2018年02月26日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    カリガネ風のマガン 湖岸付近のとある田んぼにて   

     平成30年2月26日撮影。
     今日もオオワシ北帰の可能性のため山本山詣で。こちらの思い通りにならないのがオオワシの女王様の行動パターン。正午になっても飛ばずで北帰なしと判断して撤収。帰路で昨日マガンがいた田んぼのそばで約60羽のマガンの集団と再会。晴天下で超逆光でしたが、丁寧に撮りました。もしかしたら、超大物がと言う期待もありました。

     こちら向きのマガンには鮮明なアイリングがあります。カリガネ!と心が叫んだのですが、カリガネはマガンより小柄で、嘴は小さくピンク。似ているのはアイリングのみで、他の特徴からカリガネもどきのマガンと思います。何百というマガンを観察してきて、この様な個体は初めてでした。私にとっては貴重な観察となりました。
    CF1A5359 20180226

     少しわかりにくいので拡大画像を追加しました。最初に見た時には「ドキッ」したのは事実です。
    CF1A5359 20180226-1

     他の個体にはアイリングはなく、紛れもないマガンばかり。シジュウカラガン、ハイイロガンに続いてカリガネとは虫が良すぎますね。マガンでもアイリングがある個体がいるとのこと。良い勉強になりました。
    CF1A5303 20180226

    オオワシの女王様 北帰はせずに枝移り  

     平成30年2月25日撮影。
     この日の天気はパッとしない予報でしたが、2月の下旬はオオワシの北帰の可能性が高く、例年のごとく山本山詣でとなりました。到着すると、この松に留まれば動かないとの伝説めいた青松に留まっていました。前日は殆ど動かなかったので、北帰はしなくても琵琶湖へ餌捕りには行くはずとの期待をしながらお昼までスタンバイしました。しかし、枯松へと枝移りしただけで、期待は風船のように萎んでしまいました。

     青松から琵琶湖をキョロキョロと獲物探しをしている様子の女王様。
    CF1A4822 20180225

     期待通り飛び出したものの、琵琶湖へは行かずに方向転換。旋回サービス?と思っていましたが・・・。
    CF1A4851 20180225

     飛ばないかも、と思っていたオオワシのスケールの大きな飛翔姿が見られただけでも良かったと連写。トビも飛んでいますが、まるで大人と子どものようですね。
    CF1A4854 20180225

     オオワシは山本山に向かって一直線。
    CF1A4861 20180225

     枯松に留まろうとしている女王様。この姿もスケールが大きくダイナミックな美しさでした。
    CF1A4882 20180225

     留まったあとは、足を突き出したり余裕のリラックスモード。夕方には琵琶湖へ獲物捕りに行ったようですが、北帰限定でのスタンバイでしたので、お昼に撤収しました。日曜日だったので大賑わいの山本山の麓でした。
    CF1A4923 20180225

    ▲Page top