でコウノトリが目撃された旨の記事が載っていたこともあり、ダメ元で自宅を出発。コウノトリに出会えるかも知れないわくわく感、期待感は何とも言えないものがあります。先ず、近くのJ0103を観察し、塩津方面に向かいました。

     J0103は何時もどおりの元気な姿。しかし、この画像を掲載日では旅立ってしまっているようで、7月7日以降はその姿を確認できていません。7月6日は伊根方面に出向いていましたので、その日に旅立ったようです。残念ですが、再飛来を期待してそれまでの撮影画像はこのブログに掲載させていただきます。
    CF1A2463 20170616

     塩津辺りを一通り探しましたが、コウノトリの姿は確認できませんでしたので、もしや高島市マキノ町辺りにと思って現地に着くと、直ぐにコウノトリの姿を確認。J0501でした。このコウノトリは長浜市にも来たこともあり、マキノ町には度々飛来しています。新聞に載ったコウノトリは脚輪が汚れていて個体を特定できなかったそうですが、その鳥は分からずじまいでした。
    CF1A2988 20170616

    ▲Page top