2018年02月21日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    マガン 湖北で旅立ちを待っているよう  

     平成30年2月20日撮影。
     最近は北陸方面の大雪からの退避組と思われるマガンの大集団をよく見掛けます。例年湖北で越冬しているマガンは会えるか会えないかの少数ですが、今季はコハクチョウ、オオヒシクイ、マガンと大勢が田んぼに勢揃いといった私としては見たことも無い光景が見られます。願ってもない撮影チャンスに恵まれたかのように思えますが、北陸の大雪は現地では深刻な影響をもたらし、私も出会ったことのある大陸から飛来していたコウノトリがこの19日に死亡しているのが確認されています。ハイイロガン、シジュウカラガン、数え切れない程のマガンの集団など大雪の影響と思われる飛来に手放しで喜べない現地の現実に胸が痛みます。

     撮影場所は、湖北のとある田んぼです。舞い上がっては、舞い降りるといった北帰行を目前とした飛行訓練と思われました。
    CF1A1986 20180220

     舞い降りてくるマガンたち。
    CF1A1999 20180220

     舞い降りては採餌。採餌しては舞い上がると忙しく過ごすマガンたちです。
    CF1A2005 20180220

     写っているのはごく一部のマガンたちです。食べ物は豊富で、積雪もそれほど影響はないようで元気に過ごしているマガンを見ていると、来季も余所に行かないで湖北にいらっしゃいと言いたい思いです。
    CF1A2025 20180220

     滋賀県の最高峰である冠雪した伊吹山を背景に観察するコハクチョウ、マガンたちは私にとっては何者にも代えがたい素晴らしい光景です。この画像だけ、別のカメラで広角系のレンズで撮っています。
    IMG_4615 20180220

    ▲Page top