2018年02月27日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

     平成30年2月27日撮影。
     今日は早朝から山本山の麓でオオワシの女王様を見送るためスタンバイしていました。琵琶湖でコハクチョウたちの鳴き声はよく聞こえていますが、ひときわ大きく聞こえたと思うとコハクチョウたちの気の遠くなるような遠方のシベリアへの北帰行の姿がありました。コハクチョウたちは旅立つ時、必ず近くの集落の上空を旋回し、北方を目指します。大切に見守ってくれた地元にお礼の意味もあるのでしょうか。最後の最後まで美しいコハクチョウたちです。

     V字型編隊で、私たち撮影者の上空を飛ぶコハクチョウたち。約2週間の長い旅への出発です。
    CF1A5543 20180227

     北へと進路をとり、やがてゴマ粒のようになって消失しました。
    CF1A5550 20180227

     別のグループも触発されるように旅立ちです。何時も愛嬌を振りまいて、心の安らぎを与えてくれたコハクチョウたちの旅立ちに立ち会うのは、「有り難うと別れの寂しさ」が混ぜ合わさった気持ちとなります。
    CF1A5691 20180227

     今日はコハクチョウの北帰行、オオワシの北帰行と一気に湖北に空虚感が漂うのを感じる日となりました。既にオオヒシクイ、大部分のマガン、シジュウカラガン、ハイイロガンと旅立ってしまっています。 
    CF1A5711 20180227

     このグループは南から山本山を越え、北へと向かっていました。
    CF1A5729 20180227

     山本山を越えるコハクチョウたち。毎年決まった時期に来て、そして決まった時期に帰って行く渡り鳥は、カレンダーや時計は持っていないのに体内に調整不要の宇宙時計のような正確無比のものをお持ちのようですね。
    CF1A5760 20180227

    オオワシの女王様 今日北帰行へと旅立ちました  

     平成30年2月27日撮影。
     今日はオオワシの女王様が北へ旅立つ可能性が極めて高い日でしたので、何時もより早めに山本山に向かいました。到着すると、昨日ほどではありませんが、大勢の見送りのカメラマンが北帰に備えてスタンバイされていました。女王様は今回で20年連続飛来という湖北のシンボル的な存在です。将棋の藤井六段が15歳ですので、それ以前から湖北に君臨し、地元はもとより遠方からのオオワシファンを惹きつけています。昨年の11月26日に飛来し、3ヶ月の越冬生活をし予め日程が決まっていたかのように本日北帰行へと旅立ちました。

     何時もの枯松から旅立ちの瞬間です。時は午前10時23分でした。
    CF1A5991 20180227

     長年住み慣れた山本山にお別れをしているかのように、低く低く沿って飛ぶ女王様。
    CF1A6003 20180227

     何時もなら琵琶湖へ向かうのですが、ここから山本山の尾根へと高度を上げました。北帰と感じた瞬間です。
    CF1A6050 20180227

     高度をぐんぐん上げ尾根を越えようとしています。「やっぱり、帰るのか・・・」と心を納得させる時でもあります。
    CF1A6075 20180227

     山本山の尾根を越える女王様。もう「さようなら。この冬も必ず来てよ!」と言うしかありません。長いお付き合いですので、万感胸に迫る瞬間です。
    CF1A6077 20180227

     尾根の向こうに姿を消す女王様。時は午前10時25分頃でした。暫く様子を見ていましたが、彼女は戻ってくることはありませんでした。これで数年間連続して見送りができました。オオワシは飛び立つ前に「今年の冬も必ず来るから待っててね。」と言ってくれたようです。
    CF1A6090 20180227

    ▲Page top