2018年02月05日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    トラツグミ 自宅のそばで  

     平成30年2月5日撮影。
     帰宅後、犬2頭を連れて散歩にでると、除雪車が除雪をしてくれて地肌出ているところにスズメがたくさん集まって食事の真っ最中でした。自宅そばのスズメたちは毎日顔を合わせているのですっかりお馴染みになっています。庭にも遊びによくきており、逃げないことを良いことに近付いて見ると大きめの鳥がスズメと一緒に草を掻き分け食事していました。トラツグミです。スズメも逃げないからトラツグミも安心したように食べ続けていました。散歩後、カメラを持ち出しても同じところで終始モデルを務めてくれました。

     フオーカスリミッターを最短に設定後撮影。距離は5㍍位でした。何ともフレンドリーなトラツグミです。
    CF1A2321 20180205

     草を掻き分けて餌探しをしていましたが、その時雪が飛び散っていました。
    CF1A2316 20180205

     斜め前から撮ってみました。真剣な表情での餌探しです。
    CF1A2376 20180205

     正面向きも撮ってみました。周りのスズメたちも一緒に食事しています。
    CF1A2381 20180205

     黄褐色で黒い鱗のような斑が特徴で、魅力的だと思います。
    CF1A2414 20180205

     フレンドリーで好きな鳥ですが、今季はなかなか出会えませんでした。湖北は雪ばかりで仕方ないですが、ようやく自宅すぐそばでの出会いとなりました。なおこのトラツグミ、夕方の散歩の時にまだいました。
    CF1A2438 20180205

    シジュウカラガン 雪に埋もれながら  

     平成30年2月5日撮影。
     今朝は20㌢位の積雪でした。少し風邪気味なのでお医者さんに行ったついでにシジュウカラガンを観察。昨日と同じ場所でしたが、朝早くにもかかわらず既にコハクチョウと共に田んぼにいました。積もっていた雪の上に昨夜更に積もったものですから、シジュウカラガンも歩くのに苦労しているようでした。

     両足は完全に雪に埋まり、ヨイショ、ヨイショという感じで仲間のもとに歩いていました。
    CF1A1924 20180205

     飛べば簡単なのですが、本人はコハクチョウのつもりですのでコハクチョウと同じように歩いていました。
    CF1A1937 20180205

     かなり埋まっていますが、雪を押し分けながらの歩行です。
    CF1A1953 20180205

     やっとコハクチョウのところに到着。何処へ行くのも仲間のコハクチョウとは一緒です。仲間以外のコハクチョウたちが飛び立っても、決してついて行きません。一ヶ月以上観察を続けていますがシジュウカラガンは不思議な鳥です。
    CF1A1991 20180205

    ▲Page top