2018年02月20日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    シジュウカラガン やっぱり可愛らしいですね  

     平成30年2月20日撮影。
     今日は気温も春到来を思わせるほどで、田んぼなどの積雪も一気に雪解けが進んだようです。しかし、風が強く体感温度的には見掛けの春到来と感じました。オオワシも北帰間近ということで出向きましたが、観察している時間には昨日のようなパフォーマンスは見られず、シジュウカラガンなどの観察をしました。

     シジュウカラガンはコハクチョウと一緒に湖北を旅立つのは間違いないので、この可愛らしい姿を見られるのはあと僅かとなりました。
    CF1A1410 20180220

     撮影場所は場所的にはよく知っておられる方が多い、とある湖北の田んぼです。今日も間近に観察することができました。
    CF1A1446 20180220

     田んぼの中にクチバシを突っ込んで落ち籾などを食べていたのか、クチバシが汚れています。
    CF1A1496 20180220

     昨年末に飛来して以来、雨の日、雪の日、晴れの日は勿論のこと、色々な田んぼなどで観察をしてきたシジュウカラガンです。
    CF1A1541 50180220

     性格もコハクチョウ同様に人に好かれ、フレンドリーさを持ち合わせています。今日も大砲組さんなどに農道のすぐそばから大サービスでした。
    CF1A1599 20180220

     雪解けしたところで採餌すると嘴は綺麗になっていました。
    CF1A1609 20180220

     この様に窒息しそうなくらい田んぼに突っ込んで採餌していました。
    CF1A1614 20180220

     首の白い輪も大人っぽく綺麗になっています。
    CF1A1675 20180220

     シジュウカラガンはコンクリート畦が好きで、よく上がったり、その上で休憩もしていました。今日も上がってくれました。あと何日見られるのでしょうか?多少の日数の短い長いはあるかと思いますが、確実にカウントダウンは始まっているようです。
    CF1A1708 20180220

    コハクチョウA66&A27が同じ田んぼに  

     平成30年2月19日撮影。
     毎年コハクチョウを観察していますが首にGPS発信器付きコハクチョウが観察できたのは今季初めてでした。今月に入って更に1羽と計2羽も観察できるとは思ってもみませんでした。2月10日に観察したA66と記された足環の個体は、北陸方面が空前の大雪のため湖北に緊急避難しているものと思われます。

     最初はA27しかいませんでしたが、途中飛来してきたA66。山階鳥類研究所に撮影情報を報告しており、同研究所の吉安研究員様から放鳥情報が届きましたので、以下お知らせします。
     赤「A66」 2017年8月25日。ロシア、チュコトカ、チャウン湾のGuba(68°49′N  170°34′E)で、成鳥に標識を付け放鳥。同年12月石川県羽咋郡志賀町で観察。との情報をいただきました。やはり、北陸からの飛来だったのですね。有り難うございました。
    CF1A0779 20180219

     他のコハクチョウと同じように稲の二番穂を美味しそうに食べていました。
    CF1A0823 20180219

     シジュウカラガンとA66が挨拶を交わしている様に見えます。A66は石川県から飛来しており、シジュウカラガンも河北潟で確認されていた個体であればお互い初対面ではなさそうです。お互い、予期しないところでバッタリ出会ったのかも知れませんね。
    CF1A0858 20180219

     着標された足環からA66、そして3936が読み取れます。
    CF1A0935 20180219

     少し拡大すると鮮明に数字などが読み取れます。
    CF1A0936 20180219

     此方は早くから飛来していたA27。既に撮影された方も多いと思われます。
    CF1A1093 20180219

     元気溌剌のA27。標識類はロシアで着標されているのは明らかで、改めて遠路はるばる大変だったね、という気持ちで観察しています。
    CF1A1107 20180219

     A66。A27と全く同じ形式の着標がされています。
    CF1A1201 20180219

    シジュウカラガン 可愛らしいのが印象的  

     平成30年2月19日撮影。
     オオワシを撮影後、前日に引き続きとある田んぼを訪れました。コハクチョウやマガンは北帰行前の飛行訓練に勤しんでいるようで、お祭り騒ぎのような賑やかさでした。この冬、18年ぶりに突如湖北に来てくれたシジュウカラガンは、来賓クラスとして超人気となりました。私は珍鳥マニアではありませんが、観察を続けられたのはシジュウカラガンは予想していたイメージとは異なり、その行動や容姿がとても可愛らしく、惹きつけられるものを強く感じているからだと思います。

     稲の二番穂を食べるシジュウカラガン。首の白い輪が飛来当初は僅かで目立ちませんでしたが、とても立派になっています。
    CF1A0994 20180219

     撮影していても関係なしに、飄々とした表情で二番穂を食べ続けていました。コハクチョウと性格が共通するものがあるようで、人を恐れる様子はなく、逆に近付いてくることもあります。
    CF1A0995 20180219

     昨年末に飛来し、コハクチョウとともに虐められることも無く過ごしてきたシジュウカラガンは幸せな時を湖北で過ごせたようです。
    CF1A1032 201820219

     時には翼を伸ばして伸びをしていました。
    CF1A0742 20180219

     シジュウカラガンは大豆、草、麦の葉なども啄んでいましたが、今食べている稲の二番穂が大好物のようでした。
    CF1A0925 20180219

     真剣に餌探しする様子も可愛らしく思えました。一時は山本山がガラ~ンとするほど超人気のシジュウカラガンでしたが、この日撮影しているのは時間の関係もあるかも知れませんが私だけでした。複数の観察者はマガンやコハクチョウの撮影をされていました。
    CF1A0958 20180219

     コハクチョウになりきっているシジュウカラガンは、仲間のコハクチョウとともに北帰するのは間違いないと思われますが、繁殖地が大きく異なるため気になるところです。シジュウカラガンは宮城県の伊豆沼の仲間と合流してくれればと願っています。
    CF1A0976 20180219

    ▲Page top