2018年02月16日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ミヤコドリ 三重県津市の海岸にて  

     平成30年2月16日撮影。
     今日の三重県の天気予報では、湖北の私にとっては小春日和。その陽気に誘われるように三重の海に潮干狩りに出向きました。大潮と陽気が重なる絶妙の日となり、ハマグリなどズッシリと収穫できました。潮干狩りを済ませた後は津市のミヤコドリのポイントへ。

     今までで一番近い位置にミヤコドリがいました。既に複数の大砲がミヤコドリに向けられていました。
    CF1A8720 20180216

     潮が引いた海はミヤコドリの絶好の餌場となっています。
    CF1A8701 20180216

     ミヤコドリも潮干狩りのようです。
    CF1A8615 20180216

     前後にいるミヤコドリ。超望遠では被写界深度の関係で思いのほか撮影は難しいでした。
    CF1A8540 20180216

     ミヤコドリは貝が大好物。横取りを狙うカモメから貝を銜えて逃げるミヤコドリ。
    CF1A8508 20180216

     カモメの邪魔が無ければ平和な三重の海。
    CF1A8460 20180216

     カモメも自力で貝をゲット。潮干狩りはこれからがシーズン。ミヤコドリは間もなく旅立ちのシーズン。複雑な気持ちのミヤコドリ観察でした。
    CF1A8454 20180216

    オオヒシクイ田んぼに集結 湖岸近くの田んぼにて  

     平成30年2月13日撮影。
     シジュウカラガンが降り立ったと思われる田んぼを探しているとオオヒシクイの集団が田んぼに集結していました。今までには複数環のオオヒシクイが田んぼにいるのは幾度となく観察していましたが、湖北のオオヒシクイ全員と思われるような大集合は初めて見掛けました。北帰の前兆なのでしょうか?この頃オオヒシクイの空を舞う飛行訓練のような光景もよく見ます。

     田んぼに集まったオオヒシクイ。雪は残っているものの、北帰の時期が間近に迫ってきているようです。
    CF1A5927 20180213

     マガンも少数ながらいました。
    CF1A5951 20180213

    ▲Page top