2019年02月04日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    何と、これ全部トモエガモ! 農業用溜池にて  

     平成31年1月18日撮影。
     この溜池の周辺には猛禽もおり、時々カモ狙いのオオタカが現れます。岸にいた多くのカモたちが一斉にザブン!と池に飛び込み沖へと泳ぐ様子が見られます。こちらより危険が近付いたことを察知するのは早く、その騒々しさに何事が起きたのかと思うことがあります。トモエガモは普段は溜池の一番奥まったところにヒッソリと過ごしていますが、恐らく猛禽の接近を察したのだろうと思われますが、一斉に飛び立ち、旋回して着水をする様子が見られます。

     水面にいるトモエガモは数の多さは分かりますが、飛び立つとこんな感じで数え切れないのが実態です。
    CF1A3213 20190118

     ま、見事の一言に尽きます。ここは湖北ですが、この数の多さに東北の冬鳥の越冬地に佇んでいるような錯覚さえ抱きます。
    CF1A3214 20190118

     一部を切り取って少し拡大してみると、トモエガモであることがよりハッキリします。
    CF1A3192 20190118

     水面すれすれにも飛ぶトモエガモの群れ。
    CF1A3241 20190118

     私はトモエガモの数は数えたことがありませんが、聞くところによるとカウントされた方がおられるらしく、250羽くらいいるそうです。
    CF1A3243 20190118

     溜池はトモエガモの他ミコアイサの大サービスで人気が高く、更に2羽のアメリカヒドリと、休日なんかは多くの観察者で賑わっています。
    CF1A3253 20190118

    ▲Page top