2018年02月08日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    マガンが約50羽! 早崎町の田んぼにて  

     平成30年2月8日撮影。
     今日の午前中は積もるような雪ではありませんが、雪がちらつく日でした。湖北全体が真っ白な日が続き暦では春が近付いているようですが、まるで冷凍庫のような状態が続いています。お隣の福井県は37年ぶりの豪雪となっています。さぞかし、生活は大変だと思われます。長引く豪雪によるご心労に衷心よりお見舞いを申し上げます。このマガンたちも避難してきたのでしょうか?

     長浜駅近くに用事があったため、午前限定で野鳥観察。早崎町はこの前ハイイロガンを観察したところで、確認のため回ってみました。遠くからはカモたちが田んぼに上がっているように見えました。何と約50羽ものマガンでした。
    CF1A3061 20180208

     一度には撮れませんので三分割。過去には私が観察したのは約30羽です。こんなに数多くのマガンは初めてです。
    CF1A3066 20180208

     今季は約10羽程度しか確認していませんでしたので、この数は驚きです。北陸方面の豪雪のため緊急避難のため飛来したのでしょうか?
    CF1A3073 20180208

     最初マガンの集団を発見したときは、ハイイロガンを期待しましたがその姿はなく、ハイイロガンの属するマガンとは別集団のようです。喜び半分、ガッカリ半分でした。
    CF1A3086 20180208

     車で徐々に近付くも、遠ざかるマガンたち。ビオトープなどを回って帰りにもう一度この田んぼを覗きましたが、マガンの姿はありませんでした。
    CF1A3090 20180208

    オシドリ 松尾池にて  

     平成30年1月15日撮影。
     岐阜市の松尾池は毎年訪れたいところです。松尾池はオシドリで知られていますが、年間を通じて野鳥観察のスポットでも知られています。私はオシドリ、カワセミで訪れ、その時出会うクロジ、ヤマガラなども楽しみです。地元でもオシドリは見かけますがゆっくりと落ち着いて撮れる状況ではありません。また、遠方の渓谷のオシドリは暗い場所のためオシドリ本来の美しさが撮れません。光り輝く場所で撮ることが出来る松尾池はオシドリの最高の撮影スポットでお気に入りの場所でもあります。

     到着時にはオシドリの姿はありませんでしたが、帰り際に姿を現したオシドリ。 
    CF1A8142 20180115

     オシドリ夫婦。メスは子育てを担うため地味ですが、可愛いです。
    CF1A8175 20180115

     輝くオシドリに、輝く美しい松尾池。オシドリにお似合いのステージと思っています。
    CF1A8244 20180115

     大好物のドングリを食べるオシドリ。オシドリは何時現れるか?というのも松尾池を訪れる楽しみとなっています。
    CF1A8276 20180115

    ▲Page top